食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

速報 2022年7月

2022年7月29日
▽[食肉輸入通関・6月]牛・豚・鶏がいずれも増加
▽[牛肉輸入通関・6月]労使交渉に備え在庫増やしフローズン2割増
▽日本の鳥インフルエンザ清浄化を宣言、OIEもサイトに掲載
▽全農広島県本部が畜産共進会夏季「枝肉の部」を開催
▽JAタウン「肉の日限定セール」約230商品を特別価格で販売
▽丸大食品「いつも新鮮」から「特撰あらびきポークウインナー」発売
▽【8月の市況見通し】(4)内臓肉・素牛
▽[豚肉輸入通関・6月]計8万9380tで前年同月比18・7%増
▽【関西の輸入牛肉現物相場】コロナ感染拡大続き、末端の需要は停滞
▽6月CVS統計—全体・既存とも売上高連続の増加
▽【ブロイラー市中現物相場】相場高もコロナ第7波で需要減
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]28日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]28日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]28日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]令和4年6月分の食肉輸入通関実績(1)

 

2022年7月28日
▽[牛・豚・鶏肉需給予測]8月の牛肉生産量は前年同期比6%増
▽【8月の市況見通し】(2)輸入牛肉・豚枝肉
▽【8月の市況見通し】(3)国産豚部分肉、輸入豚肉、国産鶏肉、輸入鶏肉
▽フードリエがロードレースチーム「那須ブラーゼン」とスポンサー契約
▽[POSランク6月その他加工肉製品]「適量適価サラダチキン」首位
▽ケイエス冷凍食品22年秋季新商品、家庭用5品、業務用3品を発表6
▽福岡食肉市場が牛豚副生物買い取り価格を改定—8月8日と畜分から
▽伊藤ハムがキリクリームチーズの仕様変更、量目変更を発表
▽欧州委員会、食肉の短期的需給見通しを公表(鶏編)
▽【関東の輸入豚肉現物相場】C需給やや緩む、Fは荷動き静か
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cはウデやモモ鈍る、Fは底堅い
▽テーブルマーク22年秋新商品、「速攻 豚キムチ」など15品
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]27日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]27日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]27日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]その他加工肉製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年7月27日
▽【8月の市況見通し】(1)牛枝肉・牛部分肉
▽量販店マーケット展望ー頻度品に消費集中、旧盆過ぎ需要冷え込む
▽栃木県で発生の最大規模の豚熱に、飼養衛生管理の徹底周知ー農水省
▽米国で鳥フル発生、家禽肉等の一時輸入停止措置講じるー農水省
▽阿久根食肉流通センターが内覧会、和牛の輸出拡大を見据える(下)
▽名古屋食肉三水会協同組合が3年ぶりに家族会開催
▽徳島県野生猪で豚熱発生、回収地点は兵庫県南あわじ市から約30km
▽[外食産業市場動向6月]焼き肉は郊外立地店が好調で54・6%増
▽[POSランク6月洋総菜製品]とろける4種チーズのハンバーグが首位
▽欧州委員会、食肉の短期的需給見通しを公表(牛・豚編)
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米豪産とももちあい
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】在庫増で冷蔵庫が満杯に
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]26日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]26日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]26日
▽[社告]銘柄豚肉ハンドブック2022
▽[資料]洋総菜製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年7月26日
▽旧盆商戦と下半期の輸入内臓相場見通し、旧盆後の下げ限定的か
▽阿久根食肉流通センターが竣工式、高品質・安定供給の拡充(上)
▽栃木県で豚熱発生、国内最大規模となる約5万4千頭殺処分
▽[肉豚出荷予測]前年比は減少傾向も、平年比では増加の月も
▽大阪市場が牛・豚内臓価格を8月1日から値上げ、生産原価高騰に配慮
▽京都市場が牛内臓価格を改定—8月1日と畜分から
▽第1四半期肉用子牛平均売買価格、黒毛和種66万8千円で交付なし
▽[POSランク6月中華総菜製品]「黄金龍贅沢焼売」首位
▽7月の米フィードロット飼養頭数は前年並みの1134万頭
▽兵庫県食肉公正取引協議会の通常総会、上東会長らの留任決まる
▽[都内輸入食肉在庫・6月]すべての畜種で在庫増、羊肉は5割増
▽「知床牛」がライジングサン2022、札幌オータムフェストに参加
▽吉野家、60種類商品80円引の「お子様割」
▽畜舎特例法の対象追加へ—農水省、農業者との意見交換会を開催
▽代替肉は関心と購入に乖離も、若年層の関心高いーサステナブル調査
▽[JCA6月]畜産品は牛豚鶏ともに荷動き鈍く4・6%減
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]25日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]25日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]25日
▽[資料]食肉市場、令和4年度夏季臨時休業(盆休み)状況
▽[資料]中華総菜製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年7月25日
▽【大手牛肉サプライヤーインタビュー】 JA全農ミートフーズ中村哲也専務取締役牛肉事業統括本部長(取材当時・現社長)
  「乳牛ニーズ高まる、冷凍品拡大やEC強化」
▽福岡県の服部知事がセーフティーネット設立などの要望書を提出
▽阿久根食肉流通CとスターゼンMP阿久根工場の拡張工事が完了
▽JA全中が生産資材高騰対策の緊急要請、「早急に検討進める」
▽豪州Wagyuの需要高まる、中国では家庭消費が増加
▽全肉連が食育教材作成委員会を開催、若い世代の理解醸成に向け
▽さいたま食肉市場総会、新役員に安孫子氏
▽全国食肉学校が3日間の公開講座「加工品製造技術者研修」を開催
▽【事務所移転】日本ジビエ振興協会
▽[SM販売統計調査6月]畜産品は買上点数が低迷し2・3%減
▽[POSランク6月焼き豚製品]「もう切ってますよ!焼豚」首位
▽【東京食肉卸売市場】牛もちあい、豚は急落
▽【大阪市食肉卸売市場】牛の手当て本格化、豚は需要強く高値続く
▽″生串打ち"の塩焼き鳥「酒場ブラジル」開店
▽ロウリーズ・ザ・プライムリブ、通販おせちの予約を8月中旬開始
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]22日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]22日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]22日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]焼き豚製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年7月22日
▽【大手牛肉サプライヤーインタビュー】 エスフーズ平井博勝専務取締役営業本部長兼国内食肉事業部長
  「輸出は非常に好調、牛輸入産地拡大進める」
▽豪州・NSW州の駐日事務所開所式、ペロテー首相が来日
▽鹿児島県塩田康一知事が輸出拡大における支援を要請ー農水省
▽[鶏肉輸入予測数量]8月は計4万7100tで前年比0・4%増
▽[肉類通関速報・6月]計28万4千tで前年比16・4%増
▽大手外食チェーン価格改定調査、53社66ブランドで値上げ
▽「みどりの食料システム法」説明会を開催
▽2025年のオンラインチャネル加工食品市場1兆7045億円予測
▽[POSランク6月ソーセージ製品]「シャウエッセン」が首位
▽[POSランク6月ベーコン製品]朝のフレッシュハーフベーコン首位
▽シンガポールがインドネシア産鶏肉の輸入を承認
▽【関西の輸入牛肉現物相場】天候不順とコロナ急拡大で末端需要が停滞
▽【ブロイラー市中現物相場】輸入物高騰への警戒感強まる
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]21日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]21日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]21日
▽[資料]ソーセージ製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次
▽[資料]ベーコン製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年7月21日
▽【大手牛肉サプライヤーインタビュー】 丸大食品 中村康幸食肉事業部長銘
  「柄牛拡販に努力、環境変化へ対応が課題」
▽店舗の経営強化支援、成功事例調査へ―全肉連
▽鶏肉マーケット展望ー日本買い負け必至、韓国が輸入関税を撤廃
▽全国食肉学校が牛部分肉加工技術者研修を公開講座として開催
▽沖縄県の畜産関係団体が畜産経営基盤確立に関する要請行う
▽石井食品が値上げ、主力50品
▽[POSランク6月ハム製品]「朝のフレッシュロースハム」が首位
▽7月の食品価格動向調査、国産牛肉は前月比12円高、輸入は前月並み
▽佐賀牛枝共、最優秀賞は埴生ミートパッカーが5512円で落札
▽EUとNZ、FTA大筋合意、新たに枠内税率7・5%設定
▽米国で鳥フル発生、家禽肉等一時輸入停止
▽【関東の輸入豚肉現物相場】C引き続きタイト、Fは荷動き静か
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cはスソ物鈍る、Fはもちあい
▽[配合飼料生産量・5月]計193万1783tで前年比2・4%増
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]20日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]20日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]20日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]ハム製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年7月20日
▽[USDA需給予測]22年食肉生産総量、約1065億ポンドで減少
▽食肉通信社・銘柄豚肉ハンドブック2022発刊、425銘柄収録
▽東京都「お肉の情報館」夏季臨時開館、7月と8月に1回ずつ
▽夏季休暇中の越境性動物疾病の防疫対策徹底を通達—農水省
▽22年は前年比10%以上の伸びで回復に向かう—外食産業市場
▽チャンピオンカレー百万遍店で「銀閣寺大西牛カツカレー」発売
▽モランボンが「Well-BeingVegelife」の新製品を発売
▽米国で海上輸送法改正案可決、USMEFやNAMIは歓迎
▽崎陽軒と福井県が魅力発信と認知度向上の相互協力協定
▽【関西の輸入副生物現物相場】天候不順続き末端需要鈍いが底堅い
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】制限なし3連休で牛肉動く
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】豪トリミングの下落続く
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]19日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]19日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]19日
▽[社告]「銘柄豚肉ハンドブック2022」購入申込書
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(7)

 

2022年7月19日
▽【大手牛肉サプライヤーインタビュー】 スターゼン酒井勉営業本部食肉販売統括部統括部長、阿由葉隆海外本部副本部長
  「輸入ビーフ部長輸出さらに拡大へ」
▽セントラルフーズ「山形県産手ノ子牛」がITIで三ツ星受賞
▽22/23年度の穀物生産量は消費量を下回る見込み—USDA報告
▽5月のカナダビーフ対日輸出量は6718t、前年比53%増
▽日本食鳥協会関西支部が「拡大火曜会」開催、情報交換行う
▽家畜改良事業団が新たなSNSの運用開始、最新情報を配信
▽中国農業展望報告(2022〜31)を発表(飼料編)
▽[関西の輸入牛肉現物相場]現地相場落ち着くも円安で高値相場続く
▽【東京食肉卸売市場】牛弱もちあい、豚は800円台も
▽【大阪市食肉卸売市場】牛買い気弱いまま、豚600円以上の展開
▽MLAが梅田でオージービーフ&ラムのBBQイベント開催
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]15日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]15日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]15日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(6)

 

2022年7月15日
▽【大手牛肉サプライヤーインタビュー】 プリマハム矢野雅彦専務執行役員食肉事業本部長
  「アライアンス強化、差別化できる商品提案」
▽エスフーズ第1四半期決算、売上高16・7%増、純利益30・7%増に
▽豚肉マーケット展望ー国産豚肉需要強い、豚価は800円台も現実味
▽丸大食品が価格改定、家庭用・業務用合わせ350品目
▽北海道農民連盟・大久保委員長らが生産資材高騰対策など要請
▽全国市長会経済委員会が配合飼料価格安定化対策など要請—農水省
▽[役員人事]JA東日本くみあい飼料(6月28日付)
▽USMEFアメリカンポークセミナー(下)秋からさまざまなCP展開
▽【新書紹介】近江牛の老舗社長が教えるブランド管理術
▽横浜ベイシェラトン「さがみ」が常陸牛Tボーンステーキを提供
▽中国農業展望報告・鶏肉編ー国産種鶏導入で生産基盤強化期待
▽【ブロイラー市中現物相場】国産冷凍モモ・ムネ・ササミ一段高
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]14日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]14日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]14日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(5)

 

2022年7月14日
▽【大手牛肉サプライヤーインタビュー】伊藤ハム米久HD若木孝優取締役常務執行役員
  「食肉事業本部長十和田MPの拡張、東西で生産基盤強固に」
▽豚・ブロイラーともに1戸あたりの飼養増—令和4年畜産統計(下)
▽日本ハム「開発甲子園2022」(下)優勝は日本ハム食品の寺岡氏
▽ハラール再び、全開連とゼンカイミートが被災施設の復旧に着手
▽第41回茨城県豚枝共、石上ファームが大臣賞と局長賞を同時受賞
▽南部市場出荷団体協が肉牛共励会、エビハラの出品牛が市長賞受賞
▽米国ネバダ州とワシントン州から家禽肉等の輸入一時停止
▽南港交雑牛枝共・俵さん(愛知)出品の最優秀牛を伊賀野商店が落札
▽英最大手スーパーマーケットの植物性代替肉広告に中止命令—英国
▽【関東の輸入豚肉現物相場】C全体的にタイト、F外食伸びず鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともにスソ物の荷動きは堅調
▽ライフ大阪守口滝井店、タンや小腸など焼き肉アイテムを充実展開
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]13日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]13日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]13日
▽[資料]畜産統計肉用牛の飼養戸数・頭数(続き)

 

2022年7月13日
▽肉用牛頭数0・3%増、繁殖雌牛は7年連続伸長—令和4年畜産統計(上)
▽日本ハム「開発甲子園2022」、若手開発担当者が商品化目ざし競う
▽牛豚疾病小委、豚熱ワクチン接種後の免疫付与状況等議論—農水省
▽USMEFが「豚カラ」テーマに外食向けセミナーを開催(上)
▽全農岐阜主催の飛騨牛フェスタ、最優秀賞8651円で丸明が購買
▽神戸市の玉商が兵庫県版HACCP認証を取得
▽中国農業展望報告・豚肉編ー今後10年、生産量は微増傾向
▽【関西の輸入副生物現物相場】需要期に向け続伸の見込み
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米豪産ともにもちあい
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】米国産は在庫重く、相場下落
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]12日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]12日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]12日
▽[資料]畜産統計肉用牛の飼養戸数・頭数

 

2022年7月12日
▽【大手牛肉サプライヤーインタビュー】 日本ハム木藤哲大副社長執行役員食肉事業本部長
 「組織体制を統合し、ニーズ対応力強化する」
▽カナダビーフフードトラックが始動、オリジナルバーガー大好評
▽[調理食品支出金額・5月]合計1万1569円、増加を維持
▽京都食肉市場定時株主総会で役員選任、駒井代表を再任
▽食肉科学技術研究所、大豆ミートの登録認証機関に登録
▽滋賀県公取協総会、全議案承認、SDGsセミナーを聴講
▽お中元に「ふるさと納税のお礼品」定着傾向、2位に生ラム
▽中国農業展望報告(2022〜31)牛肉編—22年生産量は1・7%増か
▽吉野家が外食C初のトクホ商品「トク牛サラシアプレミアム」販売
▽ヤマモリ「釜めしご当地シリーズ」メイン具材増量し、新たに販売
▽人形町今半が土用の丑の日で「夏のすだちすき焼き」を提案
▽新業態「ドムドムハンバーガープラス」が7月に銀座にオープン
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]11日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]11日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]11日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(4)

 

2022年7月11日
▽牛マルキン5月、乳用種に3万6067円交付、肉用種はなし
▽[食肉家計調査・5月]肉類支出計は8083円、軒並み減少続く
▽仙台市場47周年記念枝共、和牛去勢の名誉賞は川口ファーム
▽大阪府食肉公取協が通常総会、4年度事業計画などを決定
▽令和4年度第1四半期の豚マルキンは交付なし
▽帯広畜産大・産学官金連携交流会で佐々木畜産の佐々木社長が講演
▽ニチレイフーズ秋季新商品、「極上ハンバーグ」など40品
▽全国食肉学校が3日間の豚肉の基礎セミナー、8月29日から開催
▽【東京食肉卸売市場】牛弱もちあい、豚は下げ要素みられず
▽【大阪市食肉卸売市場】牛は下位等級中心、豚高値での推移が続く
▽ファミリーマート「SPAMむすび」1周年「唐揚マヨネーズ」発売
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]8日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]8日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]8日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(3)

 

2022年7月8日
▽6月豪州産対日輸出量、合計2万6003tで増加
▽東京都が食肉の生食実態調査実施、生食提供飲食店が6割超
▽東京食品機械がつくば本社工場竣工式、ムルチバック社役員ら来日
▽マルハニチロ秋季新商品、「ソースとんかつ」など23品発表
▽味の素冷凍食品が来月から「黒豚大餃子」など新商品を発売
▽MLAが焼肉ビジネスフェアでオージー・ビーフ&ラムの魅力紹介
▽熱波によりカンザス州で肥育牛の死亡事故が急増—米国
▽日本ハムが「やわらかサーロインステーキ」新発売
▽丸大食品が「はじける夏のジューシーキャンペーン」を実施
▽【関西の輸入牛肉現物相場】ロインひっ迫、モモの引き合いも強まる
▽【ブロイラー市中現物相場】国産冷凍手羽モトの動きが活発化
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]7日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]7日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]7日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(2)

 

2022年7月7日
▽5月末全国牛飼養頭数計397万頭で前年超え—個体識別記録
▽牛肉マーケット展望—和牛は需要が弱い、輸入牛肉の高値は継続
▽5月の農林水産物・食品輸出額、牛肉は35億6千万円で10%減
▽[豚肉調製品輸入通関・5月]シーズンドなど前年同月比3割増
▽日本ハムが「国産鶏肉桜姫」20周年記念、「ぬりえ&フォトコン」開催
▽「湘南じびえ河津ファクトリー」が国産ジビエ認証施設31号に認定
▽[鶏肉需給動向・5月]推定出回り量は前年同月比0・6%減
▽ベイシアの新社長に相木孝仁氏が就任、橋本氏は副会長に
▽オークワが100%子会社のヒラマツを11月に吸収合併
▽農場HACCP、採卵鶏で新たに計2件認証—中央畜産会
▽【関東の輸入豚肉現物相場】C引き続きタイト、Fは荷動き鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】枝肉価格高騰、スソ物中心の荷動き続く
▽濵かつが創業60周年、「節目の夏御膳」を7日ら期間限定販売
▽米国ワシントン州で鳥フル、家きん肉等を一時輸入停止
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]6日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]6日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]6日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]令和4年5月分の食肉輸入通関実績(1)

 

2022年7月6日
▽[全国の食肉推定在庫・5月]全在庫は前年同月比1・7%増
▽伊藤ハムと米久がハム・ソーセージ・調理加工食品を3〜30%値上げ
▽3年度食品製造業のHACCPに沿った衛生管理導入実態調査
▽[POSランク5月その他加工肉製品]「適量適価サラダチキン」首位
▽5月の豚肉輸出は合計131tで前年同月比42・7%増
▽伊藤ハム米久HDが自己株式の取得および消却完了を発表
▽[ソーセージ輸入5月]計2019tで横ばい、タイや中国で増加
▽[鶏肉調製品輸入5月]計4万2147tで17・1%増
▽和牛マスター食肉センター(姫路)共進会で菊池の誠牛が名誉賞
▽[鶏ひなふ化羽数5月]ブロイラー用出荷・餌付け1・0%増
▽[牛肉需給動向・5月]推定出回り量は前年比2・5%減
▽[豚肉需給動向・5月]推定出回り量は前年同月から微減
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米国産はショープレが下落
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】豪カウミート、国内卸は買い慎重
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]5日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]5日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]5日
▽[資料]その他加工肉製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年7月5日
▽5月牛肉輸出は508tで前年比9・2%減、最大輸出先は香港
▽米国6月1日現在豚総飼養7252万4千頭、前年同期比0・9%減
▽[POSランク5月洋総菜製品]とろける4種チーズのハンバーグが首位
▽神戸食肉事協組が3年ぶりに組合員を集い通常総会を開催
▽[人事異動]プリマハム(7月5日付)
▽[人事異動]農畜産業振興機構(7月1日付)
▽[畜産物卸売価格・6月]豚は東京が36円高、大阪39円安
▽神戸市場の佐賀牛共、3年連続で佐賀牛宮崎牧場が最優秀賞に
▽大阪食鳥生衛組合青年部が令和4年度通常総会を開催
▽鹿児島黒牛産地宣伝販売会、川越クニ子さん出品牛がGC獲得
▽食品産業センター「取引慣行の実態調査報告書」(下)
▽【関西輸入副生物現物相場】需要期に向け上伸、下旬以降一段上げか
▽100%植物性の冷凍総菜「NEXTEATS」
▽リンガーハットが「夏野菜と豚しゃぶ冷やしちゃんぽん」を発売
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]4日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]4日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]4日
▽[資料]畜産物卸売価格の推移(6月)
▽[資料]洋総菜製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年7月4日
▽全農肉牛枝共励会、キロあたり7511円で小川畜産興業が落札
▽日本ハムが商品規格変更および価格改定を発表
▽日本食肉流通C食肉業界の販売動向・最終回牛肉輸出
▽[加工品仕向肉量・5月]国産、輸入の合計数量は3万5487t
▽[POSランク5月中華総菜製品]「中華名菜酢豚」が首位
▽全国食肉学校食肉販売科33期12人が卒業「仲間の存在を心の支えに」
▽イタリア製法「Volpi社」のプロシュートに期待高まる
▽京都食肉2団体が通常総会、令和4年度事業など全議案を可決
▽[人事異動]ピクアジェネティクス・6月29日付
▽[人事異動]MNファーム・6月29日付
▽【7月の市況見通し】(4)内臓肉・素牛
▽【東京食肉卸売市場】牛もちあい、豚は高値続く
▽【大阪市食肉卸売市場】牛少しずつ上向く、豚高値基調は変わらず
▽養豚記者会が総会開催、今後は勉強会など再開へ
▽[人事異動]スターゼン・1日付
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]1日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]1日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]1日
▽[資料]中華総菜製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次

 

2022年7月1日
▽消費者の生活防衛意識強まり1・4%減、5月の加工品生産量
▽[食肉流通統計・5月]と畜頭数は豚が0・9%増、成牛は5・5%増
▽[鶏肉輸入通関5月]計4万2483tで8・1%減、各国産とも減少
▽6月の米フィードロット飼養頭数は2%増加し1185万頭
▽日本ハムのブランド食肉「島原和牛」がITIで三ツ星獲得
▽【7月の市況見通し】(3)国産豚部分肉、輸入豚肉、国産鶏肉、輸入鶏肉
▽食品産業センター「取引慣行の実態調査報告書」(上)
▽家畜改良事業団が定時総会、新理事長に富田育稔氏を選出
▽ムリネッロ社、将来見据えシチリア産豚の自社製品プレゼン実施
▽日本食肉流通C食肉業界の販売動向(3)量販店外食等向けの販売動向
▽ニチレイが定時株主総会、社外取締役にライオン(株)濱会長ら
▽【関西の輸入牛肉現物相場】CFともに相場が緩み、チルフロが増加
▽プリマハムが「GRANTOKACHI」を紙パッケージに変更
▽【ブロイラー市中現物相場】ブラジル産、タイ産ともカット物一段高
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]30日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]30日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]30日
▽[資料]食肉加工品生産数量(5月)

◆行政・統計

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

2022年上半期輸出額、牛肉は213億8千万で5.2%減

 農水省は5日、2022年1〜6月(上半期)の農林水産物.食品の輸出額を公表した。22年上半期の輸出額は6,525億円(13.1%増)と、前年同期額より754億円増加となった。 主な要因として、欧米を中心に外食需要が回復したこと、小売店向け...
More

◆トレンド

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

牛マルキン6月、交雑種3万939円、乳用種4万3,892円交付

 農畜産業振興機構は9日、肉用牛肥育経営安定交付金(牛マルキン)の令和4年度4〜6月分について、標準的販売価格および標準的生産費、交付金単価(確定値)を公表した。 肉専用種は、すべての都道府県で販売価格が生産費を上回ったため、4〜6月は交付...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top