新潟と青森で鳥インフルエンザの疑似患畜確認、32万羽殺処分

 農水省は28日夜から29日にかけて、新潟県と青森県で高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜を確認したと発表した。
 新潟県によると、同県関川村で発生した高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例について、「H5亜型」の遺伝子が確認されたとし、対象施設の鶏の約31万羽を殺処分するとした。青森県の事例についても、同農場で飼育されているアヒル、およそ1万6,500羽すべてを殺処分するとしている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする