拡大豚コレラ疫学調査、輸入検疫を受けない旅行者の手荷物から侵入か


 農水省は22日、省内で「第5回拡大豚コレラ疫学調査チーム検討会」を開催し、現時点で判明している事実関係を基にして豚コレラの感染経路、今後の対策を検討した。資料によると、輸入検疫を受けない旅行者の手荷物や国際小包によりウイルスが侵入した可能性などが指摘された。
 豚コレラの感染経路については、国内で分離されたウイルスの遺伝子検査の結果、いずれの株もきわめて類似していること、発生地域が限られていることから、海外からのウイルスの侵入と感染成立は、野生猪か1例目農場のいずれかのみで起こり、その後の発生は、このウイルスが伝ぱしたことによるものと推定される。このため、2例目以降については、海外からの直接の感染経路は検討しないとされた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み