食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

購読料改定のお願い

  ㈱食肉通信社は2020年(令和2年)4月から本紙「週刊食肉通信」(毎週火曜日発行)の年間購読料金を、現行2万3千円(消費税、送料込み)から2万5千円(同)に改訂させていただきます。

 国内ではHACCP導入の義務化、豚肉の疾病であるPED、CSF、国際的にはTPP11や日欧EPA、TAGなどの発効、ASFのまん延など、食肉・畜産業界を取り巻く環境がますます厳しさを増している中、購読者の皆さまにご負担をおかけすることは誠に心苦しい限りですが、昨年の消費税増税など、諸事情をご賢察、ご理解の上、引き続きのご愛読をお願い申し上げます。

 本紙の現行購読料は2009年(平成21年)4月1日に改訂させていただきましたが、その後、11年にわたり購読料金を据え置いてまいりました。食肉・畜産業界の専門紙としての紙面づくりは、ご賢察のとおり、すべてが人手によるものです。編集部門を中心に相当の人手を要し、ほかの製造業のように量産によるコストダウンはむずかしい状況にあります。もとより、弊社といたしましても紙面制作の内製化や人員減によるコストダウンに努めてまいったところでありますが、自助努力も限界に達してきました。

 弊社といたしましては引き続きさらなるコストダウンに努めますとともに、購読者の皆さまのご要望におこたえする紙面づくりに最大限の努力を重ねてまいる所存です。食肉・畜産業界の専門紙としての使命を果たしていくためにも、皆さまの温かいご支援・ご協力をお願い申し上げます。

 なお、本紙購読料は「前納制」をなっておりますので、協力下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。

㈱食肉通信社

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top