食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

2020欧州食肉産業視察ツアーのご案内

第53回 欧州食肉産業視察ツアー2020「スペインバスク」と「フランスバスク」を訪ねて

~  海バスク、山バスクの文化と伝統、街にあふれる「食」の追求 ~ 世界一の美食の街 サンセバスチャンでピンチョスバル巡り

旅行期間2020年6月7日(日) ~ 6月14日(日)(8日間)
旅行代金579,000円(燃油サーチャージ、各地空港税は含みません)
お申込締切日3月4日(水)(満席になり次第、締め切ります)

⇒詳細パンフレットはこちら

お問い合わせ

お電話:03ー3238ー9400

旅行企画実施=株式会社ティ・エス・ディ 担当:坂元(さかもと)

POINT!

世界の食肉業界に携わる人々との刺激的な出会い、そして新たな交流とビジネスの発展が期待できる貴重な視察ツアーです。「共に旅し、仲良くなって仕事につながった!」とのウレシイご報告は、毎回、必ずいただいております。

【スペインバスク】

  • 食肉卸売業者の枝肉保管庫特別見学と肉牛牧場
  • 世界中のフーディが目指す、薪焼きステーキ
  • 世界一の美食の街 サンセバスチャン
  • 肉とバスクの食文化についての特別講義
  • 山海バスクで、世界が注目する街づくりの経済発展

【フランスバスク】

  • 幻の純血種 バスク豚農場視察
  • 生ハム工場視察
  • フレンチバスク最大級のバイヨンヌの朝市
  • スペインとフランス国境の独特の文化の融合

【パリ】

  • 最新のパリ食肉事情視察と話題の厳選レストラン
  • 高級精肉店、食材店、シャルキュトリ、マルシェ

参加のおすすめ

いま最も勢いがあり、学ぶべきところの多い、西仏バスク地方を訪れます。「人口18万人の小さな街が、なぜ、美食世界一になれたのか?」「たった、30キロ圏内に20近くものミシュランの星がきらめくのはなぜか?」日本各地で「サンセバスチャン計画」が生まれていますが、旧市街には100軒以上のバルが混在し、はしご酒が楽しいばかりでなく、小さなピンチョスひとつひとつが、感動的に素晴らしい、まるで、高級レストランの前菜のよう。たった10年ほどで世界中から人々が集まる美食の街になった理由を体感していただきたいと思います。バスク豚や肉牛農場視察に生ハム工場、世界中のフーディが愛するカサフリアンでの薪焼きステーキ、ヨーロッパで脚光を浴びつつある食肉卸売業者チョギチュ(TXOGITXU)での、「新しい肉の売り方」にもご注目下さい。

ツアーのみどころ

食肉卸売業者の「チョギチュtxogitxu」にて枝肉保管庫と牧場 特別視察

赤身肉のソムリエと呼ばれるイマノール ハカ(Imanol Jaka)氏のバスク食文化と伝統、老牝牛の赤身肉へのこだわりはARZAKを代表とするバスク地方の星付きレストランの有名シェフ達の高い信頼を得ています。18か国1,000以上のレストランに卸す為に、ヨーロッパ中の牧場を廻り最高の赤身肉だけを買い付けします。レストランやイベント会場へ自ら肉を持参し焼いてサーブするという新しいスタイルの肉の売り方の提唱者として、TV新聞雑誌等の多くのヨーロッパのメディアで脚光を浴びています。牧場視察、肉とバスクの食文化を学びます。

チュレトンの神殿「カサフリアンCasa Julian」で、絶品の薪焼きステーキ

世界中のフーディと有名シェフが足しげく通う絶品の薪焼きステーキを堪能、世界一美味しいと言われる、牛骨付きリブロース肉の炭火焼きの秘密に迫ります。創業1951年のオーナーフリアン氏は炭火焼きレストランの生みの親。経産牛を厳選して仕入れ、2~3週間の熟成を見極めて5センチの厚切りにカットし、海の粗塩をかけ、薪で焼く、バスク地方きっての「肉の聖地」でお確かめ下さい。

幻の純血種「バスク豚(キントア豚)」ピエール・オテイザ Pierre Oteiza視察

フランスバスクのアルデュード渓谷にある小さな村で、1987年、絶滅寸前の22頭のバスク豚を保護し、3000頭にまで復活させた第一人者ピエール・オテイザ(Pierre Oteiza)氏の農場を視察。ピレネーの山々を駆け回る、幻の純血バスク豚「キントア豚(バスク名KINTOA)」からの贈り物をご試食いただきます。

生ハム工場視察と試食付プレゼンテーション

フランスバスクの自然を生かした極上の豚肉加工品を製造している生ハム工場を視察します。

世界一の美食の街 「サンセバスチャン」でのピンチョスバル巡り

「カンタブリアの真珠」と呼ばれ、王室の避暑地として愛されてるコンチャ湾は、かつてスペイン王室の静養地として、愛された場所。弧を描く白砂の海岸線を中心に美しい街並みが広がります。ミシュラン3つ星レストランの数が世界で一番多いことでも有名なサンセバスチャン。自然の恵みを生かした「食の街おこし」で大成功を収め、世界中から観光客が訪れるこの小さな街の魅力と秘密を探って下さい。

スペインバスクとフランスバスク 国境沿いに独特の文化の融合

西仏二ヶ国をまたぐ食のホットスポットであるバスク地方の山と海の幸を融合した食文化、伝統文化として継承される薪焼きの文化、牛のステーキ、豚の加工品それぞれの地方色豊かな地のものが、どのようにビジネスとして生きているかを視察していただきます。

最新パリ食肉事情視察

高級精肉店、食材・総菜(シャルキュトリ)店、デパートやマルシェ巡り。

肉業界に携わる皆様に、ぜひとも味わっていただきたいレストランを厳選します。

ツアー詳細パンフレットはこちら

⇒詳細パンフレットはこちら

お電話でのお問い合わせ

お電話:03ー3238ー9400

旅行企画実施=株式会社ティ・エス・ディ 担当:坂元(さかもと)

メールでの参加お申込、お問い合わせは下記からどうぞ

参加申込希望お問い合わせ


------------------------------
 ■勤務先情報
------------------------------

◆行政・統計

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

コロナ経済対策でお肉券による購買促進、ふるさと納税へも意見

 自民党の農林部会などの合同会議が26日、党内で開かれ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策の重点事項が提示された。牛肉に関してはお肉券による購買促進の取り組みが示されるとともに、出席した議員からは緊急対策として牛肉のふるさと納税に...
More

◆トレンド

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食世界一になれたのか?

【欧州食肉視察ツアーご案内】人口18万人の小さな街、サンセバスチャンは、なぜ美食...

スペイン屈指の“美食の街”「サンセバスチャン」。 たった30キロ圏内で世界で最も密度ある星の数(世界一ミシュランの星の数が集まっている)を誇るサンセバスチャン。 日本各地で「おらが村を日本のサンセバスチャンにしよう!計画」も進んでいるなど、...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

いわちく新豚処理加工施設が竣工、処理能力増強と輸出拡大へ

 (株)いわちく(小原俊英社長)は、産地の生産基盤拡大への対応や機能強化、輸出拡大に向け、新たな豚処理加工施設を建設し、26日、岩手県紫波町の同社敷地内にある新施設で竣工式を開催した。当日は、地元の岩手県や紫波町をはじめ整備事業・工事に携わ...
More
Return Top