食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

カナダポークの魅力をPR、日本市場でのさらなる拡大目ざす


 カナダポーク・インターナショナル(CPI、野村昇司日本マーケティング・ディレクター)は5〜8日にかけて幕張メッセ(千葉市)で開催された「FOODEX JAPAN2019」に10年ぶりに出展。CPIバイスプレジデント・テクニカル・サービス&マーケティング・サービスのマイケル・ヤング氏も来日し、ブースではカナダポークのバラ肉を使用した野菜巻きなどのメニュー提案や試食提供などを行い、日本市場で伸張を続けるカナダポークの魅力を来場者にPRした。

◆行政・統計

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

第8回畜産部会、家畜改良増殖目標の検討状況を報告

 第8回食料・農業・農村政策審議会畜産部会が18日、省内で開かれ、新たな家畜改良増殖目標(第11次)の検討状況が報告された。 家畜改良増殖目標の検討に際して肉用牛については現状の環境と課題が(1)和牛の脂肪交雑の改良は一定レベルまで到達する...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top