食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

吉川農相、豚コレラ10例目「愛知の全農場でも指導の必要性ある」


 吉川農相は19日の閣議後会見で岐阜県瑞浪市の豚コレラについて「この農場のわりあい近いところで、野生猪が豚コレラにかかっていたということが確認されていた地域でもある。この約3㎞圏内に今回発生した農場があった。だが、それらの因果関係というのは、調査チームが入っており(調査結果が出るまで)、その野生猪が感染源だということを確定するわけにはいかないが、そういったことも考えられる」と述べ「飼養衛生管理の順守を徹底するために、岐阜県では34の農場に対してチームをつくって指導もさせていただいている。今回の農場は間もなくチームが入って指導をという状況のときだった」と語った。野生の猪に対して、ワクチン入りの餌をまくことついて「野生猪の豚コレラワクチンの使用経験がいままではない。よって知見が乏しい部分もあるが、一方、欧州においては、餌に混ぜたワクチンを、ドイツやフランスなどの一部地域で使用したことがある。このほどの野生猪の対策のオプションの一つとして、検討しているのは、使用方法、時期、回数、範囲。効果の判定手法について、情報収集や分析を行っている。その上で使用した場合のメリット・デメリットも整理していくといった検討を行っているが、この検討結果を踏まえて、わが国への応用の是非を判断してまいりたい。そんなに時間をかけられないかなとも思っている」との認識を示した。

◆行政・統計

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

 自民党の令和元年台風19号非常災害対策本部が17日、党内で開かれ、被害状況および政府の対応状況について説明された。 岸田文雄政務調査会長は「台風19号の被害についてはその実態が明らかになるにつれ、その深刻さ、範囲の大きさを改めて痛感してい...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

 世界的和牛ブランド「神戸ビーフ」のブランド管理・運営を行う神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は10月1日と畜分から、偽装対策として枝肉の肉片をDNA鑑定用に採取、乾燥保管している。 姫路市の和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top