速報 2018年12月

2018年12月28日
▽[食肉輸入通関11月]牛24・4%増、豚2・2%減、鶏24・3%減
▽[肉豚出荷予測]4〜6月は平年比2%減、1〜3月1%減
▽[食肉流通統計・11月]豚と畜頭数は前年比1・6%増
▽[牛肉輸入通関・11月]チルド13・1%増、フローズン37・0%増
▽ABPAが19年の鶏肉・豚肉の増産を予想、18年は下降修正
▽ウルグアイ産生鮮牛肉が輸入開始へ、年明け以降か
▽[POSランク11月洋総菜]日本ハム「石窯工房マルゲリータ」が首位
▽[豚肉輸入通関・11月]計8万3413tで前年比2・2%減
▽[鶏肉輸入通関11月]計4万3千tで前年比2割強の大幅減
▽[鶏ひなふ化羽数・11月]ブロイラー用餌付け羽数は0・5%増
▽[人事異動]滝沢ハム(31年1月5日付)、食肉事業本部長に大内氏
▽【関西の輸入牛肉現物相場】ロイン系中心に引き合い強いが全体は停滞
▽【ブロイラー現物相場】国産モモ650円超か、ブラジル産強含み
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]27日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]27日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]27日
▽[資料]洋総菜製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[資料]その他加工肉製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)

2018年12月27日
▽食肉流通統計1〜10月、牛増加傾向で推移、豚は7月以降増加する
▽[組織改正]三菱食品(19年4月1日付)
▽豚コレラ、ワクチン時期尚早、水際防疫強化と風評払拭を—養豚協
▽米国12月1日現在豚総飼養7455万頭、前年比1・9%増
▽[POSランク11月中華総菜]日本ハム「中華名菜 八宝菜」が首位
▽家畜改良センターが30年の業務に関する10大ニュースをHPに掲載
▽エバラ食品が従業員の仕事と介護の両立支援、神奈川県から認証
▽[事務所移転]スターゼン販売(株)秋田営業所
▽米中貿易紛争は一時休戦、90日間の交渉で緩和なるか
▽ブランド総研が「食のバリアフリーフォーラム」開催、参加者募集
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは荷動き鈍い、Fはもちあい
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cはカタロース除き鈍い、Fはバラ堅調
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]26日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]26日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]26日
▽[資料]中華総菜製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]洋総菜製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)

2018年12月26日
▽[牛・豚・鶏肉需給予測]来年1月の生産量は牛と鶏減、豚増
▽岐阜県における豚コレラの疑似患畜の6例目を確認
▽[JCA・11月]豚肉、鶏肉振るわず畜産4・8%減
▽[POSランク11月焼豚]日本ハム「もう切ってますよ!焼豚」が首位
▽[外食産業市場動向・11月]焼き肉の需要は依然堅調
▽12月米牛総飼養頭数1173万9千頭、11月導入199万6千頭
▽[JSA11月]畜産は豚・鶏の相場安、鍋物不振で引き続き減少
▽【関西輸入副生物現物相場】今週末に向けて荷動きのピーク
▽愛知県犬山市の野生猪で豚コレラを確認、岐阜以外で初めて
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】年末年始はチャックアイ注力
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】ショープレ年明け以降下げか
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]25日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]25日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]25日
▽[資料]焼き豚製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]中華総菜製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)

2018年12月25日
▽[加工品仕向肉量・10月]国産、輸入の合計は3万9621t
▽日格協が新たな牛格付等級印を来年1月から使用、盗難事件対応で
▽18年食肉鶏卵課10大ニュース、大型経済連携協定動き出すなど
▽平成31年度農林水産関係予算は2兆4315億円
▽平成30年度第2次農林水産関係補正予算は5027億円
▽農水省平成31年度組織・定員、農林水産業の技術革新を推進
▽31年1〜3月期のJA全農配合飼料供給価格、500円値上げ
▽マルハニチロが業務用冷凍食品の値上げ発表、来年3月から
▽豪州の穀物生産見通しは干ばつにより大幅下降修正、小麦2千万t割れか
▽【東京食肉卸売市場】牛は落ち着く、豚は弱含み
▽【大阪市食肉卸売市場】牛は高値相場を維持、豚もちあい
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]21日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]21日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]21日
▽[資料]ベーコン製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]焼き豚製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[資料]都道府県別と畜頭数(10月)

2018年12月21日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(15)ウオショク ウオショク 社長 宇尾野隆
                             「グルメ志向に対応、雪室熟成が人気商材に」
▽[配合飼料生産量・10月]生産量3・3%増、出荷量3・6%増
▽プレス類以外の製品群がすべて増加—10月分の食肉加工品生産量
▽11月牛個体識別総頭数、全国頭数は前年比0・1%増
▽日本ハムがNTTデータなどと「スマート養豚プロジェクト」(下)
▽ニッポンハムグループがアンバサダー出演の新企業CMを放映
▽米久が来年1月15日から「富士山223キャンペーン」を実施
▽韓国農林畜産食品部に動物福祉政策チームを新設
▽【関西の輸入牛肉現物相場】ロイン系の好調続く、全体は鈍化傾向
▽中国におけるアフリカ豚コレラ、65〜67例目を確認
▽【ブロイラー現物相場】国産モモ続伸、ブラジル産強含み続く
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]20日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]20日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]20日
▽[資料]食肉加工品生産数量調査報告書(10月)

2018年12月20日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(14)下仁田ミート 下仁田ミート会長 上原正
                              「国産の強みを訴求、生産〜販売の一貫体制」
▽[肉類通関速報・11月]世界の輸入通関量は前年比1・0%減
▽地産地消推進フォーラムを3会場で開催、初回は北海道
▽日本ハムとNTTデータが「スマート養豚プロジェクト」の説明会
▽日本ハムがNTTデータなどと「スマート養豚プロジェクト」(上)
▽拡大豚コレラ疫学調査検討会、飼料が原因とは考えにくい
▽東京食肉市場が豚原皮価格を改定、1月5日と畜分から30円に
▽食肉生産技術開発センターが30年度発表会開催—来年2月15日に
▽名古屋食肉三水会が牛肉寄付事業の目録・感謝状贈呈式に出席
▽消費者庁12月物価モニター調査、豚肉ロースは前年比5・8%増
▽ [POSランク11月ベーコン]プリマ「新鮮使い切りハーフ」首位
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは荷動き鈍く、Fはベリーがタイト
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともにバラ除き荷動き鈍い
▽19年本紙関係団体の新年賀詞交歓会日程
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]19日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]19日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]19日
▽[資料]ベーコン製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)

2018年12月19日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(13)八幡平ポークグループ 八幡平ポークグループ組合長理事 阿部 正樹
                                  「熟成豚肉スタート、秋田ではリキッド給餌」
▽平成31年度農林水産関係予算は前年度比5・6%増、自民農林合同会議
▽[USDA需給予測12月公表]19年食肉生産総量は2・8%増
▽第3回名人会GCに森誠さん、宮畜産が単価3537円で購買
▽京都食肉市場枝肉共進会交雑の部で(株)日高見牧場が最優秀賞
▽茨城県の新ブランド豚肉「常陸の輝き」、来年度から本格的な生産
▽[事務所移転]全国酪農業協同組合連合会・25日付
▽[鶏肉輸入予測数量]11月、1月は減少、12月は増加の予測
▽テーブルマークが業務用冷凍食品の値上げ発表、来年4月から
▽[POSランク11月ソーセージ]日本ハム「シャウエッセン」首位
▽京都食肉市場が対マカオ輸出牛肉取扱施設に
▽【関西輸入副生物現物相場】ラージなどの引き合い強まる
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】今週3連休はロイン系が中心に
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】豪トリミングのオファー出始める
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]18日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]18日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]18日
▽[資料]ソーセージ製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)

2018年12月18日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(12)グローバルピッグファーム グローバルピッグファーム会長 赤地 勝美
                                    「フレッシュに強み、加工品、総菜にも注力」
▽岐阜県で豚コレラ5例目の患畜を岐阜県農業大学校で確認
▽日本ハム冷凍食品が年末会見、上期売上前年並み、通期増収見込む
▽牛豚関税の緊急措置は32年3月31日まで延長することが適当と答申
▽第40回手ノ子牛枝肉共進会を開催、食べておいしい肉牛生産を目ざす
▽プリマハムが「香薫当たってうれしい!キャンペーン」を実施中
▽大阪・第70回記念佐賀牛枝共、桑原畜産の最優秀牛を阪南購買
▽岐阜県可児市の岐阜県農業大学校における防疫措置を完了
▽岐阜県豚コレラ2例目に関する移動制限区域を解除
▽京都で1月22日に食肉情報出張講座開催—食肉消費総合センター
▽欧州議会が日EU・EPA承認、来年2月1日発効の見込み
▽吉川農相、31年度概算要求「財政当局と最終的な詰めの調整」
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]17日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]17日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]17日
▽[資料]ハム製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]ソーセージ製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)

2018年12月17日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(11)フリーデン フリーデン 専務取締役 小俣 勝彦
生産基盤強化図る、加工品の開発にも注力
▽食肉通信社18年10大ニュース、異常気象で食肉業界にも被害など
▽京都市場枝肉共進会和牛の部で鹿児島県のダイユー第一農場がGC
▽丸大食品が「仮面ライダージオウ フィッシュソーセージ」発売
▽11月の豪州産牛肉対日輸出数量は合計2万9107t
▽平成31年度畜産物価格記者説明会、望月食肉鶏卵課長が説明
▽[POSランク11月ハム]丸大食品「いつも新鮮ロースハム4連」首位
▽伊藤ハムが「子ども未来プロジェクト」実施—アジアの子供支援
▽全肉連加工研修会(上級)の募集は17日から—研修会は1月28、29日
▽日本ハムが自己株式を市場買い付けで取得し消却することを決議
▽畜産技術協が「超音波診断技術の生産現場での活用」研修会開催へ
▽【東京食肉卸売市場】牛高値続く、豚は上伸
▽【大阪市食肉卸売市場】牛は高値を保つか、豚このまま400円台
▽国分がシンガポールに低温食品物流の合弁会社設立
▽中国におけるアフリカ豚コレラ、63例目を確認
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]14日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]14日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]14日
▽[資料]ハム製品11月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[資料]30年10月分の食肉輸入通関実績(7)

2018年12月14日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(10)ミヤチク ミヤチク社長 有馬 慎吾
                            「オール宮崎結集し、寄り添い型の提案強化」
▽自民農林合同会議で畜産物価格など決議採択、畜産団体も謝辞
▽31年度肉用子牛保証基準価格、黒毛は前年度から19万円引き上げ
▽[牛マルキン10月]交雑種と乳用種で補填、肉専は発動せず
▽京都食肉市場がタイ向け牛肉輸出取扱施設に
▽30年度第2次補正予算、畜産クラスター事業は560億円
▽コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションでカナダフェア
▽[食肉家計調査・10月]豚肉への支出金額が20カ月ぶりに減少
▽アレルギー対応料理コン受賞作品のレシピ・動画公開ー未来財団
▽愛知県野鳥のふん便で低病原性鳥フル、農水省が都道府県に通知
▽【関西の輸入牛肉現物相場】バラ系需給安定、国産代替でロイン堅調
▽西日本地区豚枝共進会、佐賀県の柴田畜産が通算3度目の金賞に
▽【ブロイラー現物相場】国産モモ610円超、上昇基調強まる
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]13日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]13日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]13日
▽[資料]30年10月分の食肉輸入通関実績(6)

2018年12月13日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(8)ニチレイフレッシュ ニチレイフレッシュ取締役常務執行役員畜産事業部長 冨樫 幸男
                                    「『オメガ』一層拡大、RTC開拓に取り組む」
▽31年度畜産物価格ー保証基準価格、合理化目標価格は全畜種で上げ
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(9)ナンチク ナンチク社長 福田 博史
                           「生販一貫強化する、さらなる高み目ざして」
▽岐阜県関市の猪飼育施設における防疫措置が完了
▽平成30年度第2回国際獣疫事務局連絡協議会を19日に開催
▽ニチレイがインドの食肉マーケットプレイス運営企業に出資
▽住友商事がベトナムで食品小売事業を展開、今月中に1号店
▽欧州委員会、EU域内外での農畜産品販売促進のプログラム採択
▽丸大食品が「フィッシュソーセージ ミニオン」第2弾を新発売
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは軟調、Fはベリーなどタイト
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともにスソ物の荷動き鈍い
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]12日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]12日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]12日
▽[資料]外食産業市場動向調査(全店)
▽[資料]30年10月分の食肉輸入通関実績(5)

2018年12月12日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(7)JA全農ミートフーズ JA全農ミートフーズ専務取締役食肉事業統括本部長 中村 哲也
                                 「各地銘柄広く販売、アウトパックにも対応」
▽農場HACCP認証農場を水上畜産などを認証—中央畜産会
▽衆院農水委で平成31年度畜産関連対策について質疑
▽名古屋市場で肉牛枝肉共励会、宮崎県の重久義輝さんが市長賞
▽エバラ食品がしゃぶしゃぶのトレンド調査、外食中心に需要増
▽第3回姫路市共進会の名誉賞に佐賀の田中政弘さん出品牛選出
▽山形の高橋畜産食肉、グッドカンパニー大賞特別賞を受賞
▽サミットが川崎塩浜プロセスセンター開設、精肉の店内作業軽減図る
▽平成29年個別経営の営農類型別経営統計、養豚が増加
▽旺盛な食肉需要増により飼料需要が拡大—ミャンマー
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】テンダー品薄で相場上昇
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】豪2〜3月は早めの対応必要
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]11日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]11日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]11日
▽[資料]30年10月分の食肉輸入通関実績(4)

2018年12月11日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(6)ハンナン ハンナン原料2部マネジャー三木 健二
                           
「海外との信頼大切に、『エフメナール』を強化」
▽岐阜県における豚コレラの疑似患畜の確認、飼養猪で4例目
▽中国におけるアフリカ豚コレラ、61例目を確認
▽JA全農岐阜共進会、丸明が最優秀賞牛を単価1万2020円で落札
▽中国が豪州産大麦にアンチダンピング調査を開始、飼料供給に影響か
▽31年度畜産・酪農対策で畜産団体から要請—自民畜酪
▽アグロスーパーが年末恒例の謝恩会開催、関係業者に感謝伝える
▽牛肉の関税緊急措置の効果について議論—関税分科会
▽【関西輸入副生物現物相場】寒波の到来で鍋物需要も本格化の兆し
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]10日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]10日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]10日
▽[資料]中国におけるアフリカ豚コレラの発生状況
▽[資料]30年10月分の食肉輸入通関実績(3)

2018年12月10日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(5)エスフーズ エスフーズ国内ポーク事業部長 出田 純治
                            
「年間30万頭体制へ、自社銘柄「ゆめの大地」
▽和牛大手の杉本本店Gが経産肥育牛の新ブランド「樺姫牛」の発売を開始
▽梅の花が焼き肉店の展開を発表—南州農場Gなどと合弁会社を設立
▽[畜産物卸売価格・11月]全国と畜頭数は豚1・2%減、成牛1・7%減
▽吉川農相、岐阜豚コレラ3例目「県との連携を強化」
▽京都公取協が講習会および意見交換会—食品表示制度などを学ぶ
▽生産者自ら「博多和牛」の魅力をPR、博多阪急主催の人気料理教室で
▽MLA、ことしも「AreYou ゲンキ?」冬のキャンペーンを実施
▽中国におけるアフリカ豚コレラ、60例目を確認
▽【東京食肉卸売市場】牛は強もちあいか、豚は強含み
▽【大阪市食肉卸売市場】牛今週から活発化、豚は前週並みの推移か
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]7日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]7日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]7日
▽[資料]畜産物卸売価格の推移(11月)
▽[資料]年末・年始業務(市場業務)
▽[資料]年末・年始業務(と畜業務)

2018年12月7日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(4)スターゼン スターゼン常務取締役兼スターゼン販売社長 横田 和彦
                             「『氷感熟成』が好調、賞味期限延長取り組む」
▽全農岐阜県本部が共進会の褒賞授与式を中止—豚コレラ発生で
▽ニチレイフーズが業務用商品などの値上げを発表、来年3月から
▽11月豪州産対日輸出量、牛肉は12・8%増の2万9107t
▽CPTPPの発効を控え、カナダ大使館がカナダビーフセミナー
▽[鶏肉需給動向・10月]推定出回り量は前年同月比3・1%増
▽【12月の市況見通し】(6)素牛
▽信州和牛出荷組合の肉牛枝共励会、GCは(有)河野牛豚肉店が購買
▽神戸市場でしまね和牛枝共開催、島根農場が最優秀受賞
▽イオンリテールがTPP発効を見込んでステーキの価格を改定
▽中国で「中国統計年鑑2018」発行、生産量などを遡り大幅修正
▽[関西の輸入牛肉現物相場]ポイント高止まり、ロイン系は堅調
▽【ブロイラー現物相場】国産モモ600円超、タイ産下げ止まり
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]6日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]6日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]6日
▽[資料]中国における高病原性鳥インフルエンザの発生状況

2018年12月6日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(3)プリマハム プリマハム常務取締役食肉事業本部長 矢野 雅彦
                            「今期は国産豚伸長、輸入豚カナダ産増加」
▽岐阜・畜産研究所で3例目の豚コレラ発生
▽[全国の食肉推定在庫・10月]全在庫は前年同月比2・4%増
▽山形セレクション、チャンピオン牛を単価5501円で福寿館落札
▽東北牛匠会枝肉共進会、名誉賞は単価3887円で丸市が落札
▽自民畜酪小委、畜産物価格および畜産関連政策を議論
▽[牛肉需給動向・10月]推定出回り量は前年同月比10%増
▽平成29年度肉用牛生産費、子牛は前年度に比べ4・0%増
▽JAえひめアイパックスが香港向け豚肉輸出選定施設に
▽[豚肉需給動向・10月]推定出回り量は前年同月比4・9%増
▽JA全農ミートフーズ和牛フェア開催
▽自民農林合同会議、30 年度第2次補正予算事項を提示
▽【12月の市況見通し】(5)鶏肉・内臓肉
▽農水省豚コレラ対策本部、対応方針追加
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは軟調、Fは引き続きベリー締まる
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cはスソ物の荷動き鈍る、Fは荷余り感も
▽加古川中畜共励会、加古川最大級の今大会の最優秀は川岸さん
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]5日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]5日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]5日

2018年12月5日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(2)伊藤ハム 伊藤ハム常務取締役食肉事業本部事業本部長 山口 研
                           「変化へ柔軟に対応、価値あるブランド展開」
▽神戸肉枝肉共励会の名誉賞を宮田さんが受賞、スターゼン購買
▽平成31年度の畜産物価格の議論開始—畜産部会
▽10月牛肉輸出は316tで前年比16%増、単価7093円
▽野島さん出品牛が大臣賞受賞し浜松ハム落札—静岡畜産共進会
▽川口食肉荷受(株)肉牛枝共、最優秀賞は4158円で下山畜産(株)購買
▽全国食肉公取協、お肉の表示ハンドブック19年版作成に向け検討
▽さいたま市場和牛枝共、名誉賞に長谷川牧場、ムサシノミート購買
▽丸大食品が「アイカツフレンズ!フィッシュソーセージ第3弾」
▽[豚肉調製品輸入通関・10月]シーズンドなど合計1万3316t
▽北海道和牛枝共、最優秀賞に寺井牧場、全農ミートフーズ購買
▽TPP発行やHACCPの義務化などー関西加工記者会の10大ニュース
▽岐阜県で発生した豚コレラ2例目に関する搬出制限区域を解除
▽黒毛和種の交配割合第3四半期、全国は前年同期比1・1%減
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米チャックアイ1月まで高止まり
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】豪産相場高騰で在庫タイト
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]4日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]4日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]4日

2018年12月4日
▽【連載・豚肉サプライヤーのブランド戦略】(1)日本ハム 青砥紘之部長、高橋正人部長代行、八島史明部長
                      
「国産は麦小町中心、輸入もブランド比率増」
▽10月の豚肉輸入通関、スペインはC、F合計で9556t
▽ミートデリコン全国大会、大臣賞に秋田県・奈良華代さん輝く
▽「とちぎの食肉まつり」に1万1千人来場、「とちぎ和牛」などPR
▽全国百貨店10月売上高は4717億円、食品17カ月ぶりに増加
▽【12月の市況見通し】(4)国産豚部分肉、輸入豚肉
▽東冷倉が年末懇談会、人材育成に向けた活動に力入れる方針示す
▽カーギル社がタイの鶏肉事業等に7千万米ドルを投資
▽福岡市場の九州産肉牛枝共、高崎畜産が4年ぶり通算2度目の金賞
▽エスフーズがミートフェアを開催、211頭を出品
▽【関西輸入副生物現物相場】鍋物需要徐々に、白物中心に強もちあい
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]3日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]3日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]3日
▽[資料]30年10月分の食肉輸入通関実績(2)

2018年12月3日
▽[食肉流通統計・10月]豚と畜頭数は前年比5・1%増
▽ウルグアイ向け牛肉の輸出条件を合意、吉川農相も期待
▽[鶏ひなふ化羽数・10月]ブロイラー用餌付け羽数は4・3%増
▽[官報告示]10月時点でSG発動なし、冷凍牛肉は77%消化
▽[鶏肉輸入通関10月]計5万4千tで6%減、タイは増加
▽[都内輸入食肉在庫・10月]牛肉在庫は前年同月比40・5%増
▽新宿さぼてん、スペイン産新ブランド豚使用「SaboRED」新発売
▽[ソーセージ輸入10月]合計3150t、米国が4割強の大幅増
▽[鶏肉調製品輸入10月]初の5万t超え、タイと中国2割増
▽大阪・鹿児島牛枝共最優秀に2年連続畠久保牧場、丸和が購買
▽全肉連産地販売事業島根県開催ー神戸でしまね和牛を販売
▽牧舎みねむらが畜産製品への農場HACCP認証マーク貼付け許諾
▽関税分科会、牛肉関税の緊急措置は適用期限の1年延長が適当
▽10月の豚肉輸入通関、スペインはC、F合計で9556t
▽調査対象区域外の野生猪が豚コレラ陽性、自民党でも対策協議
▽【東京食肉卸売市場】牛は年末手当て本格化か、豚は400円台
▽【大阪市食肉卸売市場】牛引き合いが強い、豚の大幅な高値はない
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]11月30日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]11月30日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]11月30日
▽[資料]30年10月分の食肉輸入通関実績(1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする