食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

東京食肉市場まつり2万3千人来場し盛況、台風被災地にエール

 「東京食肉市場まつり2019」が19日、20日の両日、一般(社)東京食肉市場協会と東京都との共催で開催された。国産食肉の消費拡大、市場の認知と役割の理解促進、ブランド牛のイメージ確立を目的に開催され、今回で38回目を迎えた市場まつり。天候は曇りがちながら、2日間合計で2万3,300人が来場し、初日には来場者が長蛇の列をつくり、開場を早めるなど盛況となった。場内では、今回の推奨銘柄「いわて牛」をはじめとした食肉・食肉加工品が特別価格で販売され、いわて牛しゃぶしゃぶ、モツ煮込み、銘柄豚のとんかつ・焼き肉の無料試食コーナーもあり、特売品や試食に行列ができた。また、場内に台風19号の被災地に対する義援金箱を設置して支援を募った。関係者のあいさつでも、食の力を通じて復旧・復興を応援する声が多くきかれ、被災地にエールを送る市場まつりにもなった。
 初日朝、大井権現太鼓の勇壮な舞台で開会式が始まり、主催者を代表し東京食肉市場まつり実行委員会の小川一夫会長、小川清泰副会長、野本照雄副会長、廣瀬常年副会長が登壇(写真)。小川会長(東京食肉市場協会会長、東京食肉市場㈱社長)があいさつし、台風19号の被災者にお見舞いの言葉を述べ、1日も早い復旧を願いながら「ことしは岩手県から協賛をいただいて、いわて牛をメインに開催する。試食などで食べ、さらに買っていただき、食肉市場まつりを楽しんでほしい」とした。

◆行政・統計

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承

 農水省は12日、東京都内で「食料・農業・農村政策審議会 畜産部会(令和元年度第9回)」を開き、令和2年度畜産物価格案を諮問し、肉用子牛の保証基準価格と合理化目標価格をすべて据え置きとする諮問案を出席した委員の賛成多数で了承した。答申を受け...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛

 カナダビーフ国際機構(清冨一郎駐日代表)は11日、東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」で開催された、カナダビーフとハナマルキ液体塩麹のコラボレーション企画(主催=一般(社)全日本司厨士協会東京地方本部広報企画部)に協賛した。イ...
More

◆製品

More
Return Top