食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

外食アワード2019の表彰式、叙々苑の新井会長は感謝表す

 外食産業関連で弊社も加盟する外食産業記者会は22日、既報でも触れた「外食アワード2019」(特別協賛=焼肉ビジネスフェア事務局、居酒屋JAPAN事務局)の表彰式を、東京・豊島区で開催された焼肉ビジネスフェア・居酒屋JAPAN2020東京会場内で開催した。
 外食事業者部門から(株)クリエイト・レストランツ・ホールディングスの岡本晴彦社長、イートアンド(株)の文野直樹会長、(株)ステディワークスの田中徹代表、(株)クリスプの宮野浩史社長兼CEOが表彰され、中間流通・外食支援事業者食材事業者部門からはキリンビール(株)の布施孝之社長が表彰された。また、ことしから新設した外食レジェンド部門には(株)叙々苑の新井泰道会長が受賞。外食レジェンドを受賞した叙々苑の新井会長は、「上カルビ」や「タン塩」に加え、焼き肉あとのデザートやガムなど、今では当たり前となっている焼き肉の常識を世間に浸透させた焼き肉業界の功労者。今回の表彰について「外食レジェンド部門第1回目の受賞者というのはとても光栄なことで、大変素晴らしい賞だと感じている。これを励みに今後も一生懸命精進していきたい」と感謝の意を表した。

◆行政・統計

More

◆トレンド

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

牛肉展望、先行きに不透明感、需要期でも動き不活発

 8月は旧盆商戦を控える需要期だが、国産牛枝肉相場は低迷しており、部分肉の動きも不活発だ。輸入ビーフについても、荷動きがない中で海外の需要の高まりを受けて高騰しており、わが国の購買力では対抗がむずかしくなっている。コロナ感染者数も再び増加し...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

日本ハム、韓国の人気屋台グルメ「ミニハットグ」を発売

 日本ハムは20日、「ミニハットグチーズ入り400gジッパー付き」を新発売した。新型コロナウイルス感染症の影響で内食が増えたことにより、買い置きや、まとめ買いする消費者が増え、大容量パックの需要が高まっている。また、海外への旅行や外食を控え...
More
Return Top