食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

会社概要

社名株式会社 食肉通信社
代表者代表取締役会長 林 加都郎
代表取締役社長 西村 久
設立昭和27年9月1日
資本金4,000万円
大阪本社大阪市西区西本町3-1-48 銀泉西本町ビル2F
TEL06-6538-5505
FAX06-6538-5510
E-mailmail@shokuniku.co.jp
東京支社東京都中央区日本橋小伝馬町18-1 ハニー小伝馬町ビル3F
TEL03-3663-2011
FAX03-3663-2015
九州支局福岡市博多区古門戸町3-12 やま利ビル2F
TEL092-271-7816
FAX092-291-2995

主な事業内容

  • 週刊「食肉通信」の発行—–わが国唯一の食肉産業専門紙。新聞サイズ 常時6〜12頁。特集による増ページも随時発行。
  • 月刊「ミートジャーナル」の発行——川上から川下まで網羅した畜産・食肉専門雑誌。
  • 日刊「食肉速報」の発行——食肉に関するニュースをいち早く届ける日刊紙。
  • その他—–食肉業界向けの書籍を多数出版。
  • 54年春から食肉産業展の開催—–食肉関係機械・資材・加工品等の一大見本市。毎年春に開催。
  • 海外視察ツアー—–海外の最新施設などの研修ツアーを毎年開催。

▷会社案内pdfデータはここをクリック

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

[USDA需給予測]20年食肉生産総量は前年比3.4%増

[USDA需給予測]20年食肉生産総量は前年比3.4%増

 米国農務省(USDA)は現地時間18日、2月現在における食肉等の需給予測(表参照、食肉速報に掲載)を発表した。それによると、2020年の食肉生産総量は前年比3.4%増の1,087億8,800万ポンドと前月より上方修正した。
More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top