食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

数字でみる食肉産業2020

年鑑

全国主要企業養豚アンケート調査票

大型企業養豚アンケート調査ご協力のお願い

株式会社食肉通信社

関係各位         

 弊社発行の『週刊 食肉通信』では毎年恒例となっております“豚肉”をテーマとした特集号の発行を予定しております。このうち全国の主要養豚企業一覧につきましては、2005年から本特集と合わせて継続的に調査、掲載しているもので、企業養豚の生産動向の定点観測として豚肉の流通・販売関係者から高い評価をいただいております。今回もおおよそ母豚約1000頭以上保有の養豚企業を対象にアンケートをお願いいたしております。

 つきましては企画趣旨をご理解いただき、下記アンケートにご協力いただきたくお願い申し上げます。

※ご回答いただきました企業様には、後日掲載誌を送付させて頂きます。

基本項目

社名/部署【※必須項目】
ご記入者【※必須項目】
所在地【※必須項目】
電話番号【※必須項目】
メールアドレス【※必須項目】

アンケート調査

問い1 貴社(グループ)の従業員数および繁殖母豚保有頭数は何頭ですか。
○従業員数(直営・グループ含む)【※必須項目】

 人 

○直営農場での保有頭数【※必須項目】

 頭 

○グループ・契約農場での保有頭数【※必須項目】

 頭 

○全体での保有頭数【※必須項目】

 頭 

問い2 貴社(グループ)の総飼養頭数は何頭ですか【※必須項目】

 頭 

問い3 貴社(グループ)の年間出荷頭数は何頭ですか。【※必須項目】

 頭 

問い4 貴社(グループ)の生産地域(都道府県)はどこですか。(複数回答可)【※必須項目】

問い5 貴社(グループ)の主要取引先の食肉卸売企業または小売企業を教えてください(上位3社)

問い6 貴社(グループ)が生産に力を入れている品種は何ですか。(複数回答可)【※必須項目】

問い7 貴社(グループ)の銘柄・ブランドとその特徴をお聞かせ下さい。

 銘柄の名称   その特徴 

問い8 貴社(グループ)は向こう1~2年間で生産能力を増強する計画がありますか。

繁殖母豚頭数を    頭 増加する 
肥育頭数を    頭 増加する 


○ないと答えた方

問い9 日格協が昨年から豚肉の脂肪交雑(PMS)基準を作成、導入するなど輸入豚肉との差別化を図るため、国産豚肉の「霜降り」化が提唱されています。豚肉を取り巻く、こうした潮流については生産者の視点からどのように考えていますか。

○その理由について

問い10 2018年9月に国内で発生した「豚コレラ」は、最初の発生事例から丸1年が経過した現在も収束の目処が立っていません。その理由の一つとしてワクチン接種の可否について関係者間でも判断が分かれていることにあります。ワクチン投与に対するメリット・デメリットを踏まえた上で、生産者の視点からは「国産全ての豚に対してワクチン接種するかどうかについて」どのように考えていますか。

○その理由について

問い11 豚コレラ対策、および総合的な防疫について貴社の取組を教えてください。

問い12 貴農場の人材確保、雇用対策についての現況、ご意見があれば教えてください。

ご協力ありがとうございました。

◆行政・統計

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

 農水省は、令和2年度補正予算により、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた和牛肉等の需要喚起を図るため、学校給食への提供や外食産業等への販売促進の取り組みを支援する「和牛肉等販売促進緊急対策事業」(予算額1,368億4千万円の内数)の事業...
More

◆トレンド

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除され、社会・経済活動が再開される動きにあるが、感染拡大のリスクと不安は残り、感染防止対策を講じた新しい生活様式や飲食店などの営業を含め、少しずつ進むとみられる。インバウンド需要も依然見...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top