岐阜県恵那市で豚コレラの疑似患畜の確認、国内18例目

 農水省は9日、岐阜県恵那市の養豚農場において豚コレラの疑似患畜が確認されたと発表した。国内18例目。
 経緯は岐阜県が4月8日、農場から飼養豚が発熱やチアノーゼのほか、出荷1カ月前ほどの豚が数頭死亡しているなどの異常を呈しているとの報告を受け、家畜防疫員による立入検査を実施した。同日、家畜保健衛生所での検査により豚コレラの疑いが生じたため、精密検査を実施したところ、4月9日、豚コレラの疑似患畜であることが確認された。なお同農場の飼養状況はすべて肥育豚で、4,086頭となっている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み