全加工食品対象、原産地表示検討会が中間取りまとめ案了承

 農水省と消費者庁の第10回「加工食品の原料原産地表示制度に関する検討会」(座長・森光康次郎お茶水女子大大学院教授)が2日、都内で開かれ、中間取りまとめ案を議論。今回出された意見を踏まえ、一部修正し最終的に座長一任で取りまとめとすることを了承した。検討会は今回で終了。今後、両省庁が取りまとめを踏まえ、全ての加工食品を対象とする新たな原料原産地表示の具体化を進める。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする