フリーデンやまと豚・やまと豚の骨付きハムITIで三つ星受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデン(本社=神奈川県平塚市)は、ことし3月にベルギーで開催されたITI(International Taste Institute/国際味覚審査機構)2019年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。 世界の一流シェフやソムリエの中から厳選された審査グループによる目隠し方式官能分析の結果、2015年度から5年連続でSuperior Taste Award(優秀味覚賞)「三つ星」を受賞した。総合評定90以上の食品にのみ与えられる「三ツ星」を5年連続で受賞したことは、国産豚肉として日本初の快挙。同時に出品した「やまと豚の骨付ハム」も最高評定の「三ツ星」を初エントリーから3年連続で受賞し、栄誉ある「クリスタル味覚賞」に輝いた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み