食鳥協関西支部が国産ムネ肉から揚げを販売 国産チキンまつり

 一般社団法人日本食鳥協会は「国産とり肉の日」(10月29日)に合わせ、25都道府県で国産鶏肉のおいしさ、安全を伝える「国産チキンまつり」を開催している。関西支部では6日、小売部会の中核をなす大阪府食鳥肉販売業生活衛生同業組合(田中靖章理事長)の消費促進宣伝事業部(担当=井元克典副理事長)と同青年部(宇田章会長)が、大阪市旭区の千林商店街・千林くらしエール館ポケットパークでから揚げの実演販売を行い、消費者に国産チキンをアピールした。当日はフライヤー3台を据え、昨年大盛況で午前中に終了したことから国産ムネ肉からあげを200kgから300kgに増量。1カップ約200gを100円で販売した。当日は10時の販売開始前から長蛇の列ができ、開始時間を30分前倒ししたものの、50人以上の列は途切れることなく、開始3時間で完売する人気ぶりをみせた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み