過去記事一覧

28年の食肉加工品地域別生産量と生産集中度の推移
[加工品仕向肉量・7月]国産、輸入の合計は3万8,978t
8月牛個体識別総頭数、黒毛和種は2.6%増の約162万頭
1・7%増と引き続き好調さを維持---7月分の食肉加工品生産量
日本食鳥協会などに鳥フルの防疫措置の貢献で農相感謝状
業界待望の台湾への牛肉輸出解禁が決定、29食肉施設を申請中
[鶏肉輸入予測数量]8〜10月は前年増と予測、10月は22.6%増
食肉協会が東北・北海道B山形大会、山形牛のおいしさなど学ぶ
[牛マルキン7月補填金]交雑6万700円、乳用3万6,100円
スターゼンが秋冬主力商品「鶏生だんご」4品をリニューアル
イタリア生ハム・プロシュット ディ パルマがGI、海外で初登録
ちくさんフードフェア第2回実行委員会、災害への対策案など報告
伏見課長、畜産GAP「東京オリパラに十分供給できることを目標」
太田産商が50周年記念式典を開催、次の半世紀に向け飛躍を誓う
新たなJAS制度、ハムソーにも可能性の余地---農水省が説明会
食鳥協が今年度も「国産チキンまつり」開催へ、各地域でイベント
全共宮城大会に約42万人来場、各銘柄牛の試食やイベントで大盛況
8月豪州産牛肉輸出統計、グレインフェッドが過去最高記録
鳥フル防疫推進会議、秋から冬にかけて具体的な対応を共有
全共宮城大会、宮崎が肉牛の部で名誉賞に輝く、種牛の部は大分
食肉協会が京浜ブロック会議、スマホ時代の商売を学ぶ
中国の豚肉生産は2%増加し、輸入量は10%減少する見通し
全肉連が全国会長会議を宮城で開催、HACCPなど事業進捗確認
USMEFが日本事務所開設40周年記念トレードセミナー開催
大阪・全日本豚枝コン、名誉賞の日吉ファーム豚をMPタカノ購買
全共宮城大会が開幕、史上最多513頭出場し日本一競う
8月豪州産対日輸出量、牛肉は2万9,312tで約23%増
[鶏肉需給動向・7月]推定出回り量は前年同月比1.6%減
[ソーセージ輸入通関7月]ほぼ前年並み、米・中国減もタイが増
[全国の食肉推定在庫・7月]牛肉・鶏肉前年減、豚肉は増加
[牛肉需給動向・7月]推定出回り量は前年同月比2.9%減
[豚肉需給動向・7月]推定出回り量は前年同月比2.8%増
カナダビーフ国際機構が福島県猪苗代でBBQイベント開催
7月牛肉輸出207tで前年同月比30%増、豚6.7t
[都内輸入食肉在庫・7月]豚肉、前年同月比が3.6%増に
[食肉流通統計・7月]豚と畜頭数は前年比1.5%減
[鶏肉輸入通関量7月]ブラジル3割の大幅減、タイは2割増
[官報告示7月]豚肉などが増加、協定外の生鮮、冷凍も前年増
全肉連など3団体、HACCP導入マニュアル作成委初会合開く
[食肉輸入通関7月]牛2.4%減、豚12.7%増、鶏17.3%減
[牛肉輸入通関・7月]チルド4.7%増、フローズン6.5%減
[肉豚出荷予測]10〜12月前年比3%増、1月2%増2月前年並み
齋藤農相、冷凍牛肉SG発動から1カ月「大きな変動はない」
食肉学校の新理事長、全農経営管理委・副会長の大澤憲一氏が就任
東京市場豚枝肉共励会、名誉賞豚は単価1万7,996円を記録
7〜12月牛と畜頭数1%減の見込み、和牛は飼養回復で0.5%増
8月米牛飼養1,060万4千頭、7月導入頭数は161万5千頭
[牛・豚・鶏肉需給予測]9月生産量、牛・豚減だが鶏は増
平成30年度農水予算概算要求の骨子案、総額2兆6,525億円
齋藤農相、TPP首席交渉官会合「米国の通商政策の動向を注視」

続きを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする