食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

過去記事一覧

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開---厚労省
林兼産業、代表取締役社長に中部哲二副社長が昇格---4月1日付
全肉連が24日から「2月9日はお肉の日」キャンペーン展開
豚事協が海外技能実習生向け養豚便利冊子、3カ国語で作成
ことしやや厳しいか、五輪影響不透明---和牛枝肉相場の推移占う
日本へのASF侵入リスクを評価---伊藤記念財団助成研究で成果
日食協が食肉流通関係者など500人招き、新年賀詞交換会
ニチレイフーズが新商品、業務用のアンガスビーフハンバーグなど
CSF・ASF防疫対策本部、江藤農相「日本中で出てもおかしくない」
食鳥協がマスコットキャラクター「二代目」公募、創立60周年で
日本食肉流通センターが新年会、新棟が予定通り着工できること報告
沖縄でCSF52、53例目、江藤農相「アグー豚も感染で深刻な事態」
[全国の食肉推定在庫・11月]全在庫は前年同月比12.0%増
[牛肉需給動向・11月]推定出回り量は前年同月比6.6%増
[税関公表11月]豚肉等の消化率が8割も第3四半期はSGない
[食肉輸入通関11月]牛8.5%減、豚0.8%減、鶏13.1%増
[牛・豚・鶏肉需給予測]1月生産量は牛・鶏肉は増、豚肉が減
厚労省が熊など野生鳥獣肉による食中毒防止の徹底で通知
農水省食肉鶏卵課19年10大ニュース、日米貿易協定が締結など
食品メーカー4社のプロジェクトAが受験シーズン向けレシピ
和牛遺伝資源の知財専門部会が論点整理、行為規制手法が有効
ミートデリコン全国大会、大臣賞に兵庫県・天野みどりさん輝く
農水関係補正予算、繁殖雌牛の飼養頭数は令和12年に80万頭目ざす
京都食肉市場枝肉共進会和牛の部開催、長野県の土屋畜産がGC
牛マルキン10月、交雑種と乳用種で交付、肉専は21県で交付
カナダビーフ国際機構が液体塩麹とのコラボイベントに協賛
畜産部会、畜産物価格を据え置きとする諮問案を了承
「エンパイアステーキハウス」で米国産ラム試食イベント開催
2年度の肉用子牛の保証基準価格と合理化目標価格は据え置き
全国食肉公取協、新表示ハンドブック踏まえ公正競争規約一部改正
南部市場出荷団体協が肉牛枝肉共励会、宮崎県の福留勝徳さんが市長賞
信州牛共進会、県知事賞に浅岡さん、過去最高7,200円で大国屋購買
静岡県共進会、河合畜産が和牛2部門制覇、落札額は3部門過去最高に
平成30年度肉用牛生産費、子牛や肥育牛などで増加
[食肉家計調査・10月]肉類支出金額は前年同月比3.8%減
全肉連がHACCP指導者育成セミナー、全農MF・菊池氏が講演
[全国の食肉推定在庫・10月]全在庫は前年同月比14.6%増
広島県畜産共進会冬季「枝肉の部」で(有)野山牧場が最優秀賞
第8回お肉検定の合格者発表、ことしも多くの人が受検
令和元年度神戸肉枝肉共励会、名誉賞はみらいファーム
さいたま市場黒毛和種枝共、名誉賞に塚田牧場、ムサシノミート購買
10月牛肉輸出は369tで前年比16.8%増、単価6,993円
日本食肉流通Cが大阪でHACCPをテーマに研修会を実施
10月の豚肉輸入通関、スペインはC、F合計で9,860t
[鶏肉輸入通関10月]ブラジル、タイ、米国いずれも前年比減
[食肉輸入通関10月]牛7.7%増、豚0.1%減、鶏5.2%減
農水省CSF・ASF防疫対策本部、注意喚起のステッカー作成
古田肇全国知事会CSF対策リーダーが農相にCSF対策で要請
IFFA日本食肉加工コンテスト授賞式、総合優秀賞にサイボクハム
江藤農相、ASF対策で予防的な殺処分も視野に

続きを見る

◆行政・統計

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

スペイン産牛肉等の輸入手続きを再開—厚労省

 厚労省は15日、スペイン産牛肉等について、食品安全委員会の食品健康影響評価結果を踏まえたスペイン政府との協議などが終了しため、同日付で、輸入手続きを再開すると発表した。対日輸出条件は月齢制限について30カ月齢以下とする。対日輸出が認められ...
More

◆製品

More
Return Top