食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

外食アワード2019の表彰式、叙々苑の新井会長は感謝表す

 外食産業関連で弊社も加盟する外食産業記者会は22日、既報でも触れた「外食アワード2019」(特別協賛=焼肉ビジネスフェア事務局、居酒屋JAPAN事務局)の表彰式を、東京・豊島区で開催された焼肉ビジネスフェア・居酒屋JAPAN2020東京会場内で開催した。
 外食事業者部門から(株)クリエイト・レストランツ・ホールディングスの岡本晴彦社長、イートアンド(株)の文野直樹会長、(株)ステディワークスの田中徹代表、(株)クリスプの宮野浩史社長兼CEOが表彰され、中間流通・外食支援事業者食材事業者部門からはキリンビール(株)の布施孝之社長が表彰された。また、ことしから新設した外食レジェンド部門には(株)叙々苑の新井泰道会長が受賞。外食レジェンドを受賞した叙々苑の新井会長は、「上カルビ」や「タン塩」に加え、焼き肉あとのデザートやガムなど、今では当たり前となっている焼き肉の常識を世間に浸透させた焼き肉業界の功労者。今回の表彰について「外食レジェンド部門第1回目の受賞者というのはとても光栄なことで、大変素晴らしい賞だと感じている。これを励みに今後も一生懸命精進していきたい」と感謝の意を表した。

◆行政・統計

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

食肉販売業の振興指針改正、コロナやHACCP対応追加—厚労省

 厚労省はこのほど、食肉販売業の振興指針を改正した。これは、食肉小売店など食肉販売業の営業者が食品衛生法などの衛生規制に的確に対応しつつ、現下の諸課題にも適切に対応し、経営の安定および改善を図るため、生衛法に基づき定めているもの。営業者、生...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

京都市食肉青年会が第65回定期総会、新会長に尾崎星二氏を選出

 京都市食肉青年会(酒井啓全会長)は14日、京都市中京区の京都ホテルオークラで第65回定期総会を開催。令和3年度事業計画案など上程全議案を原案どおり可決し、任期満了に伴う役員改選では尾崎星二氏を新会長に選出した。 総会は木村駿友幹事長の司会...
More

◆製品

More
Return Top