過去記事一覧

牛と畜頭数6年ぶり増、豚は前年並み---30年上半期流通統計
牛マルキン2カ月連続で全畜種補填発動、肉専2万8,300円
29年度食料自給率、カロリー前年同、生産額2ポイント減少
全肉連が新需要事業全国協議会、低需要部位の加工化5県で実施へ
[調理食品支出金額・6月]カツレツ、焼き鳥など増加維持 
全肉連が西日本豪雨と大阪北部地震被災組合員に見舞金
30年7月豪雨被害状況、農林水産関係の被害額は2,490億円
齋藤農相、西日本豪雨から1カ月「9、10日に現地説明会」
全肉連がHACCP普及へ指導者育成セミナー、細見氏が講演
中国のアフリカ豚コレラ発生受け、農水省が都道府県に通知
[全国の食肉推定在庫・6月]全在庫は前年同月比4.1%増
[牛肉需給動向・6月]推定出回り量は前年同月比2.7%減
[豚肉需給動向・6月]推定出回り量は前年同月比2.9%減
6月牛肉輸出は268tで前年比36%増、単価7,040円
[肉豚出荷予測]10〜12月は前年比1%増、来年1月も1%増
30年7月豪雨等による被害状況、農林水産関係2,104億円に
[鶏肉輸入通関6月]ブラジル2割弱減、タイは6%増
[ソーセージ輸入6月]前年比9%減、米国増だが中国など減少
地鶏・銘柄鶏の消費者理解浸透---食鳥協が夏の国産チキンまつり
[食肉輸入通関6月]牛5.7%減、豚4.2%減、鶏12.6%減
[牛肉輸入通関・6月]チルド0.4%増、フローズン11.0%減
モランボン新商品、「ほったらかし煮込み 韓国風甘辛しょうゆたれ」
[JCA・6月]加工肉の不調続くも畜産全体は前年同月並み
外食産業市場動向調査6月、客単価上昇で売上は前年を上回る
[牛・豚・鶏肉需給予測]8月生産量は牛、鶏減少、豚前年並み
全肉連などHACCPマニュアル作成委開き、議論深める
[加工品仕向肉量・5月]国産、輸入の合計は3万7,802t
7月米牛飼養1,128万2千頭、6月中の導入179万3千頭
JA飛騨ミート「飛騨牛」豪州向け輸出出発式を開催
平成29年度のと畜場数は前年から2カ所増の178カ所---厚労省
微増だが13カ月連続して増加---5月分の食肉加工品生産量
西日本豪雨、岡山県で鶏や鶏舎・牛舎施設など被災
[USDA需給予測7月公表]19年食肉生産総量は2.3%増予測
[肉類通関速報・6月]輸入通関量は前年比6.2%減
日欧EPA署名、安倍首相「早期発効に向けて協力」
[鶏肉輸入予測数量]7月は増加、6、8月は大幅減の予測
Bord Biaがアイルランド産牛肉の魅力をセミナーで紹介
飛騨牛フェスタ最優秀賞受賞牛、8,683円で丸明が購買
信州牛見本市、金賞にGF関牧場、大国屋が3,650円で購買
齋藤農相、日EU・EPA署名「検疫の条件クリアを早急に進める」
食肉流通HACCP事業推進委、手引書たたき台作成し実証試験へ
3年間事業で新たにスタート、全肉連が食育事業推進委開く
齋藤農相、平成30年7月豪雨被害「豚肉の卸売価格は昨年並み」
[牛マルキン5月補填金]全畜種で発動、肉専はことし1月以来
食肉市場の取扱頭数、牛は全国と畜の35%、豚は17.8%
西日本豪雨農林水産被害11日現在の把握で74億円、畜産施設16件
[調理食品支出金額・5月]カツレツなど好調、コロッケ増加に転じる
食品製造業HACCP「導入済み」21%、企業規模で大きな開き
[食肉家計調査・5月]生鮮肉は牛肉以外で堅調、加工肉は伸び悩む
齋藤農相、平成30年7月豪雨「ため池は7カ所決壊」

続きを見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする