肉製品の違法な持ち込みについて4月22日から対応を厳格化

 動物検疫所は4月22日から肉製品の違法な持ち込みについて肉製品の違法な持ち込みについて対応を厳格化する。手荷物の中に、輸入申告のない肉製品などの畜産物が確認された場合、罰則の対象になり、家畜伝染予防法により、輸入検査を受けずに畜産物を持ち込んだ場合には、3年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられる。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み