食肉産業展、今回も業界注目の幅広いテーマでセミナー開催


 第44回食肉産業展(会期4月17日〜19日)では、ことしも主催者企画として食肉情報セミナーを開催する。人手不足対策に活用できる「飲食料品製造業分野における新たな外国人材の受入れ制度」、さらに堅調な「内食・中食需要」、また「和牛の肉質特性や輸出戦略」、いよいよ発効となった「TPP11、日欧EPA」など、幅広いテーマの講演がラインアップされている。
 食肉業界をはじめ、各産業では人手不足が深刻化している。そうした中、政府は入国管理法を改正して新たな外国人材の受入制度を創設した。対象業種は農業、漁業、飲食料品製造業、外食業など14業種で4月に施行される。今後、外国人労働者による、人手不足への対応が拡大していくことが見込まれ、食肉加工メーカーなどを含む飲食料品製造業を中心に「飲食料品製造業分野における新たな外国人材の受入れ制度について」(講師:農林水産省食料産業局食品製造課企画官・阿部徹氏、日時4月17日11〜12時30分)講演を行う。また、共働き世帯や単身世帯の増加により伸張する内食・中食市場は、今後もさらなる市場拡大が見込まれる。「消費者による食肉の潜在需要に関する一考察〜中食・内食を中心に〜」(講師:和歌山大学食農総合研究所特任講師・戴容秦思氏、日時4月17日14〜15時30分、共催=公益財団法人日本食肉流通センター)と題した講演を行う。
 セミナーの申し込みはこちら。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

食肉通信社からのお知らせ
食肉産業展「全国銘柄食肉コンテスト」出品募集中
2018年4月11〜13日開催の「食肉産業展」の注目度NO.1イベントが「銘柄食肉好感度コンテスト」です。来場者が試食して好感度を採点し、今年度の人気NO.1ブランドを決定してきました。出品者にとってはマーケットリサーチとして、バイヤーにとっては新規導入ブランドの発掘の場として有効に活用していただいており、上位入賞銘柄食肉の販路拡大に寄与する効果も発揮しています。

▼詳しくはこちら

 
「銘柄豚肉ハンドブック2018」への掲載を希望する銘柄豚肉募集中

豚肉特集2017 食肉通信社発行の「銘柄肉ハンドブック」シリーズは、銘柄牛・豚肉の人気の高まりを受け、大好評を頂いております。

現在、食肉通信社では「銘柄豚肉ハンドブック2018」の出版に向け、制作を進めております。おおむね1千頭以上の銘柄豚を取り扱う企業・団体様で、掲載を希望される方はぜひとも食肉通信社までお問い合わせ下さい(掲載無料)

お問い合わせはこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする