食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

速報 2019年6月

2019年6月28日
▽[食肉輸入通関5月]牛10・3%減、豚5・2%増、鶏1・2%減
▽三重県いなべ市で捕獲された野生猪2頭で豚コレラ陽性
▽あか毛和牛認定農場枝肉販売促進会、7月6日にアグリス・ワンで開催
▽[牛肉輸入通関・5月]チルド7・2%減、フローズン12・9%減
▽家畜改良事業団が総会、新たに副理事長に鴨川氏、専務に松尾氏
▽プリマハムの定時株主総会に258人出席、全決議事項を承認
▽農場HACCP認証農場を新たに3農場を認証—中央畜産会
▽日本U12野球チーム世界大会に出場、スターゼンがスポンサーに
▽スターゼンが第80回定時株主総会、全議案を原案どおり承認
▽[豚肉輸入通関・5月]計8万4467tで前年同月比5・2%増
▽京都府生衛組合の総会で木村昌彦氏を新理事長に選出
▽京都府食肉公取協総会で吉岡浩人氏が新会長に就任
▽【関西の輸入牛肉現物相場】チルドはG20以降の需給の伸びが不透明
▽米久がレンジ調理の新商品、「厚切りベーコン」や「鶏もも焼き」など
▽【ブロイラー市中現物相場】国産ムネ強含みか、輸入強もちあい
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]27日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]27日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]27日
▽[資料]2019年5月分の食肉輸入通関実績(1)

2019年6月27日
▽和牛遺伝資源の流通管理で中間取りまとめ、記録・保管の義務化など
▽[牛・豚・鶏肉需給予測]7月生産量は牛前年並み、豚・鶏は増加
▽日本ハムが第74回定時株主総会を開催
▽丸大食品が花火モチーフに7商品を季節限定パッケージで発売
▽伊藤ハム米久HDが譲渡制限付株式報酬として自己株式処分
▽食肉流通センターで研修会、一般衛生管理について講演
▽岐阜県で発生した豚コレラ(国内24例目)に関する移動制限を解除
▽ミヤチク都農工場がタイ、マカオ向け輸出牛肉取扱施設に
▽【人事異動】スターゼングループの(株)ニックフーズ6月21日付
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは比較的堅調、Fはベリー除き鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cは全体的に鈍く、Fは加工原料の手当ても
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]26日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]26日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]26日
▽[資料]焼き豚製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[社告]「数字でみる食肉産業2019」好評発売中

2019年6月26日
▽【7月の市況見通し】(1)6月畜種別の概況
▽東京食肉市場が株主総会、小川社長ら再任、30年度総取扱額前期上回る
▽【人事異動】東京食肉市場(株)(7月1日付)、大動物事業部を組織変更
▽安全な対応には「単純化」が必要ー食物アレルギー講演会
▽外食産業市場動向調査5月、焼き肉はGWのファミリー需要が好調
▽「ポールウインナー」85周年を記念キャンペーン—伊藤ハム
▽吉川農相、豚コレラ27例目「野生動物対策が欠けていた」
▽ロック・フィールドの19年4月期決算は客数減少などが影響し減収減益
▽[POSランク5月ベーコン]プリマ「新鮮使い切りハーフベーコン」首位
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米バラ系品薄、焼き材も好調
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】米ショープレ、チャックE上昇
▽イオンG・光洋が独自の総菜「Meatデリ」を阪急高槻店に導入
▽丸大食品が「あらびきウインナー ミニオン」第3弾新発売
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]25日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]25日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]25日
▽[資料]ベーコン製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)

2019年6月25日
▽ちくさんフードフェア第1回実行委員会、新たに動検も出店
▽さいたま食肉市場が株主総会、平成30年度取扱実績計8251t
▽食肉協会が総会、11月に京都で全国会議へ、各地のヒット商品テーマ
▽日本ハムら4社が食物アレルギー講演会・試食会を開催
▽全国食肉学校が卒業記念感謝祭、牛、豚、加工品など安価で提供
▽岐阜県関市で豚コレラの疑似患畜を確認、国内27例目
▽6月米牛飼養は1174万頭、5月導入は206万4千頭
▽[JCA・5月]牛肉、鶏肉の動きは良好だが豚肉は苦戦
▽【関西輸入副生物現物相場】タンなど一部商材除き相場は弱もちあい
▽[日本食肉流通センター市況」
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]24日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]24日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]24日
▽[資料]ベーコン製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[社告]「2019数字でみる食肉産業」好評発売中

2019年6月24日
▽[加工品仕向肉量・4月]国産、輸入の合計数量は3万9570t
▽吉川農相、岐阜県でも豚コレラに関する早期出荷促進対策を実施
▽JA全農の7〜9月期の配合飼料供給価格、約400円値下げ
▽[POSランク5月ソーセージ]日本ハム「シャウエッセン」首位
▽ハムソー組合東海支部、役員選出では常務理事に千葉尚登氏
▽[配合飼料生産量・4月]生産量6・0%増、出荷量5・9%増
▽この人に聞く ジェイソン・ストロングMLA新社長(下)「日本市場を理解し、消費者の変化に対応するアプローチ行う」
▽[JSA5月]牛肉と鶏肉が好調、一方で加工肉は不調
▽デンマークからの家禽肉等の一時輸入停止措置を解除
▽【東京食肉卸売市場】牛はもちあいからやや弱含み、豚は急落も
▽【大阪市食肉卸売市場】開市少なく強気へ、G20で木曜から休市に
▽伊藤ハムが「ラブキティ ポークウインナー」夏パッケージ展開
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]21日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]20日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]21日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]21日
▽[資料]ソーセージ製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[社告]「2019数字でみる食肉産業」好評発売中

2019年6月21日
▽この人に聞く ジェイソン・ストロングMLA新社長(上)「日本の消費者により良い製品を供給していくことに焦点」
▽業務用健闘か半年ぶりに増加—4月分の食肉加工品生産量
▽スターゼンが三井物産、中国企業の3社で畜水産合弁会社設立
▽オークワ6月21日付・役員人事
▽日本ハム・ソーセージ工業協同組合関東支部総会、竹内支部長を再任
▽和牛マスター食肉Cが豪、加、ウ国、ア国4カ国の牛肉輸出施設に
▽山形県沖を震源とする地震、畜産関係は20日時点で被害なし
▽ウェールズの貿易使節団来日、同国産の牛肉・羊肉をアピール
▽全国肉用牛振興基金協が総会、確実な生産基盤強化へ事業実施
▽流通標準化システム協が総会、今後も物流システムの改善など注力
▽5月牛個体識別、全国頭数はほぼ前年同月並みの385万1056頭
▽【関西の輸入牛肉現物相場】チルドは大阪サミットの影響危ぐ
▽流通センターが研修会、「食品衛生」について講演、締切迫る
▽【ブロイラー市中現物相場】国産モモジリ安、ムネもちあい続く
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]20日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]20日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]20日
▽[資料]食肉加工品生産数量調査報告書(4月分)

2019年6月20日
▽全肉生連60周年記念全国大会、250人参集しさらなる発展誓う
▽中畜定時総会、井出代表理事「会員と連携しながら諸問題に対応」
▽全肉生連が通常総会、肥後会長を再任、新副会長に大原氏
▽食鳥協会が総会、ムネ肉などさらなる消費拡大の仕掛けづくりへ
▽6月物価モニター調査、豚肉ロースは前年同月比6・5%高
▽日本ハンバーグ・ハンバーガー協会定時総会、理事改選では宮下会長ら再任
▽[肉類通関速報・5月]肉全体の輸入通関量は前年同月比2・0%減
▽新潟県で最大震度6強、山形県でも最大震度6弱
▽「World Travel アンティエ」第2弾—日本ハム
▽[POSランク5月ハム]丸大食品「いつも新鮮ロースハム」首位
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cはロイン中心に堅調、Fはもちあい
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともに全体的に相場が下げ基調
▽[鶏肉輸入予測数量]5月は減少、6、7月は増加の予測
▽和牛マスター食肉センターが香港牛肉輸出選定施設に
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]19日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]19日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]19日
▽[資料]ソーセージ製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[資料]ハム製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[社告]「2019数字でみる食肉産業」好評発売中

2019年6月19日
▽和牛遺伝資源の流通管理検討会、家畜改良増殖法を改正すべきと意見
▽日格協が第45回定期総会開催、新会長に大野高志氏を選任
▽名人会枝研、最優秀賞に新ひだか町和牛センター、ミヤミート購買
▽[USDA需給予測6月公表]20年食肉生産総量は1・4%増
▽[ALIC19年度上半期食肉販売動向調査](2)
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】米国産ボンショー下げ
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米ストリップなど上げ
▽乳用牛への黒毛和種の交配状況第1四半期、全国は前年同期比1・6%増
▽吉川農相、日米貿易交渉「早期成果は日米双方で一致している」
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]18日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]18日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]18日
▽[資料]ハム製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[資料]延べ人口授精頭数に占める黒毛和種精液授精頭数の割合
▽[社告]「2019数字でみる食肉産業」好評発売中

2019年6月18日
▽和牛マスター食肉センターが米国へ神戸ビーフを初輸出
▽豚コレラ国内16例目に関する搬出制限を解除
▽食肉販売と小規模な処理業HACCP手引書、厚労省HPに公開
▽食肉流通センターの五十嵐太乙専務理事が退任、新たに高柳充宏氏
▽[役員異動]群馬県食肉卸売市場の新社長に萩原氏、専務に山口氏
▽豚コレラ(国内24例目)に関する搬出制限を解除
▽ハイライフポーク・テーブルで「父の日BBQランチ」を開催
▽(有)山野商事が豚肉で農場HACCP認証マーク
▽[ALIC19年度上半期食肉販売動向調査](1)卸売業者の仕向け先別販売割合、和牛は約5割が量販店・食肉専門店向け
▽大阪府食肉公正取引協議会が総会、31年度の事業計画などを決定
▽京都丹波牧場社長、京都肉牛流通推進協議会会長の平井一三氏が逝去
▽【関西輸入副生物現物相場】引き合いは弱く、相場は弱もちあい
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]17日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]17日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]17日
▽[資料]スーパーマーケット販売統計調査(4月)
▽[資料]鳥インフルエンザの発生状況
▽[社告]「2019数字でみる食肉産業」好評発売中

2019年6月17日
▽吉川農相、豚コレラ感染拡大防止対策「まず飼養衛生管理基準の順守]
▽「豚コレラに負けるな!イノシシフェア」を開催—東海農政局
▽福岡食肉市場の2018年度決算、和牛2桁増が寄与し牛頭数7%増に
▽【役員人事】福岡食肉市場、山本常務、津田取締役2氏が昇格
▽ICTなど先進技術の活用で生産基盤の強化を—九州農政局がMTを開催
▽宝幸が新商品発表会、時短ニーズに対応した自然解凍の焼売など
▽農場HACCP認証農場を新たに9農場認証—中央畜産会
▽[本社移転]スターゼンミートプロセッサー(株)(6月17日)
▽全国開拓振興協会が総会、生産基盤強化事業は助成増額し支援
▽全日本開拓者連盟が総会、米国との貿易交渉に強い危機感
▽畜産副産物協が総会、田島実会長退任し、上田忠典氏が新会長に
▽「2020年ドバイ国際博覧会」の日本館公式ウェブサイトを公開
▽【東京食肉卸売市場】和牛はもちあい、豚は底堅い
▽【大阪市食肉卸売市場】和牛弱気配目立つ、豚は600円中心
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]14日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]14日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]14日
▽[資料]外食産業市場動向調査4月・全店時系列データ
▽[資料]アフリカ豚コレラの発生状況
▽[社告]「2019数字でみる食肉産業」好評発売中

2019年6月14日
▽30年度食品産業取引慣行の実態調査、消費税引き上げで不当な要請は0・2%
▽愛知県食肉公取協と生衛組合が合同で通常総会を開催
▽スターゼンが食肉加工卸販売の(株)ナカガワフーズと業務提携
▽韓国の18年農家経済調査、農業所得28・6%増加だが負債も増
▽[新刊紹介]和田秀樹著「脳のため光を浴びよ 肉を食べよう」
▽第4回和牛遺伝資源の流通管理に関する検討会を開催
▽[POSランク4月その他]共栄食肉「味付ロースジンギスカン」が首位
▽【関西の輸入牛肉現物相場】チルド引き合い悪いがスソ物はひっ迫
▽【ブロイラー市中現物相場】国産モモジリ安、輸入若干強含み
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]13日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]13日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]13日
▽[資料]その他加工肉製品4月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]31年4月分の食肉輸入通関実績(7)
▽[社告]「2019数字でみる食肉産業」好評発売中

2019年6月13日
▽愛知県における豚コレラの疑似患畜を確認、国内26例目
▽月齢制限の廃止に伴う輸入牛肉などの取扱一部改正で通知—厚労省
▽食肉流通センター卸売協の理事長に(株)コーシンの三留晃社長が就任
▽全国食肉学校が総会、大澤理事長ら再任、新たにHACCP指導も
▽讃岐牛・オリーブ牛振興会総会、上程された議案をすべて承認
▽フリーデンやまと豚・やまと豚の骨付きハムITIで三つ星受賞
▽第8回お肉検定11月10日に全国6会場で実施へ、申込受付開始
▽ボードビアがフォーラム、アイルランド産食肉の対日輸出強化を促進
▽「令和元年度品質管理担当者講習会」を7月に開催—食肉科研
▽令和元年度第1回国際獣疫事務局(OIE)連絡協議会を開催
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cはロイン中心、Fはもちあい
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cはモモなど除いて鈍い、Fはバラに動き
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]12日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]12日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]12日
▽[社告]「2019数字でみる食肉産業」好評発売中

2019年6月12日
▽牛マルキン4月、肉専は山梨のみ交付、乳用種は3万8722・1円/頭
▽サンキョーミート(株)有明ミート工場が香港豚肉輸出選定施設に
▽アイルランド食糧庁・日本担当マネージャー・ジョー・ムーア氏にきく「日本事務所開設、牛肉中心に積極的なプロモーションを予定」
▽日本ハム冷凍が前期の概況を説明、弁当カテゴリーは好調
▽農水省が「食かけるプロジェクト」を開始、日本食の需要拡大へ
▽大塚食品が「ゼロミート」ブランドのソーセージタイプを新発売
▽伊藤ハムが日本で初めてウルグアイ向け和牛輸出を行う
▽日本養豚協会が通常総会、豚コレラからの経営再開に向け緊急決議
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米国産はチャックアイ下落
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】豪在庫増も相場下がらず
▽宮城県食肉生衛組合、同事業組合が通常総会、上程全議案を承認
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]11日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]11日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]11日
▽[資料]31年4月分の食肉輸入通関実績(6)

2019年6月11日
▽日本食肉協議会が総会、中須会長、副会長の4氏いずれも再任
▽令和元年度「農業技術功労者表彰」における候補者を募集開始
▽豚コレラ国内25例目の防疫措置が完了、殺処分頭数は7415頭
▽名古屋食肉市場の新社長に前中村区長の窪田昌直氏が就任
▽全肉連が事務局研修会、今年度のHACCPと食育推進事業説明
▽(株)イモトが「山科 肉のイモト創業100周年記念祝賀会」挙行
▽[畜産物卸売価格・5月]全国と畜頭数は豚7・2%減、成牛6・6%減
▽豚コレラ現行対策に警鐘、期間・地域限定ワクチン実施を—JASV
▽豪州のフィードロット飼養頭数11・7%増、過去最高を記録
▽【関西輸入副生物現物相場】全般的に弱もちあい
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]10日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]10日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]10日
▽[資料]その他加工肉製品4月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[資料]畜産物卸売価格の推移(5月)
▽[資料]31年4月分の食肉輸入通関実績(5)

2019年6月10日
▽ワクチン含む豚コレラ対策について議論—牛豚等疾病小委
▽農水省豚コレラ防疫対策本部、早期出荷促進対策を確実に実行
▽日本ハム・ソーセージ工業協同組合関西支部が通常総会を開催
▽一口サイズのから揚げ「からころちゃん」日本ハムが新発売
▽[ソーセージ輸入4月]3420tで3割増、中国急増し1千t超
▽[鶏肉調製品輸入4月]4万8千tで8%増加、タイが2割弱増
▽【6月の市況見通し】(5)鶏肉・内臓肉
▽【6月の市況見通し】(6)素牛
▽全肉連と島根肉連のしまね和牛販売会令和第1回を神戸で開催
▽[食肉家計調査・4月]豚肉の購入量が22カ月ぶり減少に
▽カナダの国際貿易多様化大臣が来日、カナダ大使館でレセプション
▽[調理食品支出金額・4月]支出金額は前年同月比6・6%増
▽【東京食肉卸売市場】交雑牛は引き続き堅調、豚は高値もちあい
▽【大阪市食肉卸売市場】牛休市見込み高値、豚は急伸受け高値継続
▽米国産牛肉、新プログラム移行まで従前の衛生証明書も受け入れ
▽吉川農相、「新たな政策課題として輸入国規制への対応強化」
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]7日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]7日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]7日
▽[資料]31年4月分の食肉輸入通関実績(4)

2019年6月7日
▽和牛遺伝資源の流通の適正化案を了承—自民畜酪対策委
▽5月豪州産対日輸出量、牛肉は13・9%減の3万831t
▽仙台牛共進会、チャンピオン牛はキロ単価5008円でミヤミート購買
▽日本食肉市場卸売協会が定時総会、役員改選では杉本会長ら再任
▽[肉豚出荷予測]7〜9月は平年並み、11月は平年比3%減
▽ブラジルの主要穀物生産状況調査、とうもろこしは単収が回復
▽【6月の市況見通し】(4)国産豚部分肉、輸入豚肉
▽[鶏肉需給動向・4月]推定出回り量は前年同月比1・8%減
▽【関西の輸入牛肉現物相場】チルドはポイントに荷余り感
▽【ブロイラー市中現物相場】ムネ強含みか、輸入少しずつ上昇
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]6日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]6日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]6日
▽[社告]「2019数字でみる食肉産業」好評発売中

2019年6月6日
▽[全国の食肉推定在庫・4月]全在庫は前年同月比5・1%増
▽4月牛肉輸出は364tで前年比34%増、単価6856円
▽米久の中元ギフト、「つきぢ田村三代目田村隆監修シリーズ」新発売
▽岐阜県山県市で豚コレラの疑似患畜を確認、国内25例目
▽[牛肉需給動向・4月]推定出回り量は前年同月比5・9%増
▽メープルリーフフーズ社「大麦仕上三元豚」がiTiで「三ツ星」獲得
▽日本畜産物輸出促進協が「FOODTAIPEI2019」に出展
▽ハンバーグやデザートギフト充実—丸大食品中元ギフト(3)
▽第30回牛豚等疾病小委員会を開催、豚コレラの発生対応状況など議題
▽[豚肉需給動向・4月]推定出回り量は前年同月比3・7%減
▽[豚肉調製品輸入通関・4月]シーズンドなど合計1万8054t
▽食物アレルギー配慮レシピ第2弾を発表—食品メーカー4社協同
▽【6月の市況見通し】(3)輸入牛肉・豚枝肉
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cはロイン系など堅調、Fはベリー締まる
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cは全体的に鈍る、Fはもちあい
▽神戸中畜が株主総会を開催、常務取締役に三谷営業部長を選任
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]5日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]5日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]5日

2019年6月5日
▽OIE総会、熊谷動物衛生課長がアジア太平洋地域委の議長に
▽講談師・桂五郎梅招き、かずさ和牛調理実演と試食盛況—農水省
▽吉川農相「農水省に輸出促進を担う司令塔組織を創設」
▽【6月の市況見通し】(2)牛枝肉・牛部分肉
▽「大阪産(もん)名品」認定の焼き豚など展開ータケダハム中元
▽SRSHD3月期決算は2期連続の増収増益
▽「伝承献呈 うす塩仕上げ」減塩で特級JASー伊藤ハム中元ギフト(3)
▽オリンピック応援特別デザインハムギフトも|丸大食品中元(2)
▽[社長交代]上田弘嗣氏が新社長に|原皮の前田良商店
▽広島食肉3団体が合同で総会、食肉関連制度順守協議会も実施
▽米国とうもろこし生産量は前年度比4・2%増の見込み
▽ラムバサダーがラム肉の魅力提案、ライトユーザーも順調に増加
▽食肉流通センターが研修会開催、「食品衛生」について講演予定
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米ショープレの引き合い強い
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】豪生産量増え、在庫増を期待
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]4日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]4日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]4日

2019年6月4日
▽【6月の市況見通し】(1)5月畜種別の概況
▽幅広い品ぞろえで2%増以上目ざす—丸大食品中元ギフト(1)
▽[鶏ひなふ化羽数・4月]ブロイラー用え付け羽数は6・9%増
▽吉川農相、豚コレラ対策「愛知県で早期出荷を促進」
▽[食肉流通統計・4月]豚と畜頭数は前年比2・9%増
▽「伝承」価格対応幅強化でセット数10%増目ざすー伊藤ハム中元ギフト(2)
▽世界の穀物需給予測、とうもろこし生産量は1・3%増—米国農務省
▽[POSランク4月洋総菜]日本ハム「石窯工房マルゲリータ」首位
▽【関西輸入副生物現物相場】焼き材関連商材中心に強もちあい
▽丸大食品が「シェフの匠カレーシリーズホットキーマ」発売
▽北海道畜産公社十勝工場総合食肉流通Cが米国向け輸出牛肉施設に
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]3日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]3日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]3日
▽[資料]洋総菜製品4月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]31年4月分の食肉輸入通関実績(3)

2019年6月3日
▽セット数前年比100%以上目標にー伊藤ハムの19年中元ギフト説明会(1)
▽日本食肉輸出入協会が総会、新会長に小穴裕氏(双日食料(株))を選任
▽[税関公表4月]冷凍牛肉が4万1408tで消化率39・3%
▽農水省消費者の部屋で食育週間、4日に食肉で講談と調理実演
▽[鶏肉輸入通関4月]ブラジル1%減、タイ15%減で前年割れ続く
▽4月の豚肉輸入通関、スペインはC、F合計で1万3015t
▽[都内輸入食肉在庫・4月]牛肉は入出量増加、豚肉は前月から微減
▽丸大食品「仮面ライダージオウフィッシュソーセージ第4弾」
▽和牛マスター食肉センターがシンガポール輸出食肉取扱施設に
▽スターゼン夏の新商品・リニューアル品、味付けホルモンなど10アイテム
▽[人事異動]スターゼン(7月1日付)
▽シンガポール向け畜産物が輸出解禁、豚肉製品は日本ハムFC長崎工場など認定
▽ライフが「Prime Now」に食品スーパーとして国内初出店
▽京都市食肉組合が総会で吉岡浩人理事長の再任を決定
▽西川理事長、岡山理事長を再選する—滋賀食肉2団体が総会開催
▽日本ハムが「シャウエッセン ホットチリピザ」を期間限定発売
▽【東京食肉卸売市場】週前半は和牛堅調、豚は600円絡み
▽【大阪市食肉卸売市場】交雑牛は高値安定、豚は入荷安定し弱もちあい
▽近商ストアが5年ぶり新規出店、東大阪に新業態で
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]5月31日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]5月31日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]5月31日
▽[資料]31年4月分の食肉輸入通関実績(2)

◆行政・統計

台風19号被害状況、家畜12万2,573頭羽、畜産用施設43件

台風19号被害状況、家畜12万2,573頭羽、畜産用施設43件

 農水省が18日現在で公表した台風19号被害状況によると、被害数は家畜が12万2,573頭羽(被害額3千万円)、畜産用施設が43件(8千万円)、農業・畜産用機械が1件(2千万円)にのぼっている。林野、水産を合わせた農林水産全体の被害額は38...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

微増ながら2カ月連続の伸び—8月分の食肉加工品生産量

微増ながら2カ月連続の伸び—8月分の食肉加工品生産量

 日本ハム・ソーセージ工業協同組合はこのほど、令和元年8月分の食肉加工品生産量を発表した。それによると、全体の生産量は4万6,197t(前年同月比0.5%増)とわずかながら増加した。ことしに入って減少傾向が続いていたが、ここへきて2カ月連続...
More

◆製品

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

神戸市西部市場銘柄和牛共、単価1万5円の史上最高値で落札

 第10回神戸市西部市場銘柄和牛共進会(同実行委員会主催)が11日、神戸市中央卸売市場西部市場で開催された。同共進会実行委員会は今回、節目の10回大会とあって、兵庫県および神戸市の食肉産業のさらなる発展と振興に資するため、関係各社と協力し、...
More
Return Top