食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

全肉連食育サイト「おにくらぶ」充実へ、新たにレシピ集も

 全国食肉事業協同組合連合会は、平成31年度国産食肉理解醸成食育推進事業の事業推進専門委員会(委員長=安部新一・宮城学院女子大教授)を7月25日、都内で開き、昨年度の事業実績を報告するとともに、今年度の事業計画案を説明し、今後の取り組みの方向性について了承を得た。
 冒頭、主催者として木村元治専務があいさつし、食育の事業を昨年度から3年間の事業として本格実施しており、これまでにDVD「お肉が食卓にとどくまで」を作成し「食材の安全性や栄養にとどまらず、食への感謝、命をいただくことなどお肉ならではの内容を盛り込み好評を得ている」ことなどを説明。昨年度はこのDVDのインターネット上での配信を含め、食肉の食育のプラットフォームとして、食育サイト「おにくらぶ」を開設し「『おにクイズ』や『おにくらぶたいそう』もつくり、頭や体を動かすサイト構築に取り組んだ」。農水省や全農などとも協力し「業界をあげて食育に取り組み始めつつあり、そうした流れが出てきている。今年度は『おにくらぶ』の中身を質的にさらに充実させていきたい」とした。

◆行政・統計

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」

 自民党の令和元年台風19号非常災害対策本部が17日、党内で開かれ、被害状況および政府の対応状況について説明された。 岸田文雄政務調査会長は「台風19号の被害についてはその実態が明らかになるにつれ、その深刻さ、範囲の大きさを改めて痛感してい...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築

 世界的和牛ブランド「神戸ビーフ」のブランド管理・運営を行う神戸肉流通推進協議会(森紘一会長)は10月1日と畜分から、偽装対策として枝肉の肉片をDNA鑑定用に採取、乾燥保管している。 姫路市の和牛マスター食肉センター(姫路市食肉地方卸売市場...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top