食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

工場の効率化

「強み」のある農畜産物創出の取り組み、123産地を取りまとめ

 農水省は3月31日、平成28年度までに品質やブランドなど「強み」のある農畜産物を生み出すため、新たな品種の導入、技術確立、ブランド化などの実需者と連携した「強み」のある産地形成をした取り組みについて調査し、123の産地について取りまとめた。畜産については牛肉ブランド「秋田牛」や牛肉ブランド「神戸ビーフ」など18ブランドが紹介されている。

◆行政・統計

More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top