吉川農相、アフリカ豚コレラ「早急に適切な水際対策を講じていく」


 吉川農相は1日の閣議後会見で、ベトナムなどにも広がっているアフリカ豚コレラなどの侵入防止対策について「農水省としては広報活動をまず強化することで旅行者に対する持込禁止品の周知を図るとともに、空港や港において、検疫探知犬による探知活動や家畜防疫官による口頭質問を強化することによって、肉類の持ち込みの防止を図っている」と述べ、水際対策の強化について「ことし2月には検疫探知犬を臨時的に4頭ほど増頭した。現在、中国からの直行便の9割を占める主要7空港および川崎東郵便局に計33頭の検疫探知犬を配置をしており、今後、さらにできたら増頭する予定だ。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み