食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

食肉処理施設での野生鳥獣(ジビエ)の利用量1,283t、農水省調査


 農林水産省は9日、鹿や猪など野生鳥獣肉(ジビエ)について食肉処理施設における利用量の調査結果を初めて公表した。これによると2016年度の利用量は1,283tで、獣種別はシカが最も多く都道府県別では北海道での利用が最多だった。同調査によると食肉の販売目的で処理したジビエの利用量は1,015t(販売額28億9,300万円)で最も多い獣種がシカの665t(同14億8,300万円)、次いでイノシシの343t(同13億7,100万円)で食肉以外の仕向け先ではペッドフードが150t(同8,100万円)となった。都道府県別ではエゾシカのジビエ利用が盛んな北海道が503tと最も多く兵庫県(117t)、鳥取県(63t)、熊本県(54t)が続く。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top