食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

食肉流通センターが「新部分肉流通施設の基本計画」を決定


 (公財)日本食肉流通センター(小林裕幸理事長)は29日、東京・千代田区の糖業会館で理事会を開き、「新部分肉流通施設の基本計画」を決定した。
 同センターは、部分肉の適正かつ合理的な流通を促進するための事業を行うため、川崎と大阪の2カ所に食肉の卸売取引施設を保有し、食肉卸売事業者などに施設を賃貸する事業を行っているが、「新部分肉流通施設の基本計画」によると、川崎市東扇島の同センターにおいて6棟あるうち老朽化の著しいA棟・B棟の2棟を取り壊し、食肉流通の変化、衛生規制の強化などに対応した新たな部分肉流通施設を1棟建築するとした。新棟は、同センター正門近くの駐車場を活用して建設を行い、建物面積はA棟・B棟を合わせた面積より3割ほど大きくなる見込み。2020年秋ごろから工事を始め、2022年春ごろの竣工を予定しており、新規の入居も受け付けている。

◆行政・統計

平成30年度肉用牛生産費、子牛や肥育牛などで増加

平成30年度肉用牛生産費、子牛や肥育牛などで増加

 農水省は6日、平成30年度肉用牛生産費および肥育豚生産費を公表した。 肉用牛1頭あたり資本利子・地代全額算入生産費(以下「生産費」)は、子牛、去勢若齢肥育牛、肥育牛、交雑種肥育牛で増加し、交雑種育成牛で減少した。 子牛生産費については65...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演

 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成31年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業による「HACCP指導者育成セミナー」を4日、東京・港区のTKP品川カンファレンスセンターで開催した。当日は、全国の各道府県肉連の担当者が参集...
More

◆製品

More
Return Top