広島食肉市場が市場まつりで広島牛の焼き肉試食提供


 広島市中央市場連合会、広島食肉市場(株)、公益社団法人日本食肉市場卸売協会は23日、広島市中央卸売市場で第10回中央市場「市場まつり」を開催した。同祭りは生鮮食品の魅力を消費者に伝え、消費拡大を図るとともに、卸売市場の役割についても広く認知してもらうために実施されているもの。食肉以外に鮮魚や青果の企業・団体がブースを出展した。
 地元銘柄「広島牛」の普及に努めた広島食肉市場は焼き肉の試食、パネル展示、食肉関連の冊子配布などを行い、祭りを盛り上げた。同社では「市民と直接触れ合いができる貴重な場。今後も広島牛の普及に注力していきたい」とコメント。そのほか、マグロの解体ショー&即売会、お魚名前当てクイズ、模擬せり、ウナギのつかみ取りなどのイベントを実施。10回目の開催ということもあって市民に祭りが浸透しているため会場は家族連れなど多くの人でにぎわった。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み