食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

速報 2020年2月

2020年2月28日
▽[食肉輸入通関1月]牛6・3%減、豚17・1%増、鶏0・8%減
▽[牛・豚・鶏肉需給予測]3月生産量は牛減少、豚・鶏は増加
▽自民畜酪、酪肉近と家畜改良増殖目標の骨子案示す
▽[JCA・1月]牛・豚・鶏肉の動き鈍い
▽[牛肉輸入通関・1月]チルド4・0%増、フローズン12・9%減
▽青雲ミート会関西支部が総会を開催—中川支部長が辞意
▽牛のと畜頭数の見込み(1〜6月)、和牛は前年同期比約3%増
▽[豚肉輸入通関・1月]計7万2332tで前年同月比17%増
▽市場協幹部職員業務研修会(下)、輸出の効果や各国の現状など講演
▽[外食産業市場動向・1月]焼き肉は店舗増と年始需要が好調
▽【関西の輸入牛肉現物相場】豪州産入船遅れ、なおも続く
▽【ブロイラー市中現物相場】国産弱含み、ブラジル産もよう眺め
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]27日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]27日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]27日

2020年2月27日
▽全肉連HACCP普及で「手洗いマニュアル」、新型コロナ対策にも
▽リテールAI活用で流通の進化目ざす—日本ハムなどプロジェクト参画
▽[人事異動]日本ハム(令和2年4月1日付)
▽飼料用米活用畜産物日本一、桜井さんちのひたち米豚が政策統括官賞
▽沖縄県うるま市でCSFの疑似患畜を確認、国内57例目
▽伊藤ハム神戸青年経営研究会が新年会を開催
▽井土賢一大阪食鳥組合副理事長の旭日単光章受章お祝いの会を開催
▽豚肉勉強会、国産種豚の現状や重要性などテーマにセミナー開催
▽自民畜酪合同会議、養豚農業振興法の改正案を提示
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは品薄感緩む、Fは外食需要鈍く
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cはロイン系など良化、Fはもちあい
▽[組織変更]日本ハム(令和2年4月1日付)
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]26日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]26日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]26日
▽第53回欧州食肉産業視察ツアー2020参加申込書
▽[資料]修正版19年12月・食肉加工品生産数量調査報告書および食肉加工品仕向肉量

2020年2月26日
▽低需要部位活用の新需要創出成果発表会、業界への波及重要
▽日本ハム・ソーセージ工業協同組合東海支部が年頭会議を開催
▽2月米牛飼養は1192万8千頭、1月導入は195万5千頭
▽「りんご和牛信州牛」を首都圏に発信、外食ユーザー招き試食会
▽[訃報]山下久氏(加茂川元舗代表取締役)
▽食肉学校が卒業記念感謝祭、「誠肉屋」で地元の精肉など販売し盛況
▽江藤農相、家伝法改正閣議決定「速やかな審議お願いしたい」
▽【関西輸入副生物現物相場】需要の大幅減で低調な展開が続く
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米ロイン系の荷動き好調
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】中国の買いに動き
▽牛・鶏の畜産農家向け飼養衛生管理点検ステッカーの配布開始
▽アフリカ豚熱(ASF)国際シンポ、ASFの情報共有
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]25日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]25日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]25日
▽[資料]ソーセージ製品1月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]ベーコン製品1月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)

2020年2月25日
▽防護柵推進、ASF殺処分の経営再開支援充実を—養豚協合同会議
▽[加工品仕向肉量・12月]国産、輸入の合計数量は3万8301t
▽[POSランク1月ソーセージ]日本ハム「シャウエッセン」首位
▽1月牛個体識別総頭数、全国頭数は前年同月比1・1%増
▽名人会枝共、名誉賞に平尾博さん、3596円で中村畜産が購買
▽江藤農相、農水省のコロナ対応「テレワークの拡大と時差出勤を活用」
▽ネブラスカ州産牛肉・キャプテンビーフの感謝祭、同州関係者参加
▽米久が新商品「豚ロース花こうじ味噌漬け」発売、夕食の1品提案
▽[JSA1月]暖冬の影響で牛・豚肉ともに鍋物商材が不調
▽【関西の輸入牛肉現物相場】豪入船遅れ続き、Fや米国産に引き合い
▽ブルガリアからの家禽肉等を一時輸入停止—農水省
▽【東京食肉卸売市場】和牛は弱もちあい、豚は弱含み
▽【大阪市食肉卸売市場】牛下落し危険水域、豚も弱気ながら乱高下
▽[配合飼料生産量・12月]生産量は前年同月比1・6%増
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]21日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]21日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]21日
▽[資料]ソーセージ製品12月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)

2020年2月21日
▽人手不足対応急務、自動・省力化研究成果報告—生産技術開発センター
▽市場協が幹部職員業務研修会開催、牛肉輸出などテーマに講演(上)
▽微増ながら年計では前年を割る—昨年12月の食肉加工品生産量
▽USMEFがセミナー、ネブラスカ大学教授のカッティング実演も
▽福岡生まれ、福岡育ちの「はかた一番どり」、20周年の記念フェアを開く
▽沖縄のワクチンプログラムを確認、食品残さ適正処理を指摘
▽【ブロイラー市中現物相場】鍋需要に加え外食不振で荷動き鈍化
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]20日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]20日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]20日
▽[資料]ハム製品1月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]食肉加工品生産数量調査報告書(2019年12月分)
▽[資料]令和元年12月分の食肉輸入通関実績(8)

2020年2月20日
▽[USDA需給予測]20年食肉生産総量は前年比3・4%増
▽CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布
▽[肉類通関速報・1月]輸入通関量は前年同月比4・3%増
▽茨城、栃木、千葉3県がCSFワクチン接種を開始
▽沖縄県のワクチン接種プログラムを確認へ—牛豚等疾病小委
▽[鶏肉輸入予測数量]1〜3月はそれぞれ前年同期を上回る予測
▽[POSランク1月ハム]伊藤ハム「朝のフレッシュロースハム」首位
▽和牛遺伝資源関連2法案の条文案が了承、自民農林合同会議
▽韓国が1月から国産鶏肉・鶏卵等のトレーサビリティを開始
▽米中経済貿易協定が第1段階の合意、米国農業団体はおおむね歓迎
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは一部タイト、Fは引き合い弱い
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともにバラの荷動き良化
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]19日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]19日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]19日
▽[資料]ハム製品1月POS売れ筋品目ベストランキング月次(1)
▽第53回欧州食肉産業視察ツアー2020申込書
▽[資料]令和元年12月分の食肉輸入通関実績(7)

2020年2月19日
▽牛肉の放射性物質自主検査4月から終了、ハム組合が通知
▽メキシコからの30カ月以下の骨付き牛肉が輸入解禁
▽江藤農相、コロナ影響「大きな変動ないが、今後については注視」
▽[畜産物卸売価格・1月]全国と畜頭数は豚1・9%減、成牛3・5%減
▽新レトルトカレーブランドを展開ー丸大食品の新商品発表会(3)
▽植物蛋白食品協が技術セミナー、ヴィーガンや大豆ミートについて
▽「農林水産省地球温暖化対策推進チーム」が19日に設置
▽[人事異動]ニチレイフレッシュ・4月1日付
▽【関西輸入副生物現物相場】コロナの影響で飲食店向けの需要が大幅減
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】米バラ系、カタ系は引き合い強い
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】来月は決算月で輸入がタイト
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]18日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]18日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]18日
▽[資料]畜産物卸売価格卸の推移(1月)
▽[資料]令和元年12月分の食肉輸入通関実績(6)

2020年2月18日
▽ASFウイルスがニホンイノシシにも感染する実験結果ー農研機構
▽JAグループ佐賀が佐賀牛枝共を開催、GCは中江貞美氏が通算3度目
▽全農チキンフーズ新商品「鶏もも味噌漬け」や「鶏ハム」など
▽「燻製屋」にホワイトタイプなど投入ー丸大食品の新商品発表会(2)
▽[寄稿]第68回国際食肉科学技術会議組織委員会・松石昌典事務局長 第68回国際食肉科学技術会議(ICoMST)2022年神戸開催について
▽(株)暁と東広島市有害獣処理加工施設が国産ジビエ認証施設に
▽Newドギーバッグアイデアコンテストの開催
▽中国財務部が豚肉や乳製品等の一部の輸入税率を引き下げ
▽世界の主要穀物需給予測(1月)、とうもろこし期末在庫再び3億t割れ
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]17日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]17日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]17日
▽[資料]韓国におけるASFの発生状況
▽[資料]令和元年12月分の食肉輸入通関実績(5)

2020年2月17日
▽「創」をテーマに—丸大食品の20年春季新商品発表会(1)
▽福留ハムの20年3月期第3四半期決算、売上高198億9600万円
▽[人事異動]林兼産業—4月1日付、食肉営業部長に三牧・東京支社長
▽[人事異動]日鉄物産(4月1日、6月下旬)
▽林兼産業の第3四半期決算は増収増益、畜産食品事業は豚肉売り上げ減少
▽マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設
▽【事務所移転】カナダビーフ国際機構(2月20日)
▽日清丸紅飼料、低脂質・低カロリーの新ブランド「たんとん」初披露
▽欧州委員会、10億ユーロ(1239億円)の融資プログラムを95%承認
▽カッティング共励会、優勝はいわちくの志村さん、初の女性出場者も
▽MLA産業予測、2020年の生産量、輸出量は減少か
▽【東京食肉卸売市場】和牛は弱含み、豚はもちあい
▽【大阪市食肉卸売市場】和牛弱く交雑強い、豚は売れ悪くもちあい
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]14日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]14日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]14日
▽[資料]令和元年12月分の食肉輸入通関実績(4)

2020年2月14日
▽1月豪州産対日輸出量、牛肉は5・0%減の1万8312t
▽MLAプロジェクションセミナーを東京で開催、約400人参集
▽カナダ大使館がCPTPP発効1周年テ—マにセミナー
▽「USビーフ・リライズ」第一弾を京都で開催—牛若商事
▽【人事異動】スターゼン4月1日付
▽「やみつきになる極あらびきウインナー」新発売ーフードリエ新商品発表会(2)
▽故東平八郎氏「お別れの会」に業界人多数参会、別れ惜しむ
▽ドイツからの生きた家禽、家禽肉等を輸入停止
▽【関西の輸入牛肉現物相場】コロナウイルスの影響で入船遅れ欠品も
▽【ブロイラー市中現物相場】国産モモ弱気で600円割る
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]13日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]13日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]13日
第53回欧州食肉産業視察ツアー2020申込書
▽[資料]令和元年12月分の食肉輸入通関実績(3)

2020年2月13日
▽[2019年鶏肉輸入]計56万tで微増、ブラジル増だがタイ減
▽新工場の本格稼働など寄与し増収増益ー丸大食品の20年第3四半期決算
▽滝沢ハムの第3四半期決算は減収減益、外食部門は2・2%増
▽自民農林部会合同会議、和牛遺伝資源関連2法の骨子案を了承
▽茨城、栃木のワクチン接種プログラムを確認—牛豚等疾病小委
▽NB商品の強化に努めるーフードリエ新商品発表会(1)
▽名古屋食肉買参組合が初の南部市場活性化肉牛枝肉品評会開催
▽大阪・全農牛枝共、和牛の部最優秀賞・農林水産大臣賞に藤原正博さん
▽[人事異動]プリマハム・4月1日付
▽[組織変更]プリマハム・4月1日付、イノベーション推進部新設
▽シャルキュトリー講習会が3月24日、大阪市で開催
▽消費者庁1月物価モニター調査、豚肉ロースは前年同月比4・3増
▽【関東の輸入豚肉現物相場】Cは通関遅れで一部タイト、Fは鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】Cはモモの引き合い強まる、Fはもちあい
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】豪グラスは1カ月の通関遅れ
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】コロナで中国からキャンセルも
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]12日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]12日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]12日

2020年2月12日
▽[2019年の輸入豚肉動向]合計96万t、C、Fともに前年上回る
▽神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす
▽[POSランク12月その他]共栄食肉「味付ロースジンギスカン」首位
▽この人に聞く 日本メープルリーフフーズ(株)ロン・ギブソン社長(下)「世界で最もサステナブルな企業目標、各工場の特徴生かし差別化」
▽優良経営小売店等表彰の募集がことしも決定、優れた食肉小売店求む
▽JAグループが「肉の日」(2月9日)に合わせ、日本の畜産応援CP
▽江藤農相、牛肉の中国輸出「新型肺炎のため検査員に早期の来日望まない」
▽アルゼンチン新政権が輸出税を再度引き上げ、牛肉15%
▽【関西輸入副生物現物相場】コロナウイルス騒ぎで飲食店向け落ち込む
▽[日本食肉流通センター市況]
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]10日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]10日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]10日
▽[資料]その他加工肉製品12月POS売れ筋品目ベストランキング月次(2)
▽[資料]令和元年12月分の食肉輸入通関実績(2)

2020年2月7日
▽【2月の市況見通し】(5)鶏肉・内臓肉
▽CSF推定殺処分数は累計で16万4千頭に
▽alicが「海外の持続可能な畜産における取り組み」のセミナー(上)
▽[豚肉需給動向・12月]推定出回り量は前年同月比5・3%増
▽【2月の市況見通し】(6)素牛
▽エバラ食品工業の第3四半期は増収減益、鍋物系は売上5・3%増
▽[鶏肉需給動向・12月]推定出回り量は前年同月比0・2%増
▽[ソーセージ輸入12月]3366tで18%増、年計で中国3割伸長
▽[鶏肉調製品輸入12月]4万7千tで1・6%増、年計は微減
▽エバラ食品が新商品、「黄金の味」ブランドから32年ぶり新テイスト
▽食物アレルギーに配慮したレシピブック配布—プロジェクトA
▽【関西の輸入牛肉現物相場】新型肺炎による観光客減で外食消費減退も
▽全肉連のしまね和牛産地販売会第5回開催が神戸で実施
▽【ブロイラー市中現物相場】国産やや堅調、ブラジル産弱含み
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]6日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]6日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]6日

2020年2月6日
▽自民畜酪対策委、和牛流通管理の適正化に関する法案の検討状況を説明
▽5日からASFのまん延防止として予防的殺処分が可能に
▽食肉事業の収益改善で増収増益—伊藤ハム米久HDの第3四半期
▽関税定率法等の一部を改正する法案を国会提出
▽大阪市場の新整備計画の進ちょくについて運営協議会で説明
▽[肉豚出荷予測]7月は平年並み、4〜6月平年比1%減
▽伊藤ハム米久HDが昨年末の火災を報告し、通期業績見通し修正
▽カナダビーフ国際機構がSMTSに出展、試食などを通じ来場者にPR
▽常温保存アイテムなど多数発表ープリマハム関西新商品説明会
▽最新の豪州牛肉情報を披露—MLAが大阪でセミナーを開催
▽スターゼン、機構改組(2020年4月1日付)
▽[全国の食肉推定在庫・12月]全在庫は前年同月比10・9%増
▽【2月の市況見通し】(4)国産豚部分肉、輸入豚肉
▽[牛肉需給動向・12月]推定出回り量は前年同月比4・9%増
▽スターゼン、人事異動(2020年4月1日付)
▽【関東の輸入豚肉現物相場】C、Fともに荷動き鈍い
▽【関東の国産豚肉現物相場】C、Fともにバラ、カタロース鈍る
▽「はかた一番どり」が生誕20年、同推進協議会が福岡県知事を表敬訪問
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]5日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]5日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]5日

2020年2月5日
▽食品衛生管理に関する技術検討会、と畜場などの手引書を確認
▽スターゼンの第3四半期決算は減収減益、輸入牛肉の減収が影響
▽中田二郎氏、竹内裕嗣氏、松井陽樹氏が食肉産業優良企業等表彰の大臣賞
▽【昨年の年末商戦を振り返る】利益面では明暗、販売は悪条件重なる
▽チルドピザの新ブランドを立ち上げ—伊藤ハム新商品説明会(4)
▽大阪食鳥組合青年部が新年会を開催
▽「上質な商品とサービスの提供」をことしのモットーに—鳥芳の新春互礼会
▽富士農場サービス、CSFワクチン非接種区域の精液出荷体制構築
▽日鉄物産の第3四半期決算は減収減益、食糧事業は前年同期並みの売上高
▽日鉄物産が連結業績予想を修正、鉄鋼事業の環境悪化を踏まえ
▽江藤農相、家伝法改正「法の施行と同時に効力を発揮できるよう準備」
▽[社名変更]中村産業が3月1日付で「NASCO株式会社」に
▽【関東チルド輸入牛肉現物相場】豪州産、入船遅れで品薄に
▽【関東フローズン輸入牛肉現物相場】荷動き悪い状況続く
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]4日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]4日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]4日
第53回欧州食肉産業視察ツアー2020申込書

2020年2月4日
▽12月牛肉輸出は498tで前年比10・6%増、単価6767円
▽プリマハムの第3四半期決算は増収増益、ハム・ソー部門好調
▽マルハニチロが代表人事、池見賢専務が社長に就任、伊藤社長は会長に
▽スターゼンが通期連結業績予想を修正
▽プリマハムが2020年3月期通期業績予想を修正
▽グランドアルトはレンジ対応トレー商品を展開ー伊藤ハム新商品説明会(3)
▽プリマハム新商品、レンジアップや常温販売商品のラインナップ強化
▽[豚肉調製品輸入通関・12月]シーズンドなど合計5292t
▽[食肉流通統計・12月]豚と畜頭数は前年同月比2・0%増
▽USMEFがSMTSに出展、ビーフ、ポークともに試食提供など実施
▽牛豚等疾病小委、千葉県のワクチン接種プログラムを確認
▽ASF予防的殺処分の範囲は半径500mから3kmの区域に
▽プリマハムが「春のおいしさ、ふれあい。キャンペーン」を実施
▽【2月の市況見通し】(3)輸入牛肉・豚枝肉
▽【関西輸入副生物現物相場】白物は弱含み、来月まで軟調続くか
▽沖縄県沖縄市でCSFの疑似患畜を確認、国内56例目
▽デンマークからの家禽肉等を一時輸入停止
▽ロシア連邦トゥーラ州などの鳥フルの清浄性認定を適当と答申
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]3日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]3日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]3日

2020年2月3日
▽プリマハム新商品発表会、今春は新商品・リニューアル合計64品投入
▽加工事業など大幅増益ー日本ハムの20年3月期第3四半期連結業績
▽[役員人事]日本ハム(4月1日付)(1)
▽[組織変更]日本ハム(4月1日付)
▽[役員人事]日本ハム(4月1日付)(2)
▽飼養衛生管理基準の見直しで答申—家畜衛生合同会議
▽[鶏肉輸入通関12月]ブラジル前年比11%減、タイは2割の大幅増
▽12月の豚肉輸入通関、スペインはC、F合計で9673t
▽ウインナーは「朝食」への提案強化ー伊藤ハム新商品説明会(2)
▽[都内輸入食肉在庫・12月]牛豚鶏、加工品ともに前月より減少
▽丸大食品が「東京2020! アスリート応援キャンペーン」
▽[税関公表12月]第3四半期はセーフガードの発動なし
▽【東京食肉卸売市場】和牛は弱含み、豚は反発
▽【大阪市食肉卸売市場】和牛は2月も弱気、豚は入荷が安定し弱い
▽参議院で家伝法の改法案が可決・成立、ASF予防的殺処分が可能に
▽[大阪の牛・豚枝肉相場]1月31日
▽[東京の牛・豚枝肉相場]1月31日
▽[各地の豚枝肉・豚部分肉相場]1月31日

◆行政・統計

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

 自民党の農林部会などの合同会議が26日、党内で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策の重点事項が提示された。牛肉に関してはお肉券による購買促進の取り組みが示されるとともに、出席した議員からは緊急対策として牛肉のふるさと納税に...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top