衆院本会議8日のTPP採決見送り、山本農相は辞任を否定

 衆院本会議が8日に開かれたが、TPP承認案については採決を行うことは見送られた。4日の衆院特別委員会でTPP承認案などは野党が抗議する中で可決されたものの、山本農相の辞任を求める野党に配慮し採決を断念した。山本農相は8日の閣議後会見で、自身の発言により国会に影響が出ていることについて「4日金曜日、TPP特別委員会の場において、ご迷惑をおかけした。心からおわび申し上げた。また謹んで発言を撤回させていただいた。国会審議については身を引き締め、緊張感をもって努めてまいりたい」と述べた。辞任については「農林水産大臣として職責を全うする。精神誠意、努力を重ねてまいりたい」と否定した。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み