赤澤議員が差額関税制度維持で農家に大きな影響ないと指摘

 10月31日に開かれた衆議院のTPP特別委員会で自民党の赤澤亮正議員がTPPにおける豚肉の交渉結果について、価格の高い豚肉と安い豚肉が一緒に輸入されるという差額関税制度の核心を維持したため、養豚農家に大きな影響がないと答弁し、多大な影響があるとした野党の指摘を否定した。
 赤澤議員は差額関税制度の輸入増を防ぐ役割について二重丸、丸、三角で比較したパネルをもって説明。輸入増を防ぐ役割が二重丸なものは、差額関税制度(コンビネーション輸入)と分岐点価格(524円/kg)。丸は低価格帯の従量税(482円/kg)、三角は高価格帯の従価税としている。TPP交渉では輸入増を防ぐ役割が二重丸である差額関税制度と分岐点価格を維持したため、丸と三角である従価税が10年目に撤廃され、従量税が50円/kgとなったとしても大きな影響はないと説明した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

食肉通信社からのお知らせ
食肉産業展「全国銘柄食肉コンテスト」出品募集中
2018年4月11〜13日開催の「食肉産業展」の注目度NO.1イベントが「銘柄食肉好感度コンテスト」です。来場者が試食して好感度を採点し、今年度の人気NO.1ブランドを決定してきました。出品者にとってはマーケットリサーチとして、バイヤーにとっては新規導入ブランドの発掘の場として有効に活用していただいており、上位入賞銘柄食肉の販路拡大に寄与する効果も発揮しています。

▼詳しくはこちら

 
「銘柄豚肉ハンドブック2018」への掲載を希望する銘柄豚肉募集中

豚肉特集2017 食肉通信社発行の「銘柄肉ハンドブック」シリーズは、銘柄牛・豚肉の人気の高まりを受け、大好評を頂いております。

現在、食肉通信社では「銘柄豚肉ハンドブック2018」の出版に向け、制作を進めております。おおむね1千頭以上の銘柄豚を取り扱う企業・団体様で、掲載を希望される方はぜひとも食肉通信社までお問い合わせ下さい(掲載無料)

お問い合わせはこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする