「強み」のある農畜産物創出の取り組み、123産地を取りまとめ

 農水省は3月31日、平成28年度までに品質やブランドなど「強み」のある農畜産物を生み出すため、新たな品種の導入、技術確立、ブランド化などの実需者と連携した「強み」のある産地形成をした取り組みについて調査し、123の産地について取りまとめた。畜産については牛肉ブランド「秋田牛」や牛肉ブランド「神戸ビーフ」など18ブランドが紹介されている。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み