ミヤチク都農工場が完成、「宮崎牛」ほか県産畜産物の新たな輸出拠点に

 宮崎県のミヤチク(同県都城市、有馬慎吾社長)は3月30日、施設の老朽化に伴い建設を進めていた新・都農工場(同県都農町)の竣工式を当地で開いた。神事には地元農業団体や施工業者、国会議員ら120人が出席。式典後の会見で有馬社長は新施設の安全性と衛生水準の高さを指摘した上で「県や県下農業団体、生産者一体となって全世界に県産畜産物の輸出を手掛け畜産物の有利販売と地域の活性化につなげていきたい」と抱負を語った。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み