仙台牛の集いを開催、第11回全共宮城大会で上位入賞を目ざす

 仙台牛銘柄推進協議会(会長=村井嘉浩宮城県知事)は1日、第24回「仙台牛の集い」を仙台市青葉区の仙台勝山館で開催した。式典には県内外の関係者350人が参集した。第1部の講演会では、宮城県農業共済組合家畜診療研修所損防指導課の松田敬一課長補佐から「黒毛和種肥育牛の疾病予防対策」と題して、肥育牛の代表的な疾病である呼吸器感染症・ビタミンA欠乏症・肝炎・尿石症の対策などの説明が行われた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする