食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

数字でみる食肉産業2020

年鑑

速報 2020年7月

2020年7月13日
▽7月豪雨農水省対策本部、江藤農相「いまは人命第一を優先」
▽江藤農相、豪雨被害「コロナ対策も豪雨対策で利用できる対策ある」
▽2年2月畜産統計、肉用牛の1戸あたり飼養頭数は58・2頭
▽[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に
▽【連載・各社の牛肉の販売戦略を探る】(1)日本ハム(下) 木藤 哲大 代表取締役専務執行役員食肉事業本部長
▽流通標準化シス協が総会、昨年は消費税増税によるシステム対応総括
▽ニッポンハム食の未来財団が21年度研究助成の公募を開始
▽ニッポンハムグループが令和2年7月豪雨災害に対し義援金
▽中国最大取引規模の農産物卸売市場、職員が新型コロナ発症で営業停止
▽[人事異動]農水省(7月13日)
▽日本企業のオンラインによる海外販路開拓支援を強化、ジェトロ
▽【東京食肉卸売市場】和牛はもちあい、豚は600円台続くか
▽【大阪市食肉卸売市場】牛はもちあい推移、豚入荷制限で高止まり
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]10日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]10日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]10日
▽[資料]交雑種去勢B3の推移
▽[資料]肉用牛飼養戸数・頭数

 

2020年7月10日
▽カナダ、スイス、豪州と有機畜産物等に関する輸出入の条件で合意
▽仙台市場45周年記念共進会、和牛去勢名誉賞は(株)川村ファーム
▽【連載・各社の牛肉の販売戦略を探る】(1)日本ハム(中) 木藤 哲大 代表取締役専務執行役員食肉事業本部長
▽姫路枝共に123頭を出品、江頭さんの「佐賀牛」が名誉賞受賞
▽「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」の優良事例を募集
▽食肉小売BtoBサイト「JMA29.com」、広く参加募集
▽豪州の穀物生産見通し、19/20年ソルガム生産量は干ばつで過去最低か
▽東京食肉市場まつり、新型コロナウイルスの影響で開催中止に
▽【関西の輸入牛肉現物相場】豪州産スソ物に引き合い、ロイン系は停滞
▽【ブロイラー市中現物相場】国産ムネ堅調、ブラジル産弱含みに
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]9日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]9日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]9日
▽[資料]令和2年5月牛マルキン交付金算定基礎
▽[資料]豚枝肉卸売価格の推移

 

2020年7月9日
▽牛マルキン5月、肉専の積立金不足は16都県に
▽【連載・各社の牛肉の販売戦略を探る】(1)日本ハム(上) 木藤 哲大 代表取締役専務執行役員食肉事業本部長
  「ブランド力磨く、挑戦する組織へ変革を」
▽福島県の営農再開の加速化で高付加価値産地構想を取りまとめ
▽大雨を受け、食品表示法に基づき食品表示基準を弾力的運用
▽米国農業界が第1段階の米中経済貿易協定を支持、中国市場への期待高い
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは引き続きタイト、Fは鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともに引き続きスソ物中心
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]8日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]8日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]8日
▽[資料]酪農と結びついた福島県産牛地域一貫生産体制の構築
▽[資料]都道府県別枝肉生産量(5月)

 

2020年7月8日
▽6月豪州産対日輸出量、牛肉は18・4%減の2万1715t
▽【7月の市況見通し】(6)素牛
▽茨城県豚枝共、農水大臣賞は単価3502円で茨城中央ミート落札
▽[食肉家計調査・5月]巣ごもり需要つづき前月同様に大幅増
▽江藤農相、豪雨被害状況「食肉処理場も壊滅的な冠水による被害」
▽ベトナムが豚肉の最恵国関税を引き下げへ、冷凍は10%
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】チャックアイのコストに注意必要
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】米国産は生産回復も相場下がらず
▽[調理食品支出金額・5月]ハンバーグが6・3%増
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]7日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]7日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]7日
▽[資料]牛枝肉卸売価格の推移
▽[資料]都道府県別と畜頭数(5月)

 

2020年7月7日
▽5月牛肉輸出は234tで前年比12・1%減、単価5526円
▽【7月の市況見通し】(5)鶏肉・内臓肉
▽JA全中新会長推薦者に中家徹氏が決定、8月20日の総会で選任
▽米国6月1日現在豚総飼養7963万頭、前年比5・2%増
▽南港市場交雑牛共、90頭出品され鳥取の山根さんが最優秀に
▽[豚肉調製品輸入通関・5月]シーズンドなど合計1万1653t
▽[鶏肉需給動向・5月]推定出回り量は前年同月比5・5%減
▽北海道産牛肉食べて応援、ホクレンネットショップで販売開始
▽大学発ベンチャーの設立・事業化の促進にかかる支援対象者を公募
▽【関西輸入副生物現物相場】第2波の懸念強まるも相場はもちあい
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]6日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]6日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]6日
▽[資料]現在のCSFにかかる捕獲重点エリアの設定概要
▽[資料]令和2年5月分の食肉輸入通関実績(7)

 

2020年7月6日
▽[全国の食肉推定在庫・5月]全在庫は前年同月比13・7%増
▽全農共励会、キロ単価8012円で小川畜産興業(株)が落札
▽東京都青梅市の野生猪でCSF確認、東京はワクチン接種都道府県
▽[牛肉需給動向・5月]推定出回り量は前年同月比3・1%減
▽食肉学校食肉販売科第31期16人が卒業、藤原学生に生産局長賞
▽マルハニチロ秋季新商品、「ふっくらミニ肉まん」など24品を発表
▽ハンガリーからの生鮮豚肉の輸入再開について今後、牛豚小委で議論
▽[豚肉需給動向・5月]推定出回り量は前年同月比2・4%減
▽全国食肉学校、食肉販売科31期生の卒業記念発表会を開催
▽JA全農運営の「JAタウン」が特設サイト「日本の和牛」を開設
▽【東京食肉卸売市場】和牛は弱含みか、豚は底堅い
▽【大阪市食肉卸売市場】高質和牛は強気か、出荷増えず高値が続く
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]3日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]3日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]3日
▽[資料]令和2年5月分の食肉輸入通関実績(6)

 

2020年7月3日
▽【7月の市況見通し】(3)輸入牛肉・豚枝肉
▽【7月の市況見通し】(4)国産豚部分肉、輸入豚肉
▽常陸牛振興協会が総会、販売実績9532頭で前年比8・1%増
▽「アグリビジネス創出フェア2020」の出展者を募集
▽ローズポークは前年比5%増で推移、今後も増頭傾向続く
▽常陸牛とローズポーク促進キャンペーン、茨城県内の飲食店対象に
▽ブラジルの処理場検査頭数、新型コロナの影響で4月は牛・豚ともに減少
▽豪州産牛肉および穀物肥育牛肉が東京オリパラの認証スキームへ
▽プリマハムが「ストックディッシュシリーズ」3種類を新発売
▽ウクライナからの家禽肉等の一時輸入停止措置を解除
▽第59回牛豚等疾病小委等ウェブ会議、野生猪対策など意見交換
▽【関西の輸入牛肉現物相場】外食の引き合いが徐々に回復か
▽【ブロイラー市中現物相場】国産価格維持か、輸入交渉進まず
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]2日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]2日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]2日
▽[資料]アジアにおけるASFの発生状況
▽[資料]令和2年5月分の食肉輸入通関実績(5)

 

2020年7月2日
▽【7月の市況見通し】(2)牛枝肉・牛部分肉
▽[ソーセージ輸入4月]計2375tで2割減、タイ増だが米国減
▽[鶏肉調製品輸入5月]計3万7千tで11%減、中国2割強減
▽なんつねがオンラインショップで「詰め合わせ特選ギフト」2種を販売
▽大阪食肉買参事業協同組合の新理事長に北前氏が就任
▽九州の地域・産業発展に寄与、第47回経営者賞にカミチクの上村氏
▽日本デリカが第31回販売促進会開催、東和食品がGC佐賀牛落札
▽家畜伝染病予防法の一部を改正する法律が施行、罰金、懲役も
▽ブラジルで食肉処理場などにおける新型コロナに対するガイドライン
▽令和元年度のHACCP導入状況、導入済みの事業者は22・5%
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは締まった展開、Fは鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cはロイン系に動き、Fはスソ物中心
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]1日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]1日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]1日
▽[資料]世界の穀物・大豆の需給動向
▽[資料]令和2年5月分の食肉輸入通関実績(4)

 

2020年7月1日
▽【7月の市況見通し】(1)6月畜種別の概況
▽豚肉等5月通関量・税関公表、豚肉等は8万611t
▽[食肉流通統計・5月]豚と畜頭数は前年比4・9%減
▽USMEFがアメリカン・ビーフ総計500㎏プレゼントキャンペーン
▽食肉学校が卒業記念感謝祭、初の予約販売ドライブスルー方式で
▽大阪市食肉市場が株主総会、取扱高減少するも和牛は増頭傾向
▽OIE連絡協議会、CSFや鳥インフルエンザについて議論
▽[人事異動]スターゼン(6月16日付)
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米チャックアイ、相場とコストに差
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】米ワーカー不足で製造できない商品も
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]6月30日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]6月30日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]6月30日
▽[資料]出荷先別、配合、混合飼料の用途別数量
▽[資料]令和2年5月分の食肉輸入通関実績(3)

◆行政・統計

More

◆トレンド

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

[牛肉マーケット]昨年同時期の在庫量と比べ5〜10倍に

 新型コロナウイルス感染症に伴い、インバウンド需要が減少、また外出自粛による外食店利用の減少などを受けて、牛枝肉相場が暴落した。これを受けて、和牛肉の余剰在庫の保管・販売経費の助成として「和牛肉保管在庫支援緊急対策事業」を農畜産業振興機構が...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

フリーデンの「やまと豚」がITIで6年連続「三ツ星」を受賞

 養豚から豚肉の加工・流通をはじめ飲食までを一貫経営で展開する(株)フリーデンは、ことし春にベルギーで開催されたITI(国際味覚審査機構)2020年度審査会に自社農場で生産した「やまと豚」をエントリー。世界の一流シェフやソムリエの中から厳選...
More
Return Top