食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

速報 2022年5月

2022年5月25日
▽5月の米フィードロット飼養頭数は2%増加し1196万頭
▽GOODGOODと牛1頭共同購入事業を開始ー日本青年会議所
▽2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事
▽【食肉加工メーカー社長インタビュー】米久 堀内朗久社長
  「EC直販一層強化、〝面白い〟冷凍食品開発」
▽日本冷凍食品協会が総会、大櫛顕也会長を再選
▽スターゼンG中元ギフト(下)、ミートギフト豊富なラインアップ
▽日本チェーンストア協総会、新会長にイトーヨーカ堂の三枝会長
▽伊藤ハム米久HDが剰余金の配当を発表
▽[POSランク4月ベーコン製品]「朝のフレッシュハーフ」首位
▽[都内輸入食肉在庫・4月]円安の影響で価格上がり在庫増
▽「博多の薫り」に夏限定「激激辛あらびきウインナー」—日本食品
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】6月はポイント、ナーベル下落か
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】ショープレ先物価格落ち着く
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]24日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]24日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]24日
▽[資料]ベーコン製品4月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年5月24日
▽改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを
▽米国で鳥フル発生、家禽肉等一時輸入停止措置講じる—農水省
▽スターゼンG中元ギフト(上)、テーマは「笑顔ひろがる夏の食卓」
▽【食肉加工メーカー社長インタビュー】 エスフーズ村上真之助社長
  「調理製品強化図る、『こてっちゃん」40周年』
▽「食かけるプライズ2022」募集開始—農水省
▽[訃報]中川清一氏(富山県肉連前会長、富山県食肉公取協会長)
▽石垣牛流通協議会が総会、植村会長「生産の優位性をおいしさに付加」
▽栃木県臓器協同組合が総会、事業計画では積極的な共同購入・共同販売
▽[POSランク4月ハム製品]「朝のフレッシュロースハム」が首位
▽[POSランク4月ソーセージ製品]「シャウエッセン」が首位
▽【関西輸入副生物現物相場】連休明けで需要鈍いが値崩れなし
▽[配合飼料生産量・3月]計212万3657tで前年並み
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]23日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]23日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]23日
▽[資料]ハム製品4月POS売れ筋品目ベストランキング月次
▽[資料]ソーセージ製品4月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年5月23日
▽豚肉マーケット展望ー600円超え相場続く、出荷減で輸入不安定
▽改正農林水産物・食品輸出促進法成立、GFP機能強化など追加
▽【食肉加工メーカー社長インタビュー】 スターゼン横田和彦社長
  「収益力強化テーマ、海外加工品も積極的に」
▽[肉豚出荷予測]第2〜3四半期が前年割れも、6月以降は平年以上
▽AW意見交換会「8種類の指針案」のパブコメ募集ー農水省
▽畜産局内「畜産農家への支援」Webページで現行の支援対策公表
▽日本食鳥協会関西支部通常総会を開催、井元氏が新支部長に
▽[鶏肉輸入予測数量]6月4万8400tで前年比13・1%増
▽[流通3団体販売調査4月]畜産品は買上点数が低迷した店舗が増加
▽京都食肉買参組合が通常総会、大西理事長含む全役員が留任
▽島根県内初の野生猪での豚熱発生、飼養衛生管理徹底呼びかけ
▽【東京食肉卸売市場】牛弱もちあい、豚は600円絡みか
▽【大阪市食肉卸売市場】和牛は弱基調推移、豚600円台維持する
▽エバラ決算説明、森村社長「肉まわり調味料群は過半数シェアめざす」
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]20日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]20日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]20日
▽[資料]3月分の食肉輸入通関実績(7)

 

2022年5月19日
▽肉用牛の枝肉成績が予測可能にー近畿大研究G「AIビーフ」開発(上)
▽【食肉加工メーカー社長インタビュー】 プリマハム千葉尚登社長
  「全商品ブランド化、10年後を意識し投資」
▽5月の食品価格動向調査、国産牛は前月比6円高、輸入牛は1円安
▽日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ
▽カナダポークのシアーズ氏、クリステンセン氏が来日
▽日本ハムが「キッザニア福岡」にソーセージ工場パビリオンを出展
▽「ホルモン千葉梅田店」開店、合わせて焼き肉の通販も開始
▽東京都食肉2組合総代会、宮本理事長「課題解決にスピード感もち対処」
▽牛の細菌性肺炎に速効性と効果持続性、ワンショット製剤全国展開
▽【関東の輸入豚肉現物相場】C国産へのシフトも、Fは上昇基調
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともに全体的に引き合い強い
▽伊藤ハムがベルジャポン社チーズ価格を改定
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]18日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]18日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]18日
▽[資料]3月分の食肉輸入通関実績(6)

 

2022年5月20日
▽[USDA需給予測]22年食肉生産総量、約1064億ポンドで減少
▽【食肉加工メーカー社長インタビュー】丸大食品佐藤勇二社長
  「『丸大らしさ』追求、環境配慮の意識高まる」
▽食料安全保障強化に向けた中間とりまとめ提言案示す—自民党
▽農産物輸出促進対策委等合同会議、「稼げる輸出」提言案議論
▽肉牛の枝肉成績が予測可能に—近畿大研究G「AIビーフ」開発(下)
▽食肉販売動向調査(4)専門店「部位や地元産品訴求で販売拡大狙う」
▽[肉類通関速報・4月]計30万4千tで前年比1・6%増
▽長野県食肉3団体が通常総会を開催、事業推進の強化を図る
▽モランボンがスンドゥブチゲCMを3エリアで放送
▽栃木県食肉2組合総会、渡邉会長「力を借りながら、組合のために」
▽米、仏で鳥フル発生、家禽肉等一時輸入停止措置講じる—農水省
▽[関西の輸入牛肉現物相場]円安進行で、CFとも仕入高懸念
▽【ブロイラー市中現物相場】ブラジル現地オファー強気続く
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]19日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]19日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]19日

 

2022年5月18日
▽【食肉加工メーカー社長インタビュー】 伊藤ハム伊藤功一社長
  「幅広くニーズ対応、グループ全体最適促進」
▽滋賀三水会が総会開く、藤野氏が新会長に就任
▽農場HACCP、牛・鶏で新たに計2件認証—中央畜産会
▽「帰還困難区域の牛たち」、東京大学弥生講堂で公開シンポジウム
▽「外食向け回復や単価上昇、牛肉前年上回る」—丸大食品決算会見(2)
▽食肉販売動向調査(3)量販店「反動減、輸入品高騰の影響大きい」
▽【関西輸入副生物現物相場】アフターコロナ見据え全体的に底堅い
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米豪ともに相場下落
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】ショープレ先物価格は下がらず
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]17日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]17日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]17日
▽[資料]3月分の食肉輸入通関実績(4)
▽[資料]3月分の食肉輸入通関実績(5)

 

2022年5月17日
▽【食肉加工メーカー社長インタビュー】 日本ハム畑佳秀社長
  「柔軟な発想で挑戦、ビジョンの浸透を加速」
▽22/23年度の穀物生産量は消費量を下回る見込み—USDA報告
▽武部副大臣がG7出席、各国大臣がウクライナ支援強化など共有
▽福留ハムの22年3月期連結決算、売上高は244億2千万円
▽「調理加工食品はニーズをとらえた商品群好調」—丸大食品決算会見(1)
▽食肉販売動向調査(2)卸業者「輸入高級部位、高騰で売りづらい」
▽「各事業本部の事業戦略の実現に注力」井川副社長ー日本ハム会見(4)
▽日本植物蛋白食品協が総会、大森会長「原材料高騰対策の情報迅速に」
▽生活衛生関係営業のコロナに関するアンケート調査結果—日本公庫
▽山口県の野生猪の豚熱感染源は約500km離れていた可能性—農研機構
▽米国で鳥フル発生、家禽肉等一時輸入停止措置講じる—農水省
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]16日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]16日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]16日
▽[資料]3月分の食肉輸入通関実績(3)

 

2022年5月16日
▽食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」
▽農林部会等合同会議が「食品産業振興に向けた政策提言案」ー自民党
▽需要合致しサラダチキンやナゲット堅調—丸大食品22年3月期決算
▽肉類の利益率は改善—林兼産業の2022年3月期決算
▽「プロジェクトA」が食物アレルギー副読本の22年度配布案内開始
▽「持続可能なバリューチェーン構築目ざす」木藤副社長ー日本ハム会見(3)
▽プリマハム決算会見(4)ウインナーの生産体制さらに強化
▽[人事異動・組織変更]マルイチ産商
▽【東京食肉卸売市場】連休終わり牛弱もちあい、豚はしっかりか
▽【大阪市食肉卸売市場】牛スソ物価格維持、豚はニーズ高く高値か
▽宮城県の香港向け家禽由来製品の輸出再開—農水省
▽日本フードサービス協会の新会長に日本KFCHDの近藤顧問
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]13日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]13日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]13日
▽[資料]3月分の食肉輸入通関実績(2)

 

2022年5月13日
▽3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録
▽スターゼン22年3月期決算、売上高3814億円で前年同期比9・2%増
▽滝沢ハム22年3月期決算は売上高294億円、コスト削減努め増益に
▽マルイチ産商22年3月期決算、畜産事業は売上高前期比4・4%増
▽「コロナの影響一巡、業務用回復」前田加工事業本部長—日本ハム会見(2)
▽岩手県の家禽飼養施設で国内24例目の鳥フル発生—農水省
▽プリマハム決算会見(3)「香薫」は10年連続で前年比2ケタ増
▽中部飼料の3月期決算、畜産飼料は価格競争激化などで収益性低下
▽中部飼料が「新中期経営計画」策定、飼料の規模拡大と収益力向上など
▽フィード・ワン3月期決算、飼料の原材料価格上昇などで営業利益減少
▽ホテル竹園芦屋が神戸ビーフヒレ1t(120頭分)活用しイベント
▽米久が「その場で当たりがわかる!肉だんごキャンペーン」実施
▽[調理食品支出金額・3月]合計1万1743t、増加を維持
▽国産食肉の新たな需要創出に向けJA全農とDAIZが業務提携
▽【関西の輸入牛肉現物相場】C外食向け焼き材好調、F米国産に集中
▽【ブロイラー市中現物相場】ブラジル産ジリ安で推移か
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]12日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]12日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]12日

 

2022年5月12日
▽牛マルキン3月は乳用種のみ交付、豚マルキンは令和3年度交付なし
▽「課題解決を通し自社の成長発展につなげる」畑社長ー日本ハム会見(1)
▽ブルガリアで鳥フル発生、家禽肉など一時輸入停止措置—農水省
▽21年度の畜産物関税割当実績、タイの豚肉調製品消化率100%
▽群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5500頭殺処分—農水省
▽今期の課題は外部環境への対応—伊藤ハム米久HD決算会見(下)
▽プリマハム決算会見(2)物流遅延やコスト増で食肉取り巻く環境厳しく
▽センター協総会、外国人実習制度の内臓処理の複数年認定目ざす
▽[豚肉需給動向・3月]推定出回り量は前年同月から減少
▽[鶏肉需給動向・3月]推定出回り量は前年同月比2・3%増
▽【関東の輸入豚肉現物相場】C、Fともに先高感強い
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともにウデ、モモなど強い
▽「かまど焼NIKUYOROZU」がオープン—ブランド確立へ
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]11日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]11日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]11日

 

2022年5月11日
▽[全国の食肉推定在庫・3月]全在庫は前年同月比1%減
▽加工事業、食肉事業とも売り上げ増—日本ハム2022年3月期決算
▽宮下社長「営業利益は過去最高益」—伊藤ハム米久HD決算会見(上)
▽プリマハム決算会見(1)千葉社長「価格転嫁しっかり進める」
▽[食肉家計調査・3月]豚・鶏の支出金額が前年超えを維持
▽[牛肉需給動向・3月]推定出回り量は前年比16・9%減
▽マルハニチロ3月期決算は過去最高益、欧州産豚肉の取り扱いが増加
▽伊藤ハム米久HDが自己株式の取得と消却について決議
▽3月の豚肉輸出は合計110tで前年同月比10・2%減
▽日本KFCが一部商品の価格を10〜100円値上げ、6月から
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】GWの人手増で外食産業も活況
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】65CLがアジアから引き合い
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]10日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]10日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]10日

 

2022年5月10日
▽3月牛肉輸出は59万tで前年同月比17%減、米国向けは11万t
▽伊藤ハム米久HDの22年3月期決算、ピザ類が堅調に推移
▽プリマハム22年3月期決算、「香薫」は大袋定着などで販売シェア拡大
▽[畜産物卸売価格・4月]和牛去勢A4価格は前年同期比148円安
▽3月の農林水産物・食品輸出額1104億円と7・3%増—農水省
▽宮城県からのシンガポール向け家禽由来製品輸出再開—農水省
▽[豚肉調製品輸入通関・3月]シーズンドなど合計6068t
▽コロナで持ち直しの動きに足踏み、生活衛生関係営業景況—日本公庫
▽金子大臣がシンガポール訪問、日系小売店など視察—農水省
▽【関西輸入副生物現物相場】連休明け一服するも、供給少なく底堅い
▽伊藤ハム米久HDが年間配当金を23円に上方修正
▽米久が希少部位使用「しっとりやわらかローストビーフブロック」発売
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]9日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]9日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]9日
▽[資料]畜産物卸売価格の推移(4月)
▽[資料]令和4年3月分の食肉輸入通関実績(1)

 

2022年5月9日
▽4月豪州産対日輸出量、合計1万6328tで23・5%減
▽【5月の市況見通し】牛枝肉・牛部分肉
▽[加工品仕向肉量・3月]国産、輸入の合計数量は3万6433t
▽シーオン農業協同組合大臣との会談など、金子大臣がタイ訪問
▽【5月の市況見通し】輸入牛肉・豚枝肉
▽豚肉需給などテーマに東京食肉市場・木村専務がIPPSで講演
▽【5月の市況見通し】国産豚部分肉、輸入豚肉、国産鶏肉、輸入鶏肉
▽【農水省・春の叙勲】(株)サンショクの松井陽樹会長が旭日単光章受章
▽日格協「国産豚肉生産性・品質向上等の緊急調査事業」概要公開
▽ハイライフ、特設サイト「子どもと食べよう!!ぶたごはん」公開
▽[鶏ひなふ化羽数・3月]ブロイラー用出荷・餌付け1・7%減
▽【5月の市況見通し】内臓肉・素牛
▽[ソーセージ輸入3月]計2246t、前年比13・8%の増加
▽[鶏肉調製品輸入3月]計4万7750tで8・7%増
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]2・6日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]2・6日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]2・6日

 

2022年5月2日
▽家庭消費伸び悩みか前年を下回る|3月の食肉加工品生産量
▽総合緊急対策で農水関係751億円計上、飼料価格高騰対策など
▽【農水省・春の叙勲】元広島県肉連会長の新長氏が双光章を受章
▽【厚労省・春の叙勲】才野啓一氏が旭日双光章を受章
▽米久・夢工場が来年4月から再稼働、冷凍食品の新製造ライン設置
▽[鶏肉輸入通関3月]計4万5135tで18・9%減、各国産減少
▽[食肉流通統計・3月]と畜頭数は豚が1・1%減、成牛は1・1%増
▽「国際養鶏養豚総合展2022」開催
▽令和3年冷食の生産・消費[下]中国からの輸入増加
▽日本食肉流通センターが新棟で研修会
▽「プロジェクトA」がコロナ下の活動報告、オンライン出前事業など
▽【東京食肉卸売市場】牛弱もちあい、豚は上げ基調
▽【大阪市食肉卸売市場】牛連休後は強気配、豚需要安定し高値維持
▽【関西の輸入牛肉現物相場】C、Fともにモモ系部位がひっ迫
▽【ブロイラー市中現物相場】輸入物は高値張り付き
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]28日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]28日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]28日
▽[資料]食肉加工品生産数量(3月)

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More

◆製品

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

2022年度日本IFFAコンテスト開催決定、出品窓口は小野商事

 「IFFA(イファ)加工品品質コンテスト」を開催しているドイツ食肉連盟(DFV)は、日本では2回目となる2022年度日本IFFAコンテストを開催することを決定した。出品窓口は(株)小野商事(千葉県市原市、小野進社長)が担当し、同社本社テス...
More
Return Top