食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

過去記事一覧

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円
台風第19号などによる農林水産関係被害への追加支援対策を公表
[ソーセージ輸入9月]計2,923tで17.3%増、中国伸長
第7回畜産部会、酪肉近の策定に向け肉用牛・食肉関係を議論
CPIが日本事務所開設10周年セミナー開催、280人が参加
[全国の食肉推定在庫・9月]全在庫は前年同月比13.4%増
食鳥協関西支部が「国産チキンまつり」に合わせ、から揚げの実演
東京市場全共、名誉賞は過去最高の単価2万7,001円でふじなわ落札
全肉連が島根で会長会議開く、HACCPなど事業進ちょく確認
[食肉流通統計・9月]豚と畜頭数は前年比2.0%増
[食肉輸入通関9月]牛3.3%減、豚13.3%増、鶏33.2%増
食鳥協が日本KFCに感謝状、国産チキンの消費拡大貢献で 
日米貿易協定の品目別生産額の影響試算、牛肉は最大約474億円減
台風19号など激甚災害に指定、農林水産業共同利用施設災害復旧事業費を補助
兵庫県畜産共進会の名誉賞に中井崇泰さん、太田克典さん
和牛遺伝資源の知財部会、知的財産法制を参考に新たな仕組み検討
自民農林合同会議、農林水産関係被害への支援対策案を了承
豚コレワクチンが6県で開始、江藤農相「接種した豚も安心して食べてほしい」
福留ハムが福原治彦代表取締役副社長の代表取締役社長就任を決議
日米貿易協定の国会承認案の審議開始---衆議院本会議
豚コレラワクチン接種開始へ、農水省が接種プログラムを確認
台風19号被害状況、畜産用施設について山梨でも被害が明らかに
東京食肉市場まつり2万3千人来場し盛況、台風被災地にエール
カナダビーフ国際機構が消費者150人を招待してプレミアムBBQ
[加工品仕向肉量・8月]国産、輸入の合計数量は3万6,719t
台風19号被害状況、家畜12万2,573頭羽、畜産用施設43件
微増ながら2カ月連続の伸び---8月分の食肉加工品生産量
自民台風19号対策本部、岸田政務調査会長「政治の責任果たす」
消費者庁10月物価モニター調査、豚肉ロースは前年同月比4.0%増
台風19号被害状況、農業用施設938箇所で被災、家畜の溺死なども
神戸ビーフがDNA鑑定に対応、肉片保管・管理体制構築
台風19号で一部の食肉市場施設に浸水、物流や生産への被害も
神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札
自民農林合同会議、新井局長「月末にはワクチン接種できる県出る」
全肉連などHACCP部会、食肉処理業A基準の手引書案を議論
「仙台牛の日」に宮城県・村井知事と地元有名人ら魅力PR
豚コレラの特定家畜伝染病防疫指針案を適当と答申---家畜衛生部会
[畜産物卸売価格・9月]全国と畜頭数は豚0.4%減、成牛1.6%減
農水省豚コレラASF対策本部、江藤農相「省一丸で対応」
江藤農相、豚肉輸出は香港とマカオが条件付き、マカオは現行どおりで可能
[食肉家計調査・8月]肉類支出金額は前年同月比1.0%減
大阪市場で全日本牛枝コン、232頭出品で和牛GCはFグランデ
全肉生連、食肉小売店HACCP対応で記録カレンダーなど作成
[牛肉需給動向・8月]推定出回り量は前年同月比4.3%増
[豚肉需給動向・8月]期末推定在庫は前年同月比25.4%増
[全国の食肉推定在庫・8月]全在庫は前年同月比10.4%増
家畜衛生部会で飼養衛生管理基準の見直しについて議論
大山ハムと春雪さぶーるが合併(10月1日付)
総合的なTPP等関連政策大綱を改訂、今秋をメドに
[肉豚出荷予測]3月は平年比1%減、1〜3月平年比1%減

続きを見る

◆行政・統計

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円

9月牛肉輸出は388tで前年比35.4%増、単価6,932円

 財務省貿易統計による9月国産牛肉輸出量は38万7,706kg(前年同月比35.4%増)と、前年同月から大きく増加した。前月比では約30tの減少。輸出先国は合計31カ国・地域で、国別にみるとカンボジアが最も多く、合計12万4,230kg。次...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

CPIが日本事務所開設10周年セミナー開催、280人が参加

CPIが日本事務所開設10周年セミナー開催、280人が参加

 カナダポーク・インターナショナル(CPI)は5日、日本事務所の開設10周年を記念したセミナーとレセプションを東京・港区のカナダ大使館で開催。会場には約280人の関係者が訪れた。セミナーに先立ち、10月28日付でCPIプレジデント&CEOに...
More

◆製品

More
Return Top