カナダポークの魅力をPR、日本市場でのさらなる拡大目ざす


 カナダポーク・インターナショナル(CPI、野村昇司日本マーケティング・ディレクター)は5〜8日にかけて幕張メッセ(千葉市)で開催された「FOODEX JAPAN2019」に10年ぶりに出展。CPIバイスプレジデント・テクニカル・サービス&マーケティング・サービスのマイケル・ヤング氏も来日し、ブースではカナダポークのバラ肉を使用した野菜巻きなどのメニュー提案や試食提供などを行い、日本市場で伸張を続けるカナダポークの魅力を来場者にPRした。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み