EPA発効後豚肉輸入、大島食肉課長「コンビネーション輸入続く」

 6日に開かれた日EU・EPA交渉に関する記者ブリーフィングで、関税が発効後10年目に従量税50円/kg、従価税無税に削減されたあとにも豚肉のコンビネーション輸入が行われる根拠について、農水省の大島英彦食肉鶏卵課長は「従量税はだんだん下がってくるが、最終年も50円をキープしている。組み合わせて入れることが経済的に最も合理的であるという構造は維持されているので、そういうふうに考えている」と述べた。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする