食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルスの感染予防対策の啓発で通知

 厚労省はこのほど、都道府県などに対して感染性胃腸炎の流行に伴うノロウイルスの感染予防対策の啓発で通知を発出した。
 感染性胃腸炎の患者発生は、例年、12月の中旬ごろにピークとなる傾向がある。ことしも、感染性胃腸炎の定点医療機関あたりの患者の発生届出数に増加傾向がみられている。この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、とくに集団発生例の多くは、ノロウイルスによるものであると推測されている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top