30年度全国優良経営体表彰、宝牧場が6次産業化部門の大臣賞


 農水省などは17日、平成30年度全国優良経営体表彰の各賞(経営改善部門、生産技術革新部門、6次産業化部門、販売革新部門、担い手づくり部門)の受賞者を決定した。肉用牛関係では6次産業化部門の農林水産大臣賞に肉用牛肥育・繁殖、酪農、養豚など複数畜種の生産部門を擁する(有)宝牧場の田原哲也氏が輝いた。
 同社はソフトクリームやパンなどの製造・販売、焼き肉レストランと精肉販売を担うグループ会社との一体的な経営により、6次産業化の取組を展開している。