全肉連食育サイト「おにくらぶ」普及へ—教材作成委で取組報告


 全国食肉事業協同組合連合会(河原光雄会長)は、平成30年度国産食肉理解醸成食育推進事業・第2回食育教材作成委員会を27日、東京都赤坂のアジミックビルで開き、今年度の食育教材の作成実績を報告するとともに、来年度の教材作成案を示し、今後の取り組みについて意見をきいた。
 今年度は、食生活の習慣を形成する早期段階から国産食肉の理解醸成を図るため、新たに幼児を対象にお肉の食育をテーマにしたオリジナルソングと振り付けによる「おにくらぶ たいそう」を開発した。普及に向けDVDを作成するとともに、8日に開設したお肉の食育サイト「おにくらぶ」(http://ajmic.or.jp/oniclub/)に動画を掲載している。DVDは各県肉連をはじめ関連機関に配布し、またDVDおよびサイトでは、歌詞や振り付けも紹介しており、今後普及を図る。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み