食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

[食肉家計調査・11月]豚肉への支出金額が2カ月連続減


 総務省統計局公表の30年11月家計調査報告(2人以上世帯=1世帯あたり・品目別)によると、肉類支出金額は7,507円(前年同月比2.6%減)と前月に続いて前年を下回り、生鮮肉への支出金額も6,050円(2.1%減)と引き続き減少した。牛肉は支出金額が減少したものの、購入量は前年並みを維持。豚肉は支出金額が2カ月連続減となったが購入量は増加。鶏肉も支出金額が減少し、購入量は増加した。加工肉は引き続き全カテゴリーで減少が目立ち、前年割れとなった。11月は全国的に高気圧に覆われた日が多く、晴れた日が多かった。平均気温は全国的におおむね高く、東京では39年ぶりに「木枯らし1号」が観測されなかった。これらの要因から鍋物需要などが例年ほど延びず、相場安による単価下落もあって畜産部門は厳しい結果となった。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top