食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

平成30年農業総産出額は前年増減率2.4%減の9兆558億円

 農水省はこのほど、平成30年農業総産出額および生産農業所得(全国)を公表した。平成30年農業総産出額は、豚、鶏卵、野菜(葉茎菜類)などにおいて生産量の増加から価格が低下したことなどにより、前年に比べ2,184億円減少し、9兆558億円(対前年増減率2.4%減)となった。一方、生産農業所得は、近年、農業総産出額の増加などを主要因として増加傾向で推移しており、平成27年以降は3年連続で増加してきた。平成30年は、農業総産出額の減少などにより、前年に比べ2,743億円減少し、3兆4,873億円(7.3%減)となった。
 肉用牛については、近年、「但馬牛」や「神戸ビーフ」などが地理的表示(GI)保護制度に登録されるなど、和牛のブランド化が進展する中で、和牛改良の進展や飼養管理技術の向上などにより高品質な牛肉の割合が増加してきたことから、平成24年以降、肉用牛の産出額は増加傾向で推移してきた。平成30年は、前年に比べ307億円増加し、7,619億円(4.2%増)となった。この要因としては、乳用牛への和牛受精卵移植の広がりや畜産クラスター等の事業により和牛の飼養頭数が増加に転じるとともに、価格も上昇したことなどが寄与したものと考えられる。

◆行政・統計

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

CSF等対策本部、牛・鶏用の飼養衛生管理ステッカーを配布

 農水省は19日、省内で「農林水産省CSF・ASF防疫対策本部」を開催し、今後の対策を検討した。江藤農相は「昨年は、農家に飼養衛生管理基準を日々意識していただくためのステッカーを配布し大変評価を得たが、このほど、鶏や牛など他の畜産においても...
More

◆トレンド

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

神戸ビーフの地区別対決、西播地区が2連覇果たす

 「神戸ビーフ」の生産地別対抗戦として年に1度開催される第11回兵庫県地域ブランド牛枝肉共励会が7日、加古川食肉地方卸売市場で開催された。55頭(雌14頭、去勢41頭)が出品され、団体優勝は「プレミアム姫路和牛」を擁する西播地区が2連覇を達...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

マルイチ産商、畜産ECサイト「信州ミートマーケット」開設

 マルイチ産商は、新たに会員制畜産ECサイト「信州ミートマーケット」を開設した。同社は、長野県内の畜産農家と共に信州発のブランド肉を生産し、子会社の加工場で鮮度の良い状態で冷凍加工。りんご入り醗酵飼料を与え、良質の霜降り、キレのある味わい、...
More
Return Top