31年度畜産物価格—保証基準価格、合理化目標価格は全畜種で上げ


 12日に開かれた自民党の畜産・酪農対策委員会で、平成31年度畜産物価格が示された。今回から肉用子牛生産者補給金制度と肉用牛繁殖経営支援事業については肉用子牛生産者補給金制度に一本化し、肉用子牛の保証基準価格のうち黒毛和種は53万1千円(30年度は34万1千円、前年度から19万円増)、合理化目標価格のうち黒毛和種は42万1千円(28万4千円、13万7千円増)となった。詳細は13日の第2回畜産部会で審議される。

・・・この記事は日刊「食肉速報」からの抜粋です。続きは本紙でお読みいただけます。

今すぐ申し込む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

食肉通信社の定期刊行物・出版物購入申し込みはこちら

食肉通信社では、食肉産業にかかわる最新ニュースを網羅しました週刊「食肉通信」をはじめ、日刊の「食肉速報」、月刊「ミートジャーナル」を発行しております。

最前線の情報をお求めの方はぜひご購読ください。

購読申込み