自民畜酪小委が畜産物価格の議論開始、年内の決定目ざす

 自民党の畜産・酪農対策小委員会が6日、党内で開かれ、平成29年度畜産物価格の議論が開始された。昨年は生体販売価格の増加などにより、指定食肉の安定価格などすべてで値上げとなったが、ことしも子牛価格の高止まりが続いているため、昨年同様値上げとなるか注目される。予算編成と併せて畜産物価格を決定するため、年内に決定するスケジュールで議論は進められる。ただ、酪農のほうで補給金単価の1本化など大きな課題を抱えているため、酪農に議論の時間の多くをさかれそうだ。今後については、10〜11日に九州と北海道で現地視察を行い、12日の畜酪小委でその報告がされ、団体ヒアリングが行われる予定。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする