神戸ビーフ館がオープン、国内外への発信基地として報道各社も注目


 神戸ビーフ館(英語名:KOBE BEEF GALLERY)が24日、神戸市中央区の新神戸オリエンタルアベニュー3階にオープンした。兵庫県を代表する世界的ブランド「但馬牛」「神戸ビーフ」を国内外へPRする情報発信基地として行政と業界が協力してつくりあげた。情報展示コーナーとレストランからなる。前日のお披露目には井戸敏三知事、県議会・神戸市議会議員などが来賓として訪れたほか、マスコミ各社も多数が取材に訪れた。テレビや新聞、ネットニュースで大々的に報じられるなど、神戸ビーフの話題性の高さが感じられた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み