食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

速報 2021年7月

2021年7月30日
▽[食肉輸入通関・6月]牛増加、豚減少、鶏2ケタ減
▽【大手牛肉サプライヤーにきく】ミートコンパニオン阿部昌史代表取締役社長
 「商品加工度高める業務提携先と連携強化」
▽京都肉牛流通推進協議会が総会開催、21年度事業などを決定
▽[牛肉輸入通関・6月]チルド16・3%増、フローズン6・0%減
▽[人事異動]滝沢ハム(7月27日付)
▽【8月の市況見通し】(4)国産豚部分肉、輸入豚肉
▽[豚肉輸入通関・6月]計7万5312tで前年同月比5・4%減
▽[都内輸入食肉在庫・6月]5月に続き全畜種で前年同月割れ
▽伊藤ハム、新規パビリオン「あさごはんをつくろう!」出店
▽[関西の輸入牛肉現物相場]米国産はショープレのチルフロ増加
▽貞光食糧工業・辻名誉会長のお別れの会を3会場で開催
▽【ブロイラー市中現物相場】タイの産地状況はさらに悪化、品薄高続く
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]29日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]29日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]29日
▽[資料]令和3年6月分の食肉輸入通関実績(1)

2021年7月29日
▽[牛・豚・鶏肉需給予測]8月は3畜種生産量、輸入量好転見込み
▽【大手牛肉サプライヤーにきく】ニチレイフレッシュ 冨樫幸男取締役専務執行役員畜産事業部長
 「『亜麻仁の恵み』拡販、ECサイトに挑戦」
▽全肉連が食育教材作成委開く、新たな3年間の事業スタート
▽【8月の市況見通し】(3)輸入牛肉・豚枝肉
▽「鶏肉はしっかり加熱して」食品安全委員会、店舗の発信に期待
▽牛肉の基本を実習で学ぶセミナー全国食肉学校で8月23日から開催
▽第97回広島県畜産共進会夏季「枝肉の部」でのば牧場が最優秀賞
▽[POSランク6月ベーコン製品]「朝のフレッシュハーフベーコン」
▽大学発ベンチャーの設立・事業化支援対象者公募開始—農水省
▽食肉、食鳥処理施設の能力向上に5520万米ドル投入—USDA
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは引き続きタイト、Fは荷動き鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cはバラやカタロース良化、Fはもちあい
▽新和が初の牛タン定食専門店を開店、新市場開拓へ
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]28日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]28日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]28日
▽[資料]ベーコン製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次

2021年7月28日
▽牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発
▽全肉連が経営力強化と成功事例委、活力ある店舗へ今年度取組開始
▽【大手牛肉サプライヤーにきく】JA全農ミートフーズ中村哲也専務取締役牛肉事業統括本部長
 「輸出は重要な柱に、新たな包装形態に挑戦」
▽「バランスの取れた食生活」に関する日仏共同文書に合意—農水省
▽産地直送通販「MeatsTown」が神戸ビーフを販売開始
▽【8月の市況見通し】(2)牛枝肉・牛部分肉
▽味の素冷食が21年秋季新製品発表会、「ザ★ハンバーグ」などPR
▽妊娠末期の栄養水準低下が子牛の発育に影響—佐賀県畜産試験場
▽[POSランク6月ソーセージ製品]「シャウエッセン」が首位
▽HIS、北海道ブランド牛「美蘭牛・福姫」の流通開拓へ
▽ワン・ダイニングが新業態をオープン、既存業態より低価格で提供
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】豪州産は在庫多くモモで投げも
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】豪生体高、入船遅延も深刻
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]27日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]27日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]27日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]ソーセージ製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次

2021年7月27日
▽【8月の市況見通し】(1)7月畜種別の概況
▽【大手牛肉サプライヤーにきく】ハニューフーズグループ 浅田充隆取締役国産事業本部長
 「西日本の販売強化、輸出にはてこ入れ図る」
▽[肉豚出荷予測]12月は146万6千頭で前年比4%減
▽第1四半期肉用子牛補給金は交付なし—農水省
▽国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」開始—農水省
▽JAタウンで鹿児島の味「ふるさと便」オープン
▽[外食産業市場動向・6月]焼き肉27・5%減、酒類禁止が影響
▽[役員人事]マルイチ産商・代表取締役会長に藤沢政俊氏
▽加古川中畜共励会、岩国ファームの名誉賞牛を寺鼻畜産が落札
▽[JCA・6月]豚肉の動き鈍く畜産品は前年比1・1%減
▽【関西輸入副生物現物相場】旧盆までジリ高傾向続くか
▽RETOWNが大阪市に青空焼き肉の新業態をオープン
▽[POSランク6月ハム製品]「朝のフレッシュロースハム」が首位
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]24・26日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]26日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]26日
▽[資料]ハム製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次

2021年7月26日
▽輸入鶏肉が強気に、タイ産減少・先高感強まり確保の動き
▽ドイツ家畜豚で初のASF発生、ブランデンブルグ州で3例確認
▽【大手牛肉サプライヤーにきく】エスフーズ 平井博勝専務取締役営業本部長兼国内食肉事業部長
 「輸出好調牛輸入産地拡大へ」
▽[役員人事および組織変更]伊藤ハム米久HD(10月1日付)
▽[加工品仕向肉量・5月]国産、輸入の合計数量は3万6375t
▽[肉類通関速報・6月]計24万4千tで2・8%減、米国は14・3%増
▽カナダビーフ国際機構、「応援」テーマECサイト向けキャンペーン実施
▽日本ハム、韓国の人気屋台グルメ発売
▽[JSA6月]畜産品の売上高は前年同月比2・6%減
▽[機構改組と人事異動]スターゼン、業務管理部を営業本部長直轄に
▽[POSランク5月その他加工肉製品]「適量適価サラダチキン」首位
▽牛・豚部分肉製造マイスター資格受付開始
▽[関西の輸入牛肉現物相場]先物価格高騰、入船遅れで相場は高止まり
▽【東京食肉卸売市場】牛はもちあい、豚は強含み
▽【大阪市食肉卸売市場】牛は買い気弱く、豚はまちまち
▽【ブロイラー市中現物相場】国産はムネにシフト、輸入は品薄高
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]21日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]21日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]21日
▽[資料]その他製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次

2021年7月21日
▽各類の主要銘柄が軒並み減少し全体でも減ー5月の食肉加工品
▽【大手牛肉サプライヤーにきく】スターゼン 池尻尊広執行役員営業本部長
 「ECサイトを強化新規輸入先国開拓する」
▽日本食肉市場卸売協会が理事会を開催、役付では小川会長らを再任
▽7月の食品価格動向調査、輸入牛肉は前月比14円高、国産は1円高
▽野上農相、25日からローマで開催の食料システムプレサミット出席へ
▽東南アジア各国と持続可能な農業生産・食料システムに合意
▽[配合飼料生産量・5月]計188万7400tで前年比0・4%減
▽テーブルマーク・ケイエス冷食がオンラインで秋季合同新商品発表会
▽プリマハム「香薫ウインナー」の工程が体験できる食育コンテンツ登場
▽次期共通農業政策改革案について暫定合意—EU
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米通関遅れもほぼ影響なし
▽[鶏肉輸入予測数量]8月4万5500tで前年比12・9%増
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】ショープレやや下げるも高止まり
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]20日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]20日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]20日
▽[資料]食肉加工品生産量(5月分)

2021年7月20日
▽[USDA需給予測]22年食肉生産総量、約1072億ポンドで微増
▽【大手牛肉サプライヤーにきく】プリマハム  矢野雅彦専務執行役員食肉事業本部長
 「加工ミートを拡充アフターコロナ視野に」
▽食品表示法、牛トレーサビリティ法令和2年度の指導件数を公表
▽横浜市場ミートフェア、名誉賞は日本精肉店が1万2053円で落札
▽おが粉の価格上昇に対応を農水省が代替事例の周知呼びかけ
▽みやぎ新名物「せんぎゅう丼」デビュー、仙台牛メインの丼を1千円台で
▽米久が「お肉屋さんの大豆MEAT」シリーズ4品の全国発売開始
▽JA全農ミートフーズ役員体制、太田邦光氏が専務取締役に就任
▽[関西輸入副生物現物相場]緊急事態明け外食底打ち感、ジリ高か
▽マルイチ産商見本市、金賞牛キロ3400円で大国屋が購買
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]19日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]19日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]19日
▽[資料]洋総菜製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]畜産統計ブロイラーの飼養戸数・頭数

2021年7月19日
▽【大手牛肉サプライヤーにきく】伊藤ハム 若木孝優常務取締役食肉事業本部長
 「変化に幅広く対応グループで調達を強化」
▽米国産牛肉SG発動基準見直し、引き続き断続的に協議中—農水省
▽農林水産関係の大雨被害状況、現時点で66億円にのぼる—農水省
▽農水省、子供向けのオンラインプログラム「マフ塾」のサイト開設
▽農水省、安全意識向上のため事故体感VR映像を作成
▽[組織変更・人事異動]福留ハム(8月1日付)
▽いわちくが株主総会、新代表取締役社長に藤村明智氏が就任
▽ニッポンハム食の未来財団「食物アレルギー」研究助成の公募開始
▽[POSランク5月洋総菜製品]「石窯工房マルゲリータ1枚」が首位
▽3日間で学ぶ加工品セミナー全国食肉学校で8月19日から開催
▽信州ハム新商品、冷凍で人気の「グリーンマーク」3品をセットに
▽【東京食肉卸売市場】牛は上物底堅く、豚は弱もちあい
▽【大阪市食肉卸売市場】牛は手当て入らず、豚一定の高値を維持か
▽北海道、沖縄への航空便搭乗者に8月31日まで無料のPCR検査
▽[役員異動]JA東日本くみあい飼料(株)
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]16日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]16日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]16日
▽[資料]洋総菜製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[資料]畜産統計豚の飼養戸数・頭数

2021年7月16日
▽【大手牛肉サプライヤーにきく】日本ハム 木藤哲大代表取締役副社長執行役員食肉事業本部長新
 「ビジョンに向けタンパク質を安定供給」
▽神戸ビーフを堪能できる「神戸ビーフギャラリーTOKYO」オープン
▽利益面は大幅な増益を達成ーエスフーズの第1四半期決算
▽生産者や消費者の利益確保に向けた法律の強化に着手—USDA
▽全国都道府県議会議長会、豚熱対策強化など農水省に要請
▽日本ジビエ振興協会が消費拡大プロジェクト「ゴーゴー・ジビエ」
▽豚頭数増加に転じる、需要増で鶏も伸長—令和3年畜産統計(下)
▽[関西の輸入牛肉現物相場]先物価格高騰、入船遅れで相場は高止まり
▽【ブロイラー市中現物相場】国産モモジリ安続く、タイ産強含み
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]15日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]15日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]15日
▽[資料]中華総菜製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]畜産統計肉用牛の飼養戸数・頭数(続き)

2021年7月15日
▽豚枝肉相場は高値継続、内食需要中心でウデ、モモなど堅調
▽食品表示に関する消費者庁調査消費者と法整備に温度差も
▽鳥取県、和牛などの需要回復・拡大に向け農水省に支援要請
▽GAP総合研究所が認証制度セミナー
▽熱環境を遠隔モニタリング「サーモニ」—ライブストックジャパン
▽日本食鳥協会関西支部が情報交換会「拡大火曜会」をリモートで開催
▽カナダポーク、ことしも「世界親と子のクッキング大賞」に協賛
▽21/22年度の穀物生産量は消費量を上回る見込み—USDA報告
▽[POSランク5月中華総菜製品]「中華名菜酢豚」が首位
▽キンリューフーズが新商品「牛炒め物のたれ」を店舗限定で新発売
▽エバラ「黄金の味」サッカー日本代表デザインボトルを数量限定発売
▽中国鶏肉2030年までの動向、豚肉生産回復で鶏肉需要が弱まる
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは全体的にタイト、Fは引き続き鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともに中部位の荷動き良化
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]14日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]14日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]14日
▽[資料]中華総菜製品6月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽畜産統計肉用牛の飼養戸数・頭数

2021年7月14日
▽肉用牛頭数2%増、繁殖雌牛は6年連続伸長—令和3年畜産統計(上)
▽青森県豚熱ワクチン接種プログラム承認—農水省疾病小委
▽フランスのロワレ県などで鳥フル、一部地域で一時輸入停止—農水省
▽SDGs実現に向けた植物性代替肉、従来の食肉とは共存共栄へ
▽5月末全国牛飼養頭数計395万頭で1%増—個体識別記録
▽USMEF、アメリカンポークの販促に向けたさまざまなCPを実施中
▽南部市場出荷団体協が肉牛枝共、合同会社エビハラが市長賞
▽日本SPF豚協会が理事改選、北島克好会長ら再任
▽中国豚肉2030年までの動向、生産量増で輸入量減か
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米国産高止まり
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】東京五輪近づくも影響ないか
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]13日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]13日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]13日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(7)

2021年7月13日
▽コロナ感染防止の中小企業庁補助金精肉店、焼き肉店も多数採択
▽千葉県・栃木県、香港向けの家禽由来製品輸出が9日より再開
▽全国知事会、湯崎委員長がコロナ下の産業振興と基盤強化へ要請
▽ジェトロがベトナム市場を調査経済成長で日本産食肉に商機続く
▽[ソーセージ輸入5月]計2019tで15%減、米国は増
▽[鶏肉調製品輸入5月]計3万6千tで2%増、タイ減だが中国伸長
▽ブロック肉の保存、熟成に最適な「ミートラッパーふきんタイプ」
▽食品産業輸出向け対応施設整備事業で第4回募集—農水省
▽中国農業展望大会、2030年までの牛肉生産量など見通し
▽【関西輸入副生物現物相場】連休を控え底堅い、下旬にかけ一段高か
▽南港交雑牛共励会の最優秀賞はウエストヒルズファーム出品牛
▽「宮城県産食材フェア」で仙台牛を手頃な価格で提供—全農
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]12日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]12日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]12日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(6)

2021年7月12日
▽持続可能な食環境検討会が報告書、減塩など商品積極開発を—厚労省
▽仙台市場46周年記念共進会、和牛去勢名誉賞は川村ファーム
▽牛マルキン5月、肉専用種14道県で交付、乳用種も2万1420・5円
▽令和3年度第1四半期の豚マルキンは交付なし
▽神奈川県で豚熱発生、飼養状況4328頭で8日から殺処分開始
▽食品事業者に調査、HACCP完全義務化後も導入完了4割弱
▽7月からの大雨による農林水産関係の被害額約9億円—農水省
▽味の素冷食、「黒豚大餃子」など新製品4品種を来月発売
▽萬野屋が大阪梅田地下街「ホワイティうめだ」に焼き肉店オープン
▽岡山県・美作市獣肉処理施設が国産ジビエ認証施設に認定
▽【東京食肉卸売市場】牛はもちあい、豚は600円超え
▽【大阪市食肉卸売市場】牛はもちあい以上、豚引き続き600円台
▽姫路市場共進会、岡山の伍協牧場さんが名誉賞を受賞
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]9日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]9日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]9日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(5)

2021年7月9日
▽豚熱ワクチン接種農場での疫学調査踏まえ予防対策—農水省
▽ALICと台湾中央畜産会が情報交換会、双方とも巣ごもり消費続く
▽5月の豚肉輸出は合計92t、前年比47・4%増
▽JA鹿児島が農水省に繁殖牛生産基盤強化対策など要請
▽[調理食品支出金額・5月]ハンバーグ18・5%増、コロッケ増加
▽ニチレイフーズ秋季新商品発表会、ムネ肉使用の「むねから」提案
▽[POSランク5月焼き豚製品]「もう切ってますよ!焼豚」が首位
▽【7月の市況見通し】(5)鶏肉・内臓肉
▽MV西日本22年2月期第1四半期決算、畜産売上高前期比5・6%減
▽【7月の市況見通し】(6)素牛
▽兵庫県肉連総会、7月に「神戸ビーフギャラリー」を浅草にオープン
▽【関西の輸入牛肉現物相場】C、Fとも入船遅れで在庫タイト
▽JICCEが科学的根拠に基づく飲食店のコロナ対策第三者評価制度
▽【ブロイラー市中現物相場】国産モモ600円切るか、ムネ堅調
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]8日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]8日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]8日
▽[資料]日本食肉流通センター市況
▽[資料]焼き豚製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次

2021年7月8日
▽5月牛肉輸出は560tで前年比139・2%増、単価6995円
▽中原新潟市長が宮内副大臣に食肉センター補助制度の創設等要請
▽茨城豚枝肉共、最優秀賞・大臣賞はSCミートが3505円で落札
▽[食肉家計調査・5月]肉類支出は8・5%減、各品目で前年以下
▽[豚肉調製品輸入通関・5月]シーズンドなど合計1万1120t
▽【7月の市況見通し】(4)国産豚部分肉、輸入豚肉
▽スターゼンが富士総合食品と業務提携、機内食事業のノウハウ生かす
▽全国百貨店売上高、5月は2465億円と既存店65%増
▽[鶏肉需給動向・5月]推定出回り量は前年比5・5%増
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは需給締まる、Fは引き続き鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともにスソ物やバラに引き合い
▽11月に福岡で全国会議へ、第3回推進委WEB会議で議論—食肉協
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]7日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]7日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]7日
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(4)

2021年7月7日
▽スターゼンが富士総合食品と加工食品事業に関する業務提携契約を締結
▽[畜産物卸売価格・6月]和牛去勢A4価格は前年同期比538円高
▽ミート・コンパニオン阿部社長、ニイチク山田社長が相互の取締役に
▽マルハニチロ秋季新商品発表会、「極旨!ももから揚げ」が一押し商品
▽家畜改良事業団が総会、二層式ストローと性選別精液受胎率向上へ
▽[牛肉需給動向・5月]推定出回り量は前年比0・5%減
▽[訃報]西宮食肉事業協同組合の石田理事長が逝去
▽【7月の市況見通し】(3)輸入牛肉・豚枝肉
▽飛騨牛フェスタを開催、最優秀賞を9515円で丸明が購買
▽兵庫県食肉生活衛生同業組合の総会、全役員の留任決める
▽[豚肉需給動向・5月]推定出回り量は前年比2・7%増
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米入船遅れで一時的に在庫が枯渇
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】米卸売指標価格が大きく下落
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]6日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]6日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]6日
▽[資料]畜産物卸売価格の推移(6月)

2021年7月6日
▽[全国の食肉推定在庫・5月]全在庫52万301tで前年比16・4%減
▽【7月の市況見通し】(1)6月畜種別の概況
▽【7月の市況見通し】(2)牛枝肉・牛部分肉
▽岩手県が全養豚場での豚熱ワクチン接種開始、初回43万頭
▽[人事異動]農水省・7月1日付(4)
▽[人事異動]茨城県中央食肉公社(6月22日付)
▽食肉流通標準化システム協議会が書面総会、標準化(案)の策定へ
▽プリマハムが「東京ディズニーリゾートパークグッズプレゼントCP」
▽「未来につながる持続可能な農業推進コンクール」募集開始—農水省
▽京都府食肉公取協と生衛組合が総会、吉岡会長と木村理事長を再選
▽【関西輸入副生物現物相場】7月も定番商材に品薄感強く、高値推移か
▽神奈川食肉センター、金宮秀典氏が新社長に
▽JOUJOUがシューマイ専門店「焼売酒場マッコイ」をオープン
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]5日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]5日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]5日
▽[資料]ベーコン製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]5月分の食肉輸入通関実績(3)

2021年7月5日
▽6月豪州産対日輸出量、牛肉は2万1千tで前年比3・3%減
▽全農肉牛枝共、名誉賞に川村ファーム、8010円で小川畜産興業落札
▽[訃報]辻雅弘氏(貞光食糧工業(株)名誉会長)
▽食肉学校販売科32期13人卒業「全員で成長できたのが大きな財産」
▽コーンテックがプリマハムグループと共同でAIカメラ実証実験開始
▽ハイライフポーク、人気の先進電気グリルとコラボキャンペーン
▽日本ハムがロングセラー商品の大容量パック2品を新発売
▽コープこうべの新理事長に馬場一郎氏、組合長理事に岩山利久氏
▽[人事異動]農水省・7月1日付(3)
▽【東京食肉卸売市場】牛・豚ともにもちあい
▽【大阪市食肉卸売市場】牛はもちあい推移、豚入荷増えず高値維持
▽京都肉牛枝肉共進会で㈲京都丹波牧場・平井和恵氏が知事賞受賞
▽[POSランク5月ベーコン]「朝のフレッシュハーフベーコン」首位
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]2日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]2日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]2日
▽[資料]ベーコン製品5月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽[資料]令和3年5月分の食肉輸入通関実績(2)

2021年7月2日
▽コロナ発生踏まえ、食料安全保障対策強化まとめる—農水省
▽5月と畜頭数は豚が1・5%増、成牛は1・2%増—食肉流通統計
▽日本養豚協会、豚枝肉取引規格見直しなどを格付協会に要請
▽南州Gが飼料生産会社新設、地域活性化と耕畜連携で循環型農業を推進
▽ファーム・スタジオが特定建設業の免許取得で本格始動
▽「導入済み」が前年比で20%強のアップ農水省HACCP調査
▽伊藤ハムが「ピザガーデン」から期間限定「旨辛ソーセージ」発売
▽[人事異動]農水省・7月1日付(2)
▽米国6月1日現在豚総飼養7491万3千頭、前年同期比1・7%減
▽DX実現に向け、日本公庫農林水産事業部と協定締結—農水省
▽DSMが持続可能な食料システムの取組説明、畜産分野も
▽米久が創業からの開発力・技術力を注ぎ込んだ「米久の本焼豚」新発売
▽【関西の輸入牛肉現物相場]C豪州産はバラ系や赤身に引き合い
▽英国、航空機補助金を巡る米国との追加関税措置の停止を合意
▽【ブロイラー市中現物相場】モモジリ安続く、ムネやササミ堅調
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]1日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]1日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]1日
▽[資料]日本食肉流通センター市況

2021年7月1日
▽豚熱対策強化へ疾病小委で飼養衛生管理など改正案議論—農水省
▽[人事異動]農水省・7月1日付
▽大阪市食肉市場が株主総会を開催、取扱肉牛が増加、肉豚が減少に
▽豚熱対策検討委設立し科学的に議論、農水省に要請も—JPPA
▽乳用牛への黒毛和種交配状況、3年第1四半期全国で2%増
▽マイコック産業の代表取締役に経塚陽一氏
▽日本食肉市場卸売協会が総会、小川会長「コロナ禍で経営環境厳しく」
▽[鶏肉輸入通関5月]計4万6千tで28%増、ブラジルとタイ伸長
▽MLA「レッツバービー!」CP発表会(下)より多くの人に発信を
▽USMEFが外食向けウェビナー開催(下)モモ系やカウの提案も
▽年に1度の開催「神戸ビーフ雌共励会」の最優秀賞に田村さん
▽伊藤ハム米久HDが支配株主等に関する事項を発表
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは荷動き堅調、Fは全体的に鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともにバラ、カタロースに動き
▽ローマイヤ直営店、日本橋高島屋の催事売場を拡張
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]30日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]30日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]30日
▽[資料]乳用牛への黒毛和種の交配状況

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top