「とちぎの食肉まつり2016」開催、8千人以上来場し大盛況

 とちぎの食肉まつり実行委員会(渡邉秀夫実行委員長)は、3〜4日の2日間にわたり、宇都宮市の城址公園で「とちぎの食肉まつり 2016」を開催した。今回は24社・団体が出展。会場ではとちぎ和牛などの食肉を使用したメニューの提供や食肉の販売が行われ、試食エリアやショッピングエリアでは長蛇の列ができるなど、両日合わせて8千人以上が来場し大盛況となった。3日午前10時からは開会セレモニーが行われ、栃木県食肉生衛組合の加賀田敏雄理事長は「とちぎ和牛、栃木県産豚肉、滝沢ハムのウインナーなど盛りだくさんの食肉を楽しんでもらいたい」と来場者へ呼びかけ、渡邉実行委員長は「とちぎの食肉まつりは、栃木県産畜産物の安全・安心の啓もうと、消費拡大を目ざしたイベント。皆さまにおいしくて安全な食肉を味わってもらいたい」とあいさつした。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み