地域の活力創造本部、農業競争力強化プログラムを決定

 政府の第20回農林水産業・地域の活力創造本部が29日、首相官邸で開かれ、「さらなる農業の競争力強化のための改革の検討結果」および「農林水産業・地域の活力創造プラン改訂案」について議論された。
 安倍首相は「本日、農業競争力強化プログラムを決定した。生産資材価格を国際水準まで引き下げ、農産物の流通・加工構造を、時代の変化を踏まえ、効率的なものにしていく。関係業界の再編が重要であり、国も再編に向けた取り組みを後押していく」と述べ、全農について「とくに、全農が生産資材の買い方や農産物の売り方を改革すれば、関係業界の再編も大きく動き出す。全農は新たな組織に生まれ変わるつもりで、数値目標を含め、しっかりとした年次計画を立て、抜本的な改革を断行していただきたい」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする