食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

食鳥協関西支部が国産ムネ肉から揚げを販売 国産チキンまつり

 一般社団法人日本食鳥協会は「国産とり肉の日」(10月29日)に合わせ、25都道府県で国産鶏肉のおいしさ、安全を伝える「国産チキンまつり」を開催している。関西支部では6日、小売部会の中核をなす大阪府食鳥肉販売業生活衛生同業組合(田中靖章理事長)の消費促進宣伝事業部(担当=井元克典副理事長)と同青年部(宇田章会長)が、大阪市旭区の千林商店街・千林くらしエール館ポケットパークでから揚げの実演販売を行い、消費者に国産チキンをアピールした。当日はフライヤー3台を据え、昨年大盛況で午前中に終了したことから国産ムネ肉からあげを200kgから300kgに増量。1カップ約200gを100円で販売した。当日は10時の販売開始前から長蛇の列ができ、開始時間を30分前倒ししたものの、50人以上の列は途切れることなく、開始3時間で完売する人気ぶりをみせた。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top