食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

東京食肉市場関係団体合同の新年懇親会、約300人が新年祝う

 一般(社)東京食肉市場協会(小川一夫会長)など東京食肉市場関係団体は22日、東京・千代田区の東京會舘に約300人の関係者を集め、合同で新年懇親会を開催した。
 はじめに協会役員が登壇して紹介された後、主催者を代表して小川会長があいさつ。小川会長は昨年の食肉市場を取り巻く環境について「豚はCSFの発生など疾病の影響もあり、飼養頭数が減少。また、牛、豚肉とも集荷や取引で大変厳しい状況が続いており、各社・団体ともに苦労した一年であった」と振り返った。一方、東京食肉市場の取り組みについては「昨年度は関係者の協力により、大きな混乱もなくHACCP導入の取り組みを開始することができた。今後とも輸出対応を念頭に衛生管理のさらなる高度化に向け、東京都とともに取り組んでいきたい。また、CSF発生を受け、交差汚染対策など農水省の指針に沿って対応を行っており、今後とも万全な体制を組んでいく」とした。さらに「本年は東京オリンピック・パラリンピックがあり、国内外から多くの人が東京に集まる。安全・安心で高品質な″芝浦ブランド"をより多くの人に知っていただくため、一丸となって取り組んでいきたい」と意欲を語った。 

◆行政・統計

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

改正輸出促進法、現地市場開拓、オールジャパンでのPRを

 改正農林水産物・食品輸出促進法(改正輸出促進法)が19日、本国会で成立した。今回改正された改正輸出促進法に基づき、輸出実行戦略で定める輸出重点品目について、生産から販売に至る関係事業者を構成員とし、この品目についてオールジャパンによる輸出...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

日本食肉流通センターが研修会、インボイス制度学ぶ

 日本食肉流通センターは17日、このほど営業開始した同センターG棟3階大会議室で令和4年度第1回研修会を開催した。研修会では財務省主税局税制第二課消費税担当係長の島田力也氏が「消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)」について講演した...
More

◆製品

More
Return Top