過去記事一覧

東京食肉組合加盟31店舗で福島産牛肉の試食・販売を実施
齋藤農相、豚コレラで猪2例目「追加対応方針を決定」
ブラジルの18年鶏肉・豚肉の輸出量、当初予測から減少を見込む
マレーシアの18年ブロイラー出荷羽数は増加見通し、サバ州でAI発生
タイ向け豚原皮、台湾向け豚肉および豚原皮が輸出再開
米国が貿易紛争損失を補償プログラム、直接払いなど予算120億ドル
平成29年栄養調査、肉類摂取量は60〜69歳が増加
[調理食品支出金額・7月]焼き鳥、ハンバーグが減少に転じる
豚コレラ現地調査結果、共同たい肥場の出口では消毒が行われず
岐阜県岐阜市の豚コレラ発生農場の防疫措置が完了
[牛マルキン7月]肉専用種、交雑種、乳用種それぞれ発動
豚コレラ発生で業界にも懸念広がる、拡大目ざす輸出への影響も
岐阜県の豚コレラ患畜の確認で輸出停止、今後、輸出解禁要請
[畜産物卸売価格・8月]全国と畜頭数は豚8.0%減、成牛6.8%減
8月豪州産対日輸出量、牛肉は2万7,610tで5.8%減
協定発効後の牛肉セーフガードなど説明---TPP等業界団体説明会
[鶏肉需給動向・7月]推定出回り量は前年比1.4%増
大分県の上級和牛ブランドが新たに誕生、新名称は「おおいた和牛」
[牛肉需給動向7月]推定出回り量8.5%増、国産・輸入とも伸長
[全国の食肉推定在庫・7月]牛肉と鶏肉増、豚肉は前年並み
[肉豚出荷予測]7〜9月は平年比3%減、台風の影響考慮
中国でアフリカ豚コレラ、7例目が安徽省、8例目が江蘇省で確認
[豚肉調製品輸入通関・7月]シーズンドなど合計1万3,861
[食肉流通統計・7月]豚と畜頭数は前年比3.5%増
[鶏肉輸入通関7月]ブラジル前年比2割増、米国は半減
31年度農水予算概算要求、前年度比18.5%増の2兆7,269億円
[食肉輸入通関7月]牛16.2%増、豚4.8%増、鶏12.1%増
自民TPP等対策本部、日米新協議FFRについて報告
[上半期の輸入馬肉動向]1月大幅増、今後メキシコの減少が影響か
食肉協会が事業推進委、9月から各地域でブロック会議開催へ
8月の米牛飼養1109万3千頭、7月中の導入174万2千頭
自民農林合同会議、平成31年度概算要求案を提示
伊藤ハムの米国子会社IPCが米国加工メーカー取得し子会社化
東京市場が29年の年報、牛取扱頭数13万2千頭で前年並み確保
日本畜産物輸出促進協議会が香港Food Expo 2018に参加
日本ハムが徳島大学に食肉加工機械を贈呈---20日に上掲式実施
全肉連、活力ある店舗づくり支援へ経営力強化と成功事例委初会合
ことしに入って初めて減少---6月分の食肉加工品生産量
JETROが和牛プロモーションイベントをシドニーで開催
[鶏肉輸入予測量]8月は前年比2割減、9月2.5%減
[USDA需給予測8月公表]19年食肉生産総量は2.6%増予測
牛と畜頭数6年ぶり増、豚は前年並み---30年上半期流通統計
牛マルキン2カ月連続で全畜種補填発動、肉専2万8,300円
29年度食料自給率、カロリー前年同、生産額2ポイント減少
全肉連が新需要事業全国協議会、低需要部位の加工化5県で実施へ
[調理食品支出金額・6月]カツレツ、焼き鳥など増加維持 
全肉連が西日本豪雨と大阪北部地震被災組合員に見舞金
30年7月豪雨被害状況、農林水産関係の被害額は2,490億円
齋藤農相、西日本豪雨から1カ月「9、10日に現地説明会」
全肉連がHACCP普及へ指導者育成セミナー、細見氏が講演

続きを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする