食肉販売・処理HACCP手引書案、記録簡素化で負担軽く実効性も


 全国食肉事業協同組合連合会全国食肉業務用卸協同組合連合会、首都圏食肉卸売業者協同組合の3団体が共同実施する平成30年度食肉流通HACCPシステム普及推進事業のマニュアル作成専門部会が21日、東京・赤坂のアジミックビルで開かれ、食肉販売業向け、小規模な食肉処理業向けそれぞれについて、HACCPの考え方を取り入れた衛生管理(B基準)の手引書案が示された。前回までたたき台として出されていた原案からさらに内容を詰めたもので、大筋了承された。食肉専門店などの日々の業務の中で極力負担とならず、かつ実効性が上がるものとなるよう留意し、委員から「大変よくまとまっている」などの意見が出された。今後、手引書案は今回出された意見を踏まえ、一部修正し2月10日ごろまでに委員の最終確認を得たあと、厚労省の食品衛生管理に関する技術検討会に提出する。来年度に検討会の結果を踏まえた作成作業を進め、7月に手引書の完成、関係者への配布を目ざす。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み