食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

エスフーズが200頭出品し和牛枝肉即売会 12月4日

 エスフーズは12月4日午前11時から同社姫路ミートセンターで第30回記念ミートフェア、第10回記念WAGYU MASTERを開催する。

 出品予定は但馬牛・神戸ビーフ39頭、兵庫県産48頭、鹿児島県産(のざき牛ほか)24頭、宮崎県産26頭、和歌山県産(熊野牛)13頭、香川県産(オリーブ牛)8頭、その他(島根県、愛知県、長野県産など)42頭の計200頭。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top