食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

外食アワード2019の表彰式、叙々苑の新井会長は感謝表す

 外食産業関連で弊社も加盟する外食産業記者会は22日、既報でも触れた「外食アワード2019」(特別協賛=焼肉ビジネスフェア事務局、居酒屋JAPAN事務局)の表彰式を、東京・豊島区で開催された焼肉ビジネスフェア・居酒屋JAPAN2020東京会場内で開催した。
 外食事業者部門から(株)クリエイト・レストランツ・ホールディングスの岡本晴彦社長、イートアンド(株)の文野直樹会長、(株)ステディワークスの田中徹代表、(株)クリスプの宮野浩史社長兼CEOが表彰され、中間流通・外食支援事業者食材事業者部門からはキリンビール(株)の布施孝之社長が表彰された。また、ことしから新設した外食レジェンド部門には(株)叙々苑の新井泰道会長が受賞。外食レジェンドを受賞した叙々苑の新井会長は、「上カルビ」や「タン塩」に加え、焼き肉あとのデザートやガムなど、今では当たり前となっている焼き肉の常識を世間に浸透させた焼き肉業界の功労者。今回の表彰について「外食レジェンド部門第1回目の受賞者というのはとても光栄なことで、大変素晴らしい賞だと感じている。これを励みに今後も一生懸命精進していきたい」と感謝の意を表した。

◆行政・統計

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

群馬県桐生市の養豚場で豚熱発生、5,500頭殺処分—農水省

 農水省は10日、群馬県桐生市の養豚農場において豚熱の患畜が確認されたことを受け、「農林水産省豚熱・アフリカ豚熱防疫対策本部」を持ち回りで開催し、今後の防疫方針について決定した。 発生については、同県桐生市の農場から、死亡頭数が増加している...
More

◆トレンド

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

3月末全国牛飼養頭数計399万頭で増加—個体識別記録

 家畜改良センターが発表した3月末の全国牛個体識別記録によると、全国の飼養頭数は398万7,282頭(前年同月比1.1%増)で増加となり、前月比では5,926頭増加した。 品種別にみると、黒毛和種は計174万3,725頭(1.3%増)と前年...
More

◆国内外の団体

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

食肉販売動向調査(1)卸売業者「牛肉、冷凍の割合が増加」

 農畜産業振興機構はこのほど「食肉販売動向調査結果」(2022年度上半期)を発表した。年2回実施されているアンケート調査で、卸売業者、小売業者(量販店、食肉専門店)に食肉の取り扱いや販売見通しをきいたもの。今回は21年度下半期(21年10月...
More

◆製品

More
Return Top