食肉通信社

わが国唯一の食肉産業専門紙

食品の長期保存

秋田県、鳥取県、北海道で鳥インフルエンザウイルスが判明

 農水省は21日、秋田県、鳥取県、北海道で鳥インフルエンザウイルスを確認したと発表した。具体的には(1)北海道で死亡した野鳥(オオハクチョウ)について、鳥インフルエンザウイルス(H6N2亜型)と判明(高病原性ではない)(2)秋田市で死亡したコクチョウ2羽について、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)と判明(3)鳥取県にて11月15日に採取した野鳥(コガモ)糞便より高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)検出としている。そのほか18日に鹿児島県出水市で採取された水(ツルのねぐらの水)について、確定検査の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6亜型)が分離されたと報告されている。

◆行政・統計

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

江藤農相、CSFに変更「消費者に不要な不安を招かない措置」

 江藤農相は12日の閣議後会見で豚コレラとアフリカ豚コレラの名称の変更について「現在用いている豚コレラやアフリカ豚コレラという名称には、ヒトの疫病であるコレラを連想させるという意見がある。米国でも、今、「豚コレラ」という名称は使っていない。...
More

◆トレンド

More

◆国内外の団体

More

◆製品

More
Return Top