食肉通信社:食肉産業ニュースを迅速・正確に

わが国唯一の食肉産業専門紙

牛HB2021

日本食肉年鑑

東京食肉市場関係団体合同の新年懇親会、約300人が新年祝う

 一般(社)東京食肉市場協会(小川一夫会長)など東京食肉市場関係団体は22日、東京・千代田区の東京會舘に約300人の関係者を集め、合同で新年懇親会を開催した。
 はじめに協会役員が登壇して紹介された後、主催者を代表して小川会長があいさつ。小川会長は昨年の食肉市場を取り巻く環境について「豚はCSFの発生など疾病の影響もあり、飼養頭数が減少。また、牛、豚肉とも集荷や取引で大変厳しい状況が続いており、各社・団体ともに苦労した一年であった」と振り返った。一方、東京食肉市場の取り組みについては「昨年度は関係者の協力により、大きな混乱もなくHACCP導入の取り組みを開始することができた。今後とも輸出対応を念頭に衛生管理のさらなる高度化に向け、東京都とともに取り組んでいきたい。また、CSF発生を受け、交差汚染対策など農水省の指針に沿って対応を行っており、今後とも万全な体制を組んでいく」とした。さらに「本年は東京オリンピック・パラリンピックがあり、国内外から多くの人が東京に集まる。安全・安心で高品質な″芝浦ブランド"をより多くの人に知っていただくため、一丸となって取り組んでいきたい」と意欲を語った。 

◆行政・統計

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

三重県、鈴木知事が野上大臣に家畜伝染病防疫対策の支援等要請

 三重県の鈴木英敬知事は21日、今年度補正予算での対応も含め、令和4年度の当初予算編成にあたって概算要求が確実に行われるよう「国への提言・提案」を野上浩太郎農水大臣に提出した。農水省に「農林水産物の販売促進や消費拡大、販路の多様化、輸出の回...
More

◆トレンド

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

令和3年度7〜9月期の配合飼料価格は4,700円値上げ

 全国農業協同組合連合会(JA全農)は、令和3年7〜9月期の配合飼料供給価格について、同年4〜6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり4,700円値上げすることを決定した。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。 全農による飼料情勢および値...
More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top