食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

過去記事一覧

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き
日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売
7月の食品価格動向調査、輸入牛肉は前月比14円高、国産は1円高
各類の主要銘柄が軒並み減少し全体でも減---5月の食肉加工品
みやぎ新名物「せんぎゅう丼」デビュー、仙台牛メインの丼を1千円台で
横浜市場ミートフェア、名誉賞は日本精肉店が1万2,053円で落札
神戸ビーフを堪能できる「神戸ビーフギャラリーTOKYO」オープン
全国都道府県議会議長会、豚熱対策強化など農水省に要請
豚枝肉相場は高値継続、内食需要中心でウデ、モモなど堅調
鳥取県、和牛などの需要回復・拡大に向け農水省に支援要請
肉用牛頭数2%増、繁殖雌牛は6年連続伸長---令和3年畜産統計(上)
USMEF、アメリカンポークの販促に向けたさまざまなCPを実施中
コロナ感染防止の中小企業庁補助金 精肉店、焼き肉店も多数採択
千葉県・栃木県、香港向けの家禽由来製品輸出が9日より再開
仙台市場46周年記念共進会、和牛去勢名誉賞は川村ファーム
7月からの大雨による農林水産関係の被害額約9億円---農水省
兵庫県肉連総会、7月に「神戸ビーフギャラリー」を浅草にオープン
5月牛肉輸出は560tで前年比139.2%増、単価6,995円
中原新潟市長が宮内副大臣に食肉センター補助制度の創設等要請
スターゼンが富士総合食品と加工食品事業に関する業務提携契約を締結
飛騨牛フェスタを開催、最優秀賞を9,515円で丸明が購買
[全国の食肉推定在庫.5月]全在庫52万301tで前年比16.4%減
全農肉牛枝共、名誉賞に川村ファーム、8,010円で小川畜産興業落札
日本ハムがロングセラー商品の大容量パック2品を新発売
日本養豚協会、豚枝肉取引規格見直しなどを格付協会に要請
米国6月1日現在豚総飼養7,491万3千頭、前年同期比1.7%減
USMEFが外食向けウェビナー開催(下)モモ系やカウの提案も
日本食肉市場卸売協会が総会、小川会長「コロナ禍で経営環境厳しく」
MLAが「レッツバービー!」CP発表会(上) 29日から新CM放映
オリパラを日本食情報発信の起爆剤に、さらなる輸出拡大へ---野上農相
養豚協が総会、豚熱やASF対策一層推進、国や地方と一体で
京都市食肉青年会が講習会で特殊冷凍技術について研修を行う
全肉生連が総会開く、肥後会長らを再任、新副会長に岡崎氏
全肉連が総会、コロナ関連対策やHACCP普及などに注力
「近江牛」グランプリ枝肉共進会、GC牛は万葉が5,732円で落札
国産鶏肉モモようやく下げ、ムネ加工向けタイ産からのシフトも
三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請
輸出実行戦略フォローアップ説明会、品目団体組織化し---層拡大へ
エスフーズ姫路、和牛マスター食肉Cがコロナワクチンの職場接種開始
米国産牛肉SG見直し協議、期限過ぎるも議論継続---農水省
令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ
きょう、JPPA「俺豚!2021」がインスタライブ配信
家伝法施行規則など9月下旬改正へ、農水省が家畜衛生部会に諮問
日本食肉協議会が定時総会開く、中須勇雄会長ら再任
農水省が養鶏・鶏卵行政改善策まとめる、野上大臣「一丸で確実に実行」
6月は高温見込み、家畜の体感温度低下を---農水省
出荷頭数減少で豚枝肉相場は急上昇も、末端の荷動きは鈍い
格付協会が総会、大野会長再任、新たに食肉取引円滑化推進事業
「2021数字でみる食肉産業」を発刊
日本畜産副産物協が総会、新たに国産牛原皮の新規用途開発の支援事業

続きを見る

◆行政・統計

More

◆トレンド

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き

 輸入チキンの市中相場は、タイ産を確保する動きが強まり、ブラジル産も巻き込む形で全体的に強含みとなっている。タイで新型コロナウイルスの感染が拡大し、食鳥処理工場などの生産に影響を及ぼし減産となっており、日本向けの供給が少なくなっている。加え...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top