食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

数字でみる食肉産業2020

年鑑

購読料改定のお願い

  ㈱食肉通信社は2020年(令和2年)4月から本紙「週刊食肉通信」(毎週火曜日発行)の年間購読料金を、現行2万3千円(消費税、送料込み)から2万5千円(同)に改訂させていただきます。

 国内ではHACCP導入の義務化、豚肉の疾病であるPED、CSF、国際的にはTPP11や日欧EPA、TAGなどの発効、ASFのまん延など、食肉・畜産業界を取り巻く環境がますます厳しさを増している中、購読者の皆さまにご負担をおかけすることは誠に心苦しい限りですが、昨年の消費税増税など、諸事情をご賢察、ご理解の上、引き続きのご愛読をお願い申し上げます。

 本紙の現行購読料は2009年(平成21年)4月1日に改訂させていただきましたが、その後、11年にわたり購読料金を据え置いてまいりました。食肉・畜産業界の専門紙としての紙面づくりは、ご賢察のとおり、すべてが人手によるものです。編集部門を中心に相当の人手を要し、ほかの製造業のように量産によるコストダウンはむずかしい状況にあります。もとより、弊社といたしましても紙面制作の内製化や人員減によるコストダウンに努めてまいったところでありますが、自助努力も限界に達してきました。

 弊社といたしましては引き続きさらなるコストダウンに努めますとともに、購読者の皆さまのご要望におこたえする紙面づくりに最大限の努力を重ねてまいる所存です。食肉・畜産業界の専門紙としての使命を果たしていくためにも、皆さまの温かいご支援・ご協力をお願い申し上げます。

 なお、本紙購読料は「前納制」をなっておりますので、協力下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。

㈱食肉通信社

◆行政・統計

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

和牛肉等販売促進緊急対策事業、農水省が実施要領定める

 農水省は、令和2年度補正予算により、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた和牛肉等の需要喚起を図るため、学校給食への提供や外食産業等への販売促進の取り組みを支援する「和牛肉等販売促進緊急対策事業」(予算額1,368億4千万円の内数)の事業...
More

◆トレンド

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

国産鶏肉高値を維持、緊急事態宣言解除も外食回復には時間

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除され、社会・経済活動が再開される動きにあるが、感染拡大のリスクと不安は残り、感染防止対策を講じた新しい生活様式や飲食店などの営業を含め、少しずつ進むとみられる。インバウンド需要も依然見...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

丸大食品が「燻製屋」ウインナーをリニューアル、新商品も投入

 丸大食品は、春季新商品として「燻製屋」シリーズからホワイトタイプのウインナー「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー ホワイト」を新発売するとともに、主力商品である「燻製屋 熟成あらびきポークウインナー」でもリニューアルを行った。 「ホワイ...
More
Return Top